カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

我々の生活を豊かにしてくれる光造形の最新テクニック


多様なデザインを可能にする3Dプリンター



美しい形状をもった立体構造を作り上げるのはこれまで、彫刻のそれと同じように職人が匠の技を使って作り上げていくことが一般的でした。匠と言える職人の技にももちろん限界がありますので、ある一定以上のレベルの複雑な形状は匠の技を持つ職人であっても、簡単には作り出すことができないという現実があります。仮に作り出すことができたとしても、多くの時間が必要になってきてしまいますし、匠の技を持つ職人さんのテクニックを利用することになるのでコストも非常に高くなってしまうことになります。さらには、どんなに腕のいい職人さんであっても同じものを二つ作り出すことは不可能といえます。

以前はそれが希少価値で職人の技術は重宝されたものでしたが、最近開発された3Dプリンターの技術は不可能を可能にしました。職人さんが作り出す複雑な造形をプログラミングによってコストパフォーマンスよく作り上げることを可能にしてくれました。3Dプリンターは疲労しませんので、職人さんよりも多くの場合において、短時間でそして複数の部品などを作り上げることを可能にしてくれています。

また、3Dプリンターで使うことができる素材は限られていました。一般的には金属にその技術を適用することは難しいとされていました。ところが、最近の光造形のテクノロジーは3Dプリンターを用いての金属材料で、複雑な立体構造の構築を可能にしてくれています。

金属材料の場合には、一定のノウハウのようなものがあり、初心者が簡単にそれを使いこなすことは難しい部分もありますが、経験と熟練を持った企業からのアドバイスを元に、3Dプリンターを使っていけば誰もが、光造形のテクニックで自分のイメージした金属加工製品を作り上げることができるようになってきます。



光造形は経験が物をいう



3Dプリンター技術の進歩によって、金属であっても自在に加工が行えるようになりました。金属材料の形状を自在に工夫することによって、金属部品を軽量化できるだけでなく、頑丈にして耐久力を高めることが可能になってきました。

光造形の技術は今まで不可能と言われていたことを可能にする夢の技術と示唆されるようになってきています。しかしながら、3Dプリンターを入手して、単に金属材料を選び出せばいいというわけではありません。立体構築を行う際の制御プログラムの作成には一定のノウハウが必要になってきます。同じ形状を作るプログラムであっても、手順などが少しでも異なっていると、全く違う性質の金属加工製品が出来上がってしまいます。ですから、依頼先はよく考えて選ぶ必要があるでしょう。

選び方としては、2次加工や塗装にも対応可能なところが良いでしょう。同時に金属材料の選択にもノウハウが必要になります。どのような金属材料を選べば自分の目的に合った、立体構築が可能になってくるのかについては、一定のルールのようなものはなく、ただ経験に裏打ちされた、技術のみが役に立つことも多くなります。金属の3Dプリンターの技術を持った会社に相談すれば、自分のイメージした金属部品を作り上げてくれますが、その際にはノウハウを持った会社を選んで仕事を依頼するのが良い方法になってくるでしょう。試作品の製造の依頼に対応をしてくれる会社もありますので、まずは試作品を試してみて、気に入ったら大量製造に踏み切るというやりかたももちろん可能でしょう。



自分でも光造形をすることができます。



3Dプリントの技術は、世界レベルで拡大の傾向にあります。例えば、自分でも光造形による3Dプリントのテクニックを学び、自分の仕事に役立てていくことももちろん可能です。熟練の技術が物を言うことは間違いありませんが、そのような技術者の指導の下、光造形による3Dプリントのテクニックを学んでいけば、比較的短時間で効率よくそのノウハウを習得できるようになります。

外注実際に装置を導入するする場合は、光造形や粉末造形、インクジェットの受託販売の他に、金属加工用の3Dプリンターの販売やレンタルに対応してくれるような幅広い取扱いの代理店を選ぶのが良いでしょう。3Dプリンターの購入やレンタルはどのような会社からであってももちろん良いのでしょうが、実際に金属加工の場合にはノウハウが必要になってきますので、購入やレンタル後のアフターサービス充実したメーカーであれば安心でしょう。

購入やレンタルをしたものの、機器を使いこなせず宝の持ち腐れにならないようにするためにも、アフターサービス(技術協力)のしっかりとしたメーカーを探しだすことは重要な意味を持ってきます。

最新の金属加工技術は航空宇宙、エネルギー、ツーリング、自動車、タイヤ、デンタル、医療、パッケージ、時計宝飾といった様々な分野で適用され活かされるようになっています。今後ますます多くの分野において、金属加工技術の大いなる活用が見込まれるようになってきています。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。