カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

現代社会に大いに期待できる3Dプリンターの造形の需要


新しいプリンター


3Dのプリンターについて既に多くの人たちが、その名前を知っているものの、実際にまだ多くの人たちが正しく理解出来ている訳ではありません。はじめてで知識がないという人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。実際に、 3Dプリンターとは新しいジャンルの言葉ではなくて、製造業では古くから使用していた言葉です。現代社会において、形づくる方法の多様化やマテリアルの多様化によって、いろいろな用途の広がりを見せることになります。
従来の用途は、試作の迅速化であることから展開して、更に型や治具を作ることから、形づくった物をそのまま実用品として利用する展開へと更に拡大していくことになります。方法なのですが、それは、3D-CAD・3D CGのデータを元にして一層一層、材料を積層していくことによって製作していくことが可能となります。ただし、その方式は、いろいろ種類があって、その方式ごとに使用出来る材料、形づくった物の特性は異なってきます。
その方法とは、材料押出堆積法/FDMであり、 マテリアルジェッティングや、 バインダージェッティング、 粉末焼結積層(SLS)/(SLM)、光(SLA)などです。それぞれに、強度や微細性・解像度、造形速度などの特徴があります。 例えば熱で溶かし樹脂で造形する安全でかつエコなシステムが、 材料押出堆積法/FDMです。プラスチックと同じ程度の強度が可能です。インクジェットにより美しい表面の出来を実現してくれるものが、マテリアルジェッティングです。スピーディーに完成させたいというのであれば、バインダージェッティングが良いでしょう。これらのアイテムはこの現代社会においてどのようなシーンで今後求められていくのでしょうか。

家庭でも導入


既に多くの人たちが 3Dプリンターに注目をしています。そのようなアイテムを使用することで、やがて企業は開発期間が大幅に短縮することが出来、スピーディーな対応をすることが出来るようになります。そして、導入によって試作やデザインなどの開発コストの削減をすることが出来ます。商品企画の早い段階より、完成品に近い造形をすぐに手にすることが出来るから、プレゼンテーションやデザインレビューなどをより効率よく進行させることが可能です。後々、問題がクローズアップされてしまうリスクを、最小限に減らすことも出来るでしょう。
今後のものづくりのモチベーションは間違いなく、3Dプリンターによって進化していくことになるでしょう。今、企業もこのようなアイテムを大いに注目をしていることでしょう。今までは、プラスチックの部品など金型を作成してからでないと部品の作成ができなかったものの、これは、試作品やテストパーツ、治具が低コストで容易に作ることが出来る方法なのです。それによって、簡単に大幅なコスト削減も行えます。
個人でそのようなアイテムが欲しいという人たちももちろん多くいらっしゃることでしょう。そのアイテムを導入することで、自分の欲しいと思っていたもの、作りたいものを、具体的な形にすることが出来ます。今まで、そのような思いがあったとしても、機械や材料が手に入りにくい状態は多々あったものです。そのような敷居の高い状態に革命をもたらしてくれたものが、このアイテムなのです。家庭でも気軽に導入する時代はすぐそこです。

こんなアイテムが欲しい


企業で3Dのプリンターの造形がいろいろなシーンにおいて利用されています。あまり難しい用途を考えないでも、個人の方々、そして家庭において、 マグカップ、フォークやスプーン・花瓶といった雑貨や日用品・キッチン用品が家でも作ることが出来たり、製菓用のクッキー型も、簡単にオリジナルが作ることが出来たりします。もっともっとみなさんにとって気軽に利用出来る環境は、近い将来、実現することでしょう。
それはママたちも楽しむことが可能な3Dプリンターの登場です。更にいろいろな用途を考えることが出来、家庭において難しい理屈など存在はしてないのです。そのアイテムによって、家具・家電のパーツを複製することも可能ですし、製造終了してしまった製品のパーツなど造形によって調達することが出来てしまうのです。更に、子供の絵や作品など思い出のものをオブジェとして残しておく事も可能になります。
不況な時代、新しい救世主が登場してくれないかと企業の方々なども真剣に心から祈っているものの、そのアイテムは今まで導入しようと思っても、高額で購入出来ないという問題を抱えていました。しかし、低価格版が登場したことにより、既存の機種を遥かに超えるような低価格まで値下がりし、だからこそより多くの人たちが、このアイテムに注目するようになったともいうことが出来ます。
そして毎月新たな機種がリリースされることになります。高額な試作用機器としてのイメージを脱却するからこそ、もっと使用したい人たちのモチベーションを高めることになります。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com