カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

お手入れの手間を省いて3dプリンターを導入するには


作業効率向上のために


どんな商品であっても、データなどの形のないものでない限りは、商品として売り出す前に、実際に形にする必要があります。どんなに机上ではうまくいっても、実際に形にすることで現れる問題は多く、試作を繰り返しながら問題点を解消することで、世に出せる商品を作り出せます。試作品の製作法は様々ですが、一からスタッフの手で模型を製作するなどでは、手間がかかる上、専門的な技術が求められる方法であり、納期までに作れる試作品の数は限定されてしまいます。そのため新しい方法として、3dプリンターを導入する企業が増えています。
3dプリンターは、データ上で作られた3dモデルを基にして、立体物を作り出していく機械です。データさえあれば、一から設計図を基にして形を作っていく手間も必要なく、即座に立体物を作れます。設計図に問題があった場合も、データが反映されるまでの時間が非常に短いので、時間がかかった試作品の修正も即座に完了し、作業効率も大幅にアップするでしょう。
細かい修正となると、さすがに人の手が必要となりますが、大まかな形は作れるので、専門家がいなくてもある程度作業を進められますし、個人レベルでも立体物を作れるのは非常に魅力的です。とはいえ3dプリンターを運営するためには、その専門知識が必要になりますし、運営コストも軽視できないので、導入に踏み込めないという企業も少なくありません。そうした声を受けて生まれたのが、3dプリンターのレンタル事業で、立体物製作に関するコスト削減が望めます。

手元に置かない運用法


データから即座に立体物を製作出来る3dプリンターは、ものづくりの世界において非常に注目されている技術です。今までは出来なかった短時間での試作品の作成などに活躍します。そのため3dプリンターを自社に置く企業も増えているのですが、3dプリンターを稼動させるためには、定期的なお手入れが必要になります。プリンタジェット部分のつまりを解消したり、機械を動かすためのギアの状態を確認し、時には交換作業などを行うなど、製作に関する作業時間は短縮できても、お手入れのための手間やコストはどうしても発生します。
3dプリンターを導入する場合、問題なく稼動させるためのノウハウが必要となりますが、そのせいで時間やコストが取られ、作業効率の短縮分が無駄になってしまっては意味がありません。そのため新たに注目されているのが、手元に置かない3dプリンターの運用法で、専門業者を介したレンタルを利用する企業が増えています。
レンタルを利用することには様々なメリットがあります。レンタルの方式によっては、より安く導入できるオペレーティングリースが使えますし、利用する業者によっては購入するのは難しい最新機種を導入しているかも知れません。保守点検を行っているところも多いので、自分たちでメンテナンスを行う手間もなくなり、さらに効率よく作業を進められるようになるでしょう。導入できる機種が限定されるなど、レンタルならではデメリットももちろんありますが、それを差し引いても十分な魅力を持っているのは間違いありません。

運用コストを考える


新しい機材を導入する際は、とにかく導入コストを抑えることを考える必要があります。新しい機材を置くためのスペースを確保したり、それを動かすための電力や、新しい設備を使いこなすための確認作業、機材を使った跡に必要となるお手入れなど、コストを生む要因となる要素は他にも数え切れないほど存在し、時には導入したことで得られる結果も無駄にするほどの損失が生まれることもありえます。
3dプリンターはまだ生まれて間もなく、まだまだ発展段階にある技術です。現在最新のものとされる機材を導入しても、それを使いこなせるようになる頃には、何倍にも性能が向上している最新機種が生まれる可能性もゼロではありません。そうした展開も想定すると、自社で3dプリンターを確保することが、コストを一番かけない方法にならない可能性があることにも繋がります。だからこそ、コスト削減のためにレンタルを利用する選択肢があり、多くの企業がレンタルを採用しているわけです。
3dプリンターを導入することは、ものづくりを行う企業にとって大きなプラスとなるでしょう。作業効率は大幅に向上し、その分製品の完成度を高めるための時間が生まれ、試作品から思わぬ形で新しいアイデアが生まれるかもしれません。だからといってお手入れなど発生するコスト分の利益が出るかははっきりとしておらず、今後の技術の発展に自社だけで対応できるかも分かりません。そうした不安要素を持ち続けるよりも、機材そのものの運営については専門業者に任せて、自分たちは料金を支払う代わりに、3dプリンターを利用したほうが、コスト削減につながることもあるはずです。3dプリンターの導入を検討する際は、より良いものづくりとコストの兼ね合いを考慮して、購入するかレンタルするか、一度よく考えて検討しましょう。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com