カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

これからの3dプリンター購入に際して気になる価格について


これから3dプリンターの購入やレンタルをお考えであれば



世の中には、3dプリンターの購入・レンタルを考えている人も見受けられます。そのような場面では、保有する3dプリンターの台数が多く、業界内で長い歴史を歩んできた業者の利用をおすすめします。

3dプリンターを選ぶにあたっては、品質や生産能力、価格という条件に気を配って、適切な判断をすることが大切です。それらの条件の中で、品質の面では微細形状や面粗さ、横穴・アンダーカット形状の再現性などがチェックポイントとなります。また、生産能力としては、造形速度や、材料を自動的にリサイクルする機能の有無、アイドリングにかかる時間、設計の安全性などが気を配るべき点です。そして、コスト面では標準的な材料の価格競争力や、材料のリサイクルの可否などが問われることとなります。

また、3dプリンターを導入したいという思いはあるものの、これまでに使用した経験がないために、実際のアクションを起こせないでいる方がいらっしゃるかもしれません。そのような方には、実機の見学や受託サービスさせてくれる業者の利用をおすすめします。それらのサービスを利用すれば、あらかじめ実際の機器をチェックして、そのクオリティーを確かめることができ、納得した上で導入に踏み切ることができます。また、導入してしまってから失敗に気付くよりも、見学や受託サービスを利用してみて、気に入らずに導入しなかった場合の方が、こうむる損害も少なくて済みます。



価格など、3dプリンターを導入する際に気を配るべき点はこちら



3dプリンターの導入を希望するものの、価格が問題となるケースも存在します。例えば、3dプリンターの導入に際して、設備投資の予算が取れないので、会社の経費で落としたいという人も見受けられます。そのような場合には、全額経費で処理することのできるレンタルサービス(オペレーティングリース)を提供している業者を利用するのも良い方法です。こちらのサービスを利用するにあたっては、リース期間をどの程度に設定するかという問題に気を配る必要があります。また、具体的な会計処理の方法については、それぞれの会社の監査法人、あるいは会計士に相談しましょう。

また、3dプリンターの導入に際しては、トラブルが起こった場合の対処やメンテナンスなど、アフターフォローの充実した業者を利用することも大切です。例えば、メンテナンスをはじめとして、安全・衛生面の対策、造形のノウハウに関するサポートも行ってくれる業者は、利用価値が高くなります。

3dプリンターには、商品によって、光造形法・熱溶解積層法・粉末焼結積層法・インクジェット法など、さまざまな造形技術が採用されています。それぞれの造形方法によって、メリット・デメリットの違いがあります。したがって、それらの相違点を理解した上で、自身の適性やニーズ、希望条件に合ったものを選ぶ必要があります。

また、3dプリンターの購入にあたっては、各商品の積層ピッチもチェックポイントとなります。3dプリンターのデータ出力は、1層ごとの積み上げ作業によって行われますが、各層の間隔のことを、積層ピッチと呼んでいます。積層ピッチの値が小さければ小さいほどに、層の段差も目立ちにくく、造形物の仕上がり状態も完成度の高いものとなります。



購入する商品を選ぶに際してチェックするべき事柄



そして、3dプリンターを購入する際には、本体の外形寸法、重量もチェックしておくべきポイントです。販売代理店を訪れ、デモ機や実機を間近で見たりする場合には、外寸・重量感を自分の感覚で把握することができます。その一方で、インターネットを通じてオーダーする場合、ウェブサイト上に掲載されている画像や説明文などをチェックするだけなので、商品の具体的なイメージが湧きにくいという問題があります。したがって、ウェブサイト上に記載されているサイズや重量を確認し、設置したいスペースの寸法と照合したり、必要な付帯設備を確認したりしてみて、なるべく具体的にイメージするよう心掛けることをおすすめします。それらの事前準備を怠り、外寸・重量を確認しないままに注文すると、届いた商品が思いのほか大きくて、設置したいスペースに収まりきらなかったり、重くて設置場所を移動するのが大変だったりといった問題が起こりがちになるので、注意する必要があります。

また、どれぐらいのサイズのものをつくりたいのかを考え、それに見合ったプリンターを選ぶことも大切になります。プリンター本体のサイズが大きいからといって、造形物サイズ(プリントサイズ)も大きいとは限らないので、注意する必要があります。また、大きなサイズのものを、1度のプリントで造形しようとすると、データ出力にそれなりの時間がかかるほか、それだけトラブルも起きやすくなります。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com