カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

材料に金属も使える3dプリンターの活用


今までにない新しい製造方法3dプリンター



今までは、材料を切ったり削ったりして目的の形状にする切削加工や、溶かした材料を金型に入れて所定の形状にする射出成形などといった製造方法が主でしたが、デジタルデータを使ってプリンターで紙を印刷するように、ものを製造できるのが3dプリンターです。3dのプリンターを使うことで、複雑な製造過程を経ることなく、手軽に製造できるようになっています。

3dのプリンターで製造したものは、さまざまな場所で使われていますが、短時間でどのような形状のものも作れることから、試作品や少量生産品など作る際に、多く用いられています。

3dのプリンターは樹脂を材料にした製造方法だと思っている人もいますが、金属を材料とする3dプリンターもありますので、多様な使用方法が可能です。そのため、従来の加工装置などを所有しているメーカーでも、3dのプリンターを使って作業する機会が増えています。従来の加工装置と3dのプリンターを組み合わせて使うことで、以前では簡単には実現できなかったようなものが、手軽に製造できるようになりました。また、近年は3dのプリンター装置の低価格化が進んだことから、ものを製造するのが専門ではない会社や個人でも利用するようになっています。アイデアを現実のものとして検証し、市販されていない自分だけのフィギュアなどを製造するのに役立っています。

誰でも手軽に利用できる新しい製造技術として、3dのプリンターを使っている人が増えていますので、今までもの作りに興味がなかった人でも、利用を検討することができます。



複数ある3dプリンターの種類



3dプリンターには具体的な製造方法によって、熱溶解積層方式・光造形方式・粉末焼結方式・インクジェット方式などに分類できます。熱溶解積層方式は、溶かした樹脂を一層ずつ積み重ねていき、所定の形状を作る方法です。以前は装置の価格が数百万円していましたが、熱溶解積層方式の特許期限が切れて以降は今までより低価格で購入できる製品も販売されるようになっています。

個人でも買えるような価格帯の製品は、熱溶解積層方式がほとんどです。他の方式に比較すると精度などの面で物足りなさはありますが、価格も安く設置するスペースもそれほど必要としないので、手軽に3dのプリンターを使いたい場合には便利な装置です。

光造形方式は、液体樹脂に紫外線レーザーを照射させて硬化させる方法が採用されています。日本人によって発明された方式で、3dのプリンターでは最も歴史あるものとなっています。精度が高いものが製造できることから、国内のメーカーが使用する3dのプリンターでは最も普及している方式となっていますが、価格が数百万円以上と高額な装置です。

粉末焼結方式は、粉末の材料に対してレーザーを照射し焼結させて、目的とする形状を持ったものを製造します。樹脂だけではなく、銅やチタンなど金属の材料を使うことも可能です。耐久性に優れたものを作ることもできるので、試作品だけではなく実際の製品用の部品を作るのにも利用されます。

インクジェット方式は、紙に印刷するインクジェットプリンターと同じように、液体の紫外線硬化樹脂を噴射してから紫外線を照射して、材料を積層させる方法です。高速で精度の高いものを作れるなどの特長を持った方法となっています。各3dのプリンターの仕組みを理解して、適切なものを選んで使用することが大切です。



専門家に依頼することも考えよう



3dデータを作成して、3dプリンターを自分で操作するのが一番ですが、3dのプリンターを使いこなすのは専門的な知識やスキルが必要となるので、高度な製作物が必要となった時は、専門の業者に依頼するのが一番です。

専門の業者は、樹脂や金属などの材料についての知識、CADを使った3dデータの製作方法、高度な3dプリンターの用意や関連するスキルなども持っていますので、効率的にものを作ることを可能にします。特に知識やスキルの要求される金属を材料とする3dのプリンターを使用する際は、装置も高額となることから業者に依頼するのが最適です。3dのプリンターだけではなく切削や鋳造などの方法も用いて、高品質の試作品や製品などを製造してくれます。ただ製造するだけではなく、目的とするものを実現するにはどうような方法を選べば良いのかということまでサポートしてくれますので、もの作りの経験が乏しかったり知識がない場合でも、きちんとアドバイスしてくれるので安心です。さらに、自社内で3dのプリンターを使った製造方法を取り入れようとする場合にも、専門の業者は購入などにも対応してくれます。

購入などをする際も、ただ装置を納品するだけではなく、具体的な生産方法についての提案や高い専門性を持ったスタッフによるサポートなども受けられますので、短期間での製造体制の立ち上げが可能です。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com