カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

光造形をレンタルすればコスト削減になる?


光造形とは?



光造形は光造形法として、多方面で注目されている技術です。言葉を聞くと何やら難しい事のように思えてしまいますが、3Dプリンターに導入されている技術の事です。光(紫外線)で物を造る技術は、1980年代に米国企業は開発し初めて商品化したものです。光で効果する樹脂を使い、光を当てる事で強度を持たせそれを積層させる事で形を作っていきます。年賀状などを印刷する通常のプリンターは2次元の世界で行われますが、3Dプリンターは立体的に物を印刷する事ができるのです。

光造形は、紫外線硬化樹脂が入った容器に作りたい物の断面パターンをレーザーによって紫外線レーザーを当て、硬化させながら形作っていく仕組みです。コツコツと少しずつ立体にしていくため、大きさによっては丸1日かかる事もあれば数日かかる事もありますが、見事に立体的に再現されます。再現性に優れているのも光造形の特徴ですが、再現を可能にするには高価な機械が必要です。しかし正確に寸法を測る事ができ、鋳造用の型を造る時にはとても便利です。

表面の仕上がりがとてもなめらかだから、幅広い使い道があります。よく使われるのが、車のダッシュボードやバンパーの型や鋳造マスターです。デザインはある程度選べますし、耐熱性と可視性に優れているのも特徴です。しかし専用の機械は高額になるため、気軽に購入できません。こういう時役に立つのが、機械を購入するのではなく、レンタルするという方法です。

機械をレンタルしている会社もありますし、3Dプリントで試作を作りたい時の支援なども行っています。いずれにしろ購入するよりも大幅なコストダウンが可能になります。機械にもさまざまな種類がありますので、選択肢も豊富です。



光造形レンタルのメリット



光造形というのは、3Dプリンターに採用されている機能の事です。光で硬化する樹脂を使い、作りたい型の断面パターンを、レーザーにより硬化させるという仕組みです。もう1つインクジェット方式というのがあり、インクをノズルから噴射させ、光を当て硬化させるという仕組みがあります。インクジェット方式は、無駄になる樹脂が少ないので、これも上手く活用すれば、コスト削減に役立ちます。

自分のところにプリンターがあればいいのですが、購入するには高価なため元を取るのに幾年もかかってしまいます。でも機械をレンタルすれば、費用もずっと安くなりますし、仕事の効率がアップするなどメリットは増えます。

3Dプリンターで光造形が可能な機種は選択肢があります。どんな機種を揃えているかは、会社による違いなどもありますが。高品質で生産能力に優れた物、コストを削減するのに役立つ物を選びましょう。プリンターにも種類があるので、目的に合った物を見極めます。コスト削減を重視するなら、材料を自動でリサイクルする機能や、アイドリング時間が短い物、作るスピードが速い事も大切です。

3Dプリンターの光造形技術に興味があるが、いきなり購入となると不安も大きいです。こういう場合は事前に機械の確認ができる見学会や、説明会などを開催している会社を探せば意外と早く見つかります。ただしレンタル期間にも選択肢はあるので、ある程度期限に選択肢がある企業の物がおすすめです。また使う場所もオフィス内であれば、あまり大きいサイズは不向きとなるため、置くスペースも意識しておくと安心です。



コスト削減にオススメ



光造形技術を搭載した3Dプリンターをレンタルする事で、コスト削減になるのが大きなメリットです。仕事に必要な設備でも、なかなか予算が取れない事があります。こういう場合もレンタルをすれば、予算が取れない時でも経費として計上できれば安心です。

借りるにもいくつかのプランがありますので、自分の希望に近いプランがあるかどうか確認します。機種によってプリントできるサイズや材料の種類も決まってきます。

プリンターを借りるまでもない場合は、レンタルをしている会社に、プリントを依頼する事も出来ます。依頼が可能ならプリンターがなくても製作できますし、コスト削減にもなります。

レンタルする場合は大体1年から5年の間で選べます。会社により経費で落とせるようなプランもありますから、経費で処理したい時は、どんなプランがあるか事前にチェックしておくと安心です。期間はある程度自由に設定できますが、レンタルは故障した時などは、会社が修理をしてくれるので、自分で対応したり時間をかけたりしなくていいところもメリットです。

会社による違いもありますが、契約期間が来る前に中途解約する事もできます。必要に応じて機種を選べますし、期間も自由に選べて、メンテナンスは貸し出している会社が行うから気軽にコストをおさえて利用できるのが何よりもメリットです。3Dプリンターはレンタルで試すのもいいかもしれません。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com