カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

光造形で3dプリントしよう


3Dプリンターを活用しよう


3Dプリンターは製造業などでは昔から使用されている設備ですが、近年では造形方法が多様化していることから、いろいろな用途に活用されています。例えば造形方法としては金属造形や光造形、粉末造形などいろいろな方法が存在しています。活用されるケースとしては試作品の製作に利用されたり、ツールを作成したり、最終製品の製造に使われたりするなどいろいろなシーンで活躍しています。
では、幅広いシーンで使用されている3Dプリンターですが、これから導入について考えている方もいるでしょう。今回はこれから導入を考えている方々のために、3Dプリンターにはどのような特長があるのかについて紹介します。
まず、3Dプリンターの特長は作業を効率的に進められることです。新商品の開発をしようと思った時には企画などを出し、プレゼンなどをして伝える必要があります。この時に、3Dプリンターを使用すれば商品企画の比較的早い段階から完成品に近い形の造形物を作成できるので、多くの方々から理解を得られる可能性が高くなります。たくさんの方にとって一目で分かりやすいだけでなく、それを見ながら詳細を伝えることが可能になりますので、作業も効率的に進み、時間を短縮させて新商品の開発ができます。
続いての3Dプリンターの特長は開発や製造のコストを極力抑えることが可能な点です。例えば製造する際に人の手によって作っている場合にはデザイン面でミスが発生したり、つくり方を間違えたりなど、人的なミスが発生する可能性はあります。ミスは付き物となりますが、その分必要になるコストは高くなってしまいます。しかし、3Dプリンターを導入すれば、設備にデータを入力することで自動的に作成をしてくれるので、ミスをする可能性はほぼないでしょう。ミスなく立体物の作成ができるので、余分な部品などを用意する必要なく、コストカットを実現させることができます。
続いての特長は品質の向上です。製造する際に人の手で一つひとつ部品を完成させるという現場も数多く存在しますが、ここで問題になるのが人によって品質が異なる可能性がある点です。人間の手で一つひとつ作る場合には、大きさや形などの面で若干の違いが出ることもありますが、3Dプリンターの設備は製品の形や大きさなど大差なく作成することが可能です。一つ一つ同じ品質で作成できるので安心です。
現在では3Dプリンターの技術も向上しているので、従来よりも細かな部分の作成もすることができ、製品の品質の向上につながっています。
このように、今回は3Dプリンターの特長について紹介しましたが、光造形など製造現場や試作品の開発などで幅広く使用されているので、3Dプリンターを導入したいと思っている方は一度検討してみると良いでしょう。

光造形のメリットについて考えよう


3Dプリンターの導入を検討している人の中には、選ぶ際にどの造形方法を選択すればよいのか迷うことがあるでしょう。3Dプリンターの中でも導入している事例が多いのが光造形です。試作の段階から部品の製造まで幅広く活用できる設備となっているので、魅力的な部分はたくさん存在しています。これから導入したいと思ったら、まずは光造形の特長について理解しておくと良いでしょう。ここでは光造形を導入するメリットについて紹介します。
まず、光造形は費用の削減に貢献してくれます。複雑な形状の立体物でも作成することが可能なのが特徴になっているので、例えば24時間無人の状態で部品を作成することも可能です。そうすると人件費の削減にもつながりますし、事故などが起こる危険性も下がることになります。
また、高品質な強度あるパーツで作成することが可能なのも魅力の一つです。強度に優れている樹脂を使って作成できるだけでなく、試作品以外にも実際に販売する商品を製造することも可能です。その他にも複雑な形状の可視化モデルを短期間で作成することができるのもメリットで、曲げや型が不要になるので、コストカットも実現できます。このように、光造形にはメリットがいくつか存在しているので、導入前に確認しておくと良い点を生かした造形物を作成できるでしょう。

3Dプリンターを導入するには?


光造形などの3Dプリンターを導入するには販売店やレンタルをしてくれる企業に依頼する必要があります。しかし、近年では販売しているところも多く存在しているので、選び方は重要になります。そこで選ぶ際のポイントを紹介します。
まず、メンテナンスに対応しているかどうかを確認しましょう。例えば3Dプリンターでも絶対に故障をしないという保証はありません。万が一のことが起こる可能性もあるので、こういった状況の時に修理やメンテナンスなどに対応してくれるかどうかを確認しましょう。
また、造形の種類が豊富かどうかも重要です。例えば現場によって光造形や金属造形など適切な作り方が異なるところも存在しています。現場に合う3Dプリンターを見つけるためにも、造形方法が豊富にそろえられている販売店を選ぶようにしましょう。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。