カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

技術者いらずの3dプリンターで快適に物作りを


3dプリンターに高度な技術者が必要か


ちまたで話題の3dプリンターは従来の平面的なプリンターが主流だった時代から進化をもたらしました。現在では一部の製造工場を始めとする各方面の業界へ導入されて、最先端の技術が実際に人々の生活の中に生かされるようになりました。
最初に製作されたのは光造形方法を使用したレプリカでした。光造形法は簡単に言えば紫外線レーザーで固まる液体樹脂を素材にして印刷していく方法です。断面パターンが少しずつ形になっていく様を確認することもできます。具体的には紫外線レーザーで硬化する樹脂液が入った容器に紫外線レーザーを照射すると、最初は何かの断面にしか見えなかったものがパソコンを利用して製作され紫外線レーザーを照射し、立体的な造形物としてみるみる形になっていくというものです。そのほかにも仕組みは様々ありますが、説明だけ聞くと高度な技術を要する工業用機器のように聞こえる半面、操作をしてくれるのはプリンターの方であって人間は作業がスムーズに進んでいくように機械操作をするだけです。
素材は他に金属造形や粉末造形があるほか、素材は多種多様あります。これらを活用するにはパソコンで3dの図形をプログラミングしてから、プログラムに沿って造形しないといけません。3dデータはすでにプログラミングされたものがインターネット上からダウンロードでき、それらを使って造形していくのが初心者にとってはおすすめです。プリンターの操作も慣れてくれば自分1人でも操作できるようになります。

技術者なしで3dプリンター技術を体現


1980年代に入って平面図を平面の紙の上に印刷する技術から、平面図を立体的な形に印刷していく次世代機器が開発され話題となりました。光で硬化している樹脂素材を使って造形していく技術であり、人の手では作り得ない複雑で緻密な形をも自在に作り出していく、まさに近未来型機器の発明です。30年の間に目覚ましい進歩を遂げて3dプリンターの改良型が次々と世に出回るようになりましたから、ちょっとの勉強と経験だけで誰でも操作可能で軽量な機器も増えてきましたから、ここまできてようやく多方面での業界にも少しずつ浸透していった工程を、わたしたちは見る事ができます。
さらに改良が進んで普及が進めばもう少し価格帯も安定してくるでしょうし、インクジェットプリンターがそうであったように一般家庭でも手軽に扱えるようになる時代が来るかもしれません。3dプリンターというと、試供品製作あるいは模型製作専用というイメージが強いのですが、商品作りとしての物作りにも活用されているのが現状です。
特に製造会社での普及が進んでいる金属造形タイプのものであれば、自動車部品や各種パーツあるいはインプラントのパーツ、そして鉄筋建造物に使われるパーツなど比較的重要なパーツの製造に貢献していますし、大量製品に欠かせない金型の製造なども専門業者に依頼するよりもはるかに安い価格で自家製造する事ができるのです。粉末造形にいたっては臓器の模型や説明用模型、試供品製造を短時間で製作できる事に加えて人件費の削減にもなり便利です。

技術者になって3dプリンターを使ってみたい


3dプリンターの進歩は目覚ましく各種素材を使って職人技も及ばない精巧な製品作りを可能にしましたから、製造業のみならず宇宙科学分野や医療現場あるいは建築現場など多方面で活躍しています。一番のメリットは作りたいものを自家製作できる点であり、これによって人件費や製造コストの削減につながりますから機器の導入コストは若干かかるものの総合的にみていくとコストパフォーマンスは優れたものになります。
世に出回り始めた頃と比較すれば特殊能力を持った技術者でないと使いこなせないといった事はなく、最初だけ熟練した技術者について制御ノウハウを学びながら徐々に経験を積んでいく事で自分でも扱えるようになれるという希望が充分に持てますし、実際そのようにして普及が進んでいるのです。特に金属造形タイプのものですと導入コストはまだまだ高額ですから、使いこなす技術がある程度そろったとしても経費が捻出できないといった事もあるでしょう。その時はレンタルできる道も開かれていますから検討の余地はあります。
3dプリンターが開発されてまだ30年程度の歴史しかありませんから、今後さらに研究が進めばさらに身近な機器になるでしょうし、さらに軽快に使いこなせるプリンターも市場に出回ってくるでしょうから、今少し我慢をして専門業者にパーツを作ってもらうかレンタルして自社製造するのがおすすめです。技術依頼ではなく自分が当の技術者になって3dプリンターを自在に扱えるようになれば、できる事は豊富に出てきますし楽しさも増します。専門業者の強みは機器の販売と同時に製造代行や機器のレンタルまで請け負っている点です。技術者としての将来性も、利用側への普及なども今後の活躍が期待できるプリンターです。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com