元データから立体物を造形する3dプリンターの導入について


これから売り出す商品の試作を行なうにあたって


データなど、実体のないもの以外の商品を売り出す場合には、思い描いているイメージを現実の形にする必要があります。「机上の空論」などという言い回しがあるように、イメージの段階では上手くいっても、実体化してみると、多くの問題が現れるものです。そのような問題を解決し、最終的に世に出せる水準の商品を作り出すためには、試行錯誤を繰り返す必要があります。こうした場面で試作をするにあたって、人の手によって全ての作業を行なう場合には、多くのエネルギーや時間がかかるほか、そもそも専門的なスキルがなければ実現することのできない方法になります。
そのような問題を解決するべく、最近では、3dプリンターを導入する企業が増えてきています。3dプリンターを利用すれば、元となる3dデータから、立体物を造形することができます。こちらの方法では、元のデータさえあれば、簡単に試作することができるので、設計図に基づいて人の手で作業を進めるのと比較して、手間暇を大幅に削減することが可能です。また、設計段階でミスがあった場合でも、問題点を発見してから修正し、模型を作り直すまでにかかる手間暇も非常に少なくて済むため、作業効率の大幅な向上が期待されます。3dプリンターを導入した場合でも、細かい部分の修正には、人の手作業が必要となります。とは言うものの、専門的なスキルがなくても、ある程度の作業を進めることができるのは大変魅力的です。

3dプリンターの導入に際してレンタルサービスを利用するメリット


3dプリンターは、元となるデータさえあれば、簡単に立体物を造形することができるので、試作段階の作業を効率よく進めるために、導入する企業が増えてきています。ただし、3dプリンターを購入するためには、当然ながらそれなりのコストを負担しなければなりません。そのような問題を解決するためには、レンタルサービスを利用するのも選択肢の一つになります。
レンタルの場合、業者によってメンテナンスされた機器の提供を受けることができます。そのため、利用者が自分でメンテナンスを行なう負担が軽減されるというアドバンテージがあります。3dプリンターの状態確認や部品交換などを行なうためには、それなりの手間暇や費用がかかります。3dプリンターの導入によって、製作作業にかかる負担が軽減されても、メンテナンスのための負担によって帳消しになってしまっては意味がありません。そのようなリスクを回避するために、注目を浴びてきているのが、レンタルサービスになります。
また、一時貸しのレンタルではなく、オペレーティングリースのサービスを利用すれば、負担することになるコストをさらに低く抑えることが可能です。そして、3dプリンターの中でも、最新のモデルともなると、販売価格もそれなりに高額なものとなります。このような機器を購入するのは、予算の都合上不可能という場合でも、レンタルであれば、リーズナブルな費用で導入することができます。
このように、3dプリンターを導入したいと考えるのであれば、レンタルサービスの利用も検討すると良いでしょう。購入と比較して、レンタルの場合、イニシャルコストの負担が軽くて済むほか、機器のメンテナンスにかかる手間暇やコストも軽減されるというメリットがあります。ただし、レンタルすることのできる機種は、ある程度の範囲内に限定されることとなるので、あらかじめチェックしておくことが大切です。

新しい機材を導入する際に発生しがちな問題とその解決策


3dプリンターに限った話ではありませんが、新たに機材を導入するにあたっては、コスト面の問題が発生しがちになります。例えば、導入する機材を設置するためのスペースや、稼働させるための電力を確保したり、機材の使用方法の確認、メンテナンスを行なったりするためには、それなりのコストがかかります。
また、3dプリントの技術は、世の中に登場してから間がなく、発展途上にあります。したがって、これから先、製造技術が進歩して、早い段階で性能の高いモデルが登場することが想定されます。そのような場面で、最新のモデルとの入れ替えをするにあたっては、購入よりもレンタルの方が、コストの面では有利となることもあります。
3dプリンターの導入によって、ものづくりに取り組む企業が受ける恩恵には、多くのものが存在するでしょう。例えば、作業の効率化が実現すれば、製品の完成度を向上させるための余裕が生まれるほか、試作品のチェックによって意外な発想を生み出すことができる可能性もあります。とは言うものの、機器のメンテナンスによる負担や、今後の技術革新への対応など、不透明な部分が存在するのも事実です。これから3dプリンターの導入を予定しているのであれば、そのあたりの事情を踏まえた上で、導入方法を検討すると良いでしょう。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com