全日本学生フォーミュラ大会【Vol.1】(Ritsumei Racing)Vol.2 / Vol.3

全日本学生フォーミュラ大会とは?

日本・海外の各大学の学生が、チームを組んで企画・設計・製作したフォーミュラスタイルの小型レーシングカーで競う大会です。
大会では車の走行性能だけでなく、車両コンセプト・設計・コスト審査など、ものづくりの総合力を競います。

公式サイトから趣旨を引用します。
“主役である学生が自ら構想・設計・製作した車両により、ものづくりの総合力を競い、産学官民で支援して、自動車技術ならびに産業の発展・振興に資する人材を育成する。”


Ritsumei Racingとは?

2003年11月から全日本学生フォーミュラ大会に向けて活動している
立命館大学プロジェクト団体「Ritsumei Racing」。主な活動として、大会に向けての「企画」「設計」「製作」「走行」などを通し、
毎年1台のマシンを製作しています。

今回SOLIZE Productsでは、3Dプリンターでのサージタンク製作を協力。その過程をお伝えします。


SOLIZE Productsに依頼した経緯は?

幣チームは学生自らの手で、フォーミュラカーの設計から製作まで1から行っています。

エンジンのサージタンクを作成する際、昨年までは自分たちの手でGFRPなどの樹脂を積層し
製作していたのですが、本年度サージタンクの形状をより最適化した結果、
製作が困難な複雑なものとなりました。


そこで今回は、3Dプリンターを用いたサージタンクを製作したいと考え、ウェブで検索していたところ、
日本で一番最初に3Dプリンターを導入された“ものづくりのプロフェッショナル”である
SOLIZE Productsさんのサイトに辿り着きました。

立命館大学学生フォーミュラプロジェクト Ritsumei Racing
エンジン班リーダー 冨江 慧さん

サージタンク製作

お問合せいただいたのが2017/2/4のことでした。
打ち合わせでは、使用する環境や必要な強度、組み付け部品などを確認し、
頂いた3Dデータをもとに製作検討しました。

大きさは300mm角×2部品構成。4気筒エンジンに組み付けます。
これまでインテークマニホールドなどの試作で1,000台以上の製作実績がある、ガラス入りナイロン(DuraForm® GF)を提案しました。
内側は、性能に影響がでるため、コーティング+磨きを提案。
今回の特徴であるスロットル側の長い筒の部分が磨けるよう、タンク上下の分割位置を変更しました。

通常、インテークマニホールドやサージタンクの試作を請ける場合は、強度や耐久性を考慮して
基本肉厚を厚めに設定するのですが、今回は軽量化を重視しているため、希望通りの肉厚で設定しました。

何度か3Dデータ修正を繰り返し、3Dプリントでの製作にとりかかりました。







こうして予定通り3月末に試作品完成。キャンパスへお届け。

「大変綺麗に仕上がっていて、部員も驚いておりました。重量も昨年使用していたものより軽く、軽量化に貢献できそうです。」 と嬉しいお言葉をいただきました。この後はエンジンを組み、各部品を取り付け、シェイクダウンです。(続く)

この記事では、2017年9月5日(予定)~行われる「第15回 全日本 学生フォーミュラ大会」出場までをご紹介する予定です。

Vol.2を読む

3Dプリント試作品製作に関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com