カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

ものづくりに取り組む場合は3dプリントの導入もおすすめ


製品づくりの仕事を行なっている方におすすめの情報


ものづくりに取り組んでいる企業にとっては、3dプリントの技術を導入するのも一つの方法です。従来のプリンターは、紙面に印刷するために使用しますが、3dプリンターを活用すれば、立体物を造形することができます。また、材料を切ったり、削ったりする加工や、材料を溶かし、金型に入れて成形する方法などと比較して、立体物の造形にかかるエネルギーや時間の負担が軽くて済むというアドバンテージがあります。こちらは、スピーディーに、複雑な形状のものも作り出すことができるので、試作品や小ロットの製品を作るシーンで数多く採用されている機器です。
また、使用する素材としても、樹脂だけではなく、金属にも対応している機器が存在します。そのような機器を導入すれば、幅広いシーンで活用することができます。最近では、既存の機器に加えて、3dプリンターを導入するメーカーも増えてきています。そのようにして、立体物を造形する際の選択肢が増えれば、以前であれば考えられなかったようなものづくりを実現することも可能になります。そして、近年になって、3dプリンターの低価格化が進んできているため、ものづくりを専門的に行なっていない会社や、個人でも、3dプリント技術の導入を検討することができるようになりました。

3d プリントの造形方式について


ひと口に「3dプリント」と言っても、その造形方式には、熱溶解積層方式・光造形方式・粉末焼結方式・インクジェット方式など、複数のバリエーションがあります。これから3dプリンターを導入するにあたっては、それぞれの造形方式の特徴を理解した上で、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件に合ったものを選ぶことが大切です。
それらの中でも、熱溶解積層方式では、樹脂を溶かし、一層ずつ積み重ねて目的とする形状へと近づけてゆくこととなります。こちらは、基本特許の期限が切れてからというもの、従来よりもリーズナブルな価格の商品も登場してきています。熱溶解積層方式の場合、他の方式と比較して、精度が低いなどの問題はあるものの、必要となる費用や設置スペースなどの面ではアドバンテージがあります。手軽に3dプリンターを導入したいと考えている方にも、おすすめの造形方式と言えます。
また、光造形方式は、液体の樹脂に紫外線のレーザーを照射し、硬化させるというものです。こちらの方式は、日本人によって考案され、3dプリンターの造形方式としては、最も長い歴史を持っています。光造形方式は、仕上がり状態の精度が高いために、国内のメーカーには最も多く導入されていますが、価格が高いという問題点もあります。
そして、粉末焼結方式では、粉末の材料にレーザーを照射し、焼結させて目的の形状へと近づけていきます。材料としては、樹脂の他にも、銅やチタンなど、金属を使用することもできます。こちらの方式は、耐久性の高いものも造形することができるため、試作品のみならず、実用品のパーツを作るためにも採用されています。また、インクジェット方式は、液体の紫外線硬化樹脂を噴射した後、紫外線の照射によって材料を積層させるというものです。こちらは、完成品の精度が高いなどのメリットがある方式になります。

導入方法に気を配って3d プリントの技術を有効活用する方法


これから3dプリントの技術を導入するにあたっては、その方法にも気を配ることが大切です。例えば、一定のスキルがあれば、3dプリンターを購入し、自分で元となるデータを作成し、機器を操作して立体物を造形することが可能となります。
とは言うものの、そのようなノウハウがない場合や、自分のスキルでは作り出すことのできない造形物の製作を実現したい場合には、その道のエキスパートに作業を依頼するのも一つの方法です。こちらの方法を実践すると、樹脂や金属などの材料や、CADを使用したデータの作成などに関する専門性の高いスキル、高性能な3dプリンターを駆使して、クオリティーの高いサービスを提供してくれます。
特に、金属の立体物を造形する場合、要求されるスキルのレベルや、機器のスペック、商品の価格が高くなることから、専門の業者に発注するのがおすすめの方法と言えます。専門業者によるサポートを受ければ、3dプリントのみならず、切削や鋳造なども含めたさまざまな加工方法の中から、適切なものを選んで作業を行なってもらうことも可能です。また、単に立体物を造形するだけではなく、どのような方法を選択するべきかなどの問題についてアドバイスしてもらうこともできます。そういったメリットは、ものづくりに取り組んだ経験の浅い人にとって、とりわけ強く感じることができるでしょう。また、機器を購入し、自社内に設置する場合も、単に納品するだけではなく、効果的な使用方法に関するアドバイスなどを受けることも可能になります。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com