カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

粉末造形の3Dプリンターについての知識

粉末造形の3Dプリンターを導入するメリットについて


3Dプリンターには造形方法が色々と存在しており、データを入れることによって簡単に製造することが可能になりますが、特に製造現場ではたくさん使われている設備になります。今回はその中でも粉末造形を製造の現場などで使用する際に得られるメリットについてを紹介します。
まず、魅力的なのが新商品など作りたいものを手軽に開発することができる点です。例えば開発の際に手作業で一つひとつ作っていこうと思うと時間もかかりますし、アイディアを生み出すのもそれほど簡単な事ではありません。しかし、3Dプリンターがあることによって、データを入れることで実際に手に取って立体物を見ることができます。その為、手軽に商品の開発をすることができますし、自分の想像に近い製品を作ることができます。
続いてのメリットとしてはコスト削減に貢献できることです。実際に新商品の開発をする際にはある程度の費用を投資して作っていかなくてはなりません。場合によっては多額な費用が必要になることがありますが、粉末造形の3Dプリンターを使用すれば造形をする上でミスをすることはありません。その為、開発をする上で余分に部品を仕入れたり、長い月日をかけて開発することも少なくなります。開発期間や使用する部品の仕入れを少なくすることによって、新商品の開発でも費用を抑えて作ることができます。無駄な開発コストを抑えることができれば企業にとってもそれほど大きなリスクを負って開発することもなくなります。また、3Dプリンターを使うことによって業務の効率化に繋がるのも魅力的な部分の一つです。新商品などの開発では会議などを重ねて作っていく必要があります。多くの人たちが納得をしないと商品化になることはほとんどありませんが、多くの人たちを説得させるには立体物があればさらに多くの人たちの納得を得やすくなります。3Dプリンターは商品企画の早い段階で完成品に近づけることが可能なので、早く開発をすることができ、業務の効率化にもつなげることができます。また、製品の品質が向上するのも魅力の一つです。例えば新商品の開発などでは試作を繰り返して作り上げていきますが、3Dプリンターがあることによって何度も強度や形状などを作り直したりすることが可能なので、製品の品質を向上させることができます。このように、導入することによって得られるメリットはたくさん存在しています。
これから3Dプリンターを導入しようと思っている人たちはメリットなども見ながらどの設備を導入しようか検討していくと良いでしょう。

粉末造形を選ぶときのポイント


製造や開発をする現場でこれから3Dプリンターを導入しようと思っている場合には造形方法について悩む人たちも多いと思いますが、実際に3Dプリンターには金属造形や粉末造形、光造形など様々な造形方法が存在しています。そこで今回はその中でも粉末造形を選ぶときのポイントについて紹介していきます。
まず、一つ目に見ておきたいポイントとしてはプリントの質です。実際に粉末造形が可能な3Dプリンターはたくさん存在しており、プリントの質も異なります。例えば開発をしたいものや生産したいものによって選び方は異なりますが、中には航空機やロケット、医療の現場などで一部の部品を作る際に採用されている3Dプリンターも存在しています。航空機や医療の現場に使用される3Dプリンターは基本的にはプリントの質も良く、思った通りの形状を生産していくことができます。また、スピードについても大切ですが、3Dプリンターの製造時間はそれぞれ異なります。例えば製造の現場でできる限り早くプリント作業を済ませたいと思っている場合には短期間で完成させることが可能な粉末造形を選ぶことで効率良く作業を進めることができます。このように、今回は一部分の説明になりましたが、選ぶ際にはこだわった方が良いポイントがあります。導入後に後悔しないためにも予めしっかりと調べてから購入を検討すると良いでしょう。

粉末造形の3Dプリンターを購入する際の販売会社の選び方


3Dプリンターを販売している会社はたくさん存在しており、それぞれの販売会社によって品質も異なります。これから導入について考えている場合は後悔しないためにも販売会社の選び方も重要になるので、今回は選び方についてを紹介していきます。
まず、粉末造形の3Dプリンターの種類が豊富に取り揃えられているかということを確認しましょう。たくさん取り揃えられていれば現場に合う3Dプリンターを見つけやすくなる可能性が高くなります。できる限り豊富に取り扱っている販売会社を選ぶようにしましょう。また、メンテナンスについても対応してくれるかどうかを見ておくようにしましょう。例えば設備を導入してすぐに故障してしまった場合に販売会社が対応してくれなければ意味がないので、後々後悔しないためにもメンテナンスの対応が可能かどうかも調べておくようにしましょう。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。