カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

光造形でできることと豆知識について


光造形で何ができるか


近年では光造形で立体物を製作することも増えており、主に企業が製作をしたり、業者へ依頼をしたりしています。中にはそもそも光造形とは何かと思っている人もいますが、簡単に説明すれば紫外線レーザーなどの特殊な技術を用いて立体物を製作する方法です。通常の3Dプリンターよりもランニングコスト面も安いことからいろいろな用途で使用されています。具体的に使用することで何ができるか知りたい方も多いと思うので、ここで紹介します。
まず一つ目に何ができるかというと営業用のサンプルです。仕事を獲得するために営業をしている人も多いですが、相手により理解してもらうためには商品の立体物を見せた方が分かりやすいです。特に文章で説明しても難しいものに関しては光造形を使用して営業用サンプルを作るのがおすすめです。二つ目は医療分野での使用ができるということです。具体的にはMRIやCTスキャナーから骨や患部の立体樹脂モデルを製作してどこに異常があるのかなどを見たりすることに使われています。その他にも三つ目は機械部品を作るために使用されています。いろいろな機械に使用されていますが、例えば近年では正確に立体物を作れることから航空宇宙分野の風洞実験モデルなどにも活かされています。このように、他にも様々なことができますが主にこの三つの場面で活躍することが多いです。
そのようにいろいろな分野で使用されている光造形ですが、具体的にどのようなメリットがあるのかというと、高い精度でデータ通りに製作することができる点です。光造形はデータさえあればその通りに立体物を作り上げることができます。実際に医療の現場や航空宇宙の現場では正確性が必要になり、少しの間違いも許されません。そのような現場で使用されているので高い精度であることは認められている証拠です。また、複雑な形状での製作も可能であるところです。3Dプリンターではより細かく立体物を作り上げるのは難しく、かつては人間の職人が作らなければなかなかできない立体物は、作り上げるのが難しいと言われていました。しかし光造形ならば、より細かな作業にも対応でき、早さもあるので魅力的です。このように魅力的な部分も多いので多くの企業などから選ばれています。用途によって異なりますが、必要な場面では使用した方がいいでしょう。

設備の選び方


これから光造形が可能な設備の導入を考えている企業もあるかと思いますが、選べる設備はいくつかあるので導入にあたってまずは選び方をこだわりましょう。ここではどんな設備を選ぶと失敗しないのかについて説明します。
まず一つ目に考えたいのが再現性です。実際に光造形は他の造形タイプに比べても再現性が高いという魅力があります。しかし、設備によって異なるのでどのくらいの再現性があるのかを事前に確認をした方がいいです。そのため、設備を導入する際にはまず製作サービスなどを活用してどのくらいの再現性があるのか確認してから導入を検討しましょう。
また、二つ目は造形速度も重要です。再現性と同じくらいに重要な点ですが、これも設備によって異なります。あまりにも遅いと生産に影響が出ることもあるので、スピードも重視したいポイントです。
続いて三つ目に重要なのがランニングコストです。光造形は設備の種類によってもランニングコストが異なります。どれだけ売り上げがあってもランニングコストが高いとその分売り上げを下げてしまう恐れがあります。性能も重要ですがランニングコストが抑えられることも重要なので確認を忘れないようにすべきです。
その他にも四つ目は使いやすさです。使いやすさはどこで使用するかなど目的によっても異なりますが、選び方を間違えなければ後悔することはないので、こだわって選ぶようにしましょう。

販売店の選び方


光造形の設備を導入するには販売店に依頼することが基本ですが、販売店も選び方が大切です。具体的に何が大切かと言うと、まずは販売実績です。これまでにどのくらいの設備を販売し、どんな評価を受けているのかなど実績が優れているとそれだけ安心感もあるので不安な気持ちを抱えて購入することはなくなります。まずは実績が重要なので購入する前にはチェックしましょう。
また、サービスの充実さも見て選ぶようにしましょう。まず導入するにあたって、より詳しい資料を渡している、保守サービスなどが充実しているなどサービスが充実していると導入してからの安心感もあります。
設備の導入は安い買い物ではなく、それなりに費用が必要です。失敗しないためにもこのような重要なポイントは確認しておく必要があります。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com