カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

光造形を取り入れるならレンタルで試そう


注目される光造形とは


昨今注目されるようになっている技術の一つとして、光造形というものがあるのをご存じでしょうか。この光造形は多くのシーンにおいて使用できるのではないかと注目を集めるようになっています。この名前ではあまりピンと来ない人も多いかもしれませんが、要するに3Dプリンターに導入されている技術である、というと分かりやすいのではないでしょうか。
この技術は断面パターンを使用し、紫外線硬化樹脂をレーザーによって硬化させることによって形をつくっていくというシステムとなります。造形データがあれば多くのものを再現できるのが特徴となっています。複雑なものになると印刷には長い時間を要することもありますが、それでも一つ一つ作っていくよりも手軽に作ることができるというメリットがあります。利用用途については幅広いものが考えられ、例えば工業品の初期デザイン作成などのために使用されることもあり、将来が期待される技術の一つでもあります。

光造形をレンタルで使用


光造形は将来を期待される技術の一つではありますが、現状においてデメリットと言える部分も存在しています。それは、この光造形を使用するための機材が高額であり、簡単に購入できるものではないという点です。この部分を考える場合に使用できる方法としては、購入ではなくレンタルで使用するというものがあります。実際にレンタル、リースと言うような形で利用を提供している会社も存在しているため、こういった場所での利用を検討するのが良いでしょう。よほど多用するのでなければ購入よりも大幅なコストダウンを図る事ができるのが特徴です。さらに、機械によって種類にも違いがあり、対応できる造形などにも違いがありますが、レンタルであれば場合によっては違った種類の機材を使用できるため、その点においてもメリットを考えることができます。
レンタルでもって使用することによるメリットの一つとして、試用を考えることもできます。将来的には自社に導入したいと考えているものの、まだ新規の技術ということもあり本当に有用であるのかわからない、自社において必要であるかわからないという場合について試用を考える事ができるというものです。この場合については事前に機械の確認をできるような見学会を開いている会社などを試用すると、さらに効果的に使用を考えることができるでしょう。多くの機材の選択肢があるようなレンタル会社であれば利用できるケースも多くなるため、その点についても考えつつ自社にとって必要な機能を持っているものを選択するようにするのがポイントです。

光造形をレンタルする際のポイント


光造形技術を使用しているような3Dプリンターをレンタルで使用する場合、その大きなメリットとして考えられるのは初期コストの削減についてです。光造形は機材が高額であるということが大きなデメリットであり使用のハードルとなっている部分であるため、この初期コスト削減効果について十分に考えることによって、導入の検討になります。企業として使用することを考える場合については予算をいかにとるのか、というのも重要な要素の一つとなるため、その部分をカバーできるならばレンタルを使用するのにも大きな価値があるでしょう。
こういったレンタルについても、会社によって多くのプランが用意されているのが一般的です。それぞれのプランによってどの程度の使用ができるのかに違いがあるため、自社においてどの程度の使用が必要であるのかを調整した上で、検討するのが良いでしょう。使用するプリンターによってプリントできる大きさや材料の種類などにも違いがあるため、単純に費用だけで比較するのではなく、実際にどのようにして使用できるのかについても目を向けて考える事が重要になります。
また、プリンターを借りる程でもない、という場合である場合についてはプリント依頼という形で利用できるケースもあります。依頼として使用できるのであればプリンター自体が不要であり、よりコストを削減して使用できるようになるでしょう。レンタルの期間などについても選択できるようになっているため、自社においてどの程度の期間のレンタルが必要であるのかについて考えるのがポイントです。保証などについても確認しておきましょう。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com