カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

企業の試作品づくりなどにおすすめの3dプリントとは


試作品などを低コストで容易につくりたい企業などにおすすめの3dプリンター



この先、3dプリントの試作モデルを業者につくってもらいたいとお考えの方もいるのではないでしょうか? その種の業務を手掛ける会社の中でも、注型や鋳造、切削などの技術を組み合わせ、仕上がりのコンディションのままで機能評価試験を受けることが可能な施策モデルを提供してくれるところは、利用価値が高くなります。また、材料選びから工程・品質管理に至るまで、トータルサポートしてくれる業者なら、自身の必要とするものに合ったプランを提案してくれるでしょう。

そして、ものづくりをする企業にとって、3dプリンターの保有台数が多く、業界内で歩んできた歴史が長くてクオリティーの高い専門的な技術を有する会社は、おすすめの業者と言えます。また、3dプリントのみならず、鋳造や注型、切削、塗装などのサービスも手掛けている業者なら、さらに利便性が高くなります。

試作品やテストパーツの耐熱性や透明度、耐久性を高めるためには、3dプリントサービスを利用するのもおすすめの方法と言えます。また、金型をつくらず、少ないロットの量産体制で対応したい場合にも、3dプリントの利用が適しています。

企業で3dプリントの技術を使用すれば、試作品やテストパーツなどを、従来よりも低いコストで、簡単につくることができます。従来、試作品のプラスチックパーツなどを作製するためには、あらかじめ金型をつくっておくことが必要でした。しかしながら、3dプリントを使えば金型を作製する必要はなく、その作業に掛かる時間やエネルギー、コストを削減することが可能になります。

その他に、風洞試験や衝突試験を受けたり、組み付け確認を行ったり、弾性や強度、透明度、耐熱性を高めたりするためにも、3dプリントの製造技術が役に立ちます。



3dプリントを手掛ける業者に試作モデルを発注した場合の3dデータの作成について



業者に試作モデルの提供を依頼すると、3dデータの作成を行ってくれます。3dデータ作成は、デザイン・モデリング・リバースエンジニアリングという工程に分かれています。その内、製品のデザインは、自動車部品や家電品、コンシューマー商品、おもちゃなど、ジャンルによっても違いが生じてきます。したがって、幅広い分野の製品デザインに対応してくれる業者は、利用価値が高くなります。また、手書きのポンチ絵や2次元の意匠図が手元にあり、それらに基づいて3dプリントを依頼したいと考えている方がいらっしゃるかもしれません。そのような場合、ポンチ絵や2次元図面からデザインサーフェイスを作成し、最終的に3dプリンターで出力するのに適したデザインデータを提供してくれる業者の利用をおすすめします。

次に、モデリングの工程では、CADエンジニアの持つスキルが問われることとなります。そのような場面では、3dプリンターの特性や後工程などに精通したエンジニア集団がいる業者を利用することをおすすめします。そういう業者であれば、2次元図面やポンチ絵からモデリングを行うほか、分割や一体化といった造形プランの提案、2次処理に応じた寸法の調整、加工する際の余白部分の付加、検査用図面の作成など、バリエーション豊かな作業に対応してくれることでしょう。

また、リバースエンジニアリングでは、3次元スキャナーによる現物の点群計算・3dデータ化が行われることとなります。そのようにしてつくられたデータを元に、CADによる形状・寸法の変更を行い、解析結果を比較したり、試作品をつくり現物と比較する実験を行ったりすることもできます。



この先、3dプリンターを購入する際のチェックポイント



これから3dプリンターを購入するにあたっては、そのあたりの事情を踏まえた上でコストの無駄をなくしていって商品選びをすることも大切になります。

現在、3dプリンターの販売は、ほとんどの場合インターネット上で装置や材料のスペックが公開されていますが、素材の量の表記方法が統一されておらず、それぞれの商品の比較・検討が行いにくいという問題点も挙げられます。

また、造形物の強度や気密性も素材によって違いがあり、つくるものの形状によってはサポート材を使用することが必要となります。そして、サポート材のクオリティーが低いと、造形物が吸着し型崩れが起きることもあります。したがって、サポート材の品質にも気を配って、商品を選ぶことが大事になります。ちなみに、サポート材も素材と同じようにその費用を負担しなければ手に入りません。

そして、動作トラブルが発生したり造形物に不良箇所が見つかったりした場合のことを想定して、メーカーによるサポート体制が整っている商品を選ぶことも大事です。また、素材が決められたものに限られており、樹脂とゴムなど、さまざまなものを組み合わせて使用することができないという問題点もあります。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com