カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

試作などでも活用できる3Dプリントについて


3Dプリントを活用しよう



3Dプリントは現在注目を集めており、将来的に製造業や試作など開発の現場で使用される機械です。簡単に言うと3Dプリンターとは積層造形技術を使用したデジタル造形機のことを言います。立体物を作るためにはプリンター以外にどんなものが必要になるかというと3Dデータが必要です。これは3DCGなどのソフトウェアを使用して3Dモデルを作成します。その後、完成したデータを読み込ませ、プリントを行います。データがあればプリントするだけなので、簡単に立体物を作成することが可能です。データさえあれば作れる手軽さから導入している企業も増えています。では、導入するにあたってどんな利点があるのか知りたいと思う方は多いのではないでしょうか。ここでは第三の産業革命とも言われる3Dプリントの利点とは何かについて紹介します。

まず、1つ目は品質やデザインの技術を上げることが可能である点です。例えば金属造形を使ってプリントする場合、人間なら金属の塊を削ったりして商品に必要な部品などを作成します。機械加工や人の手で作成することになるので、例えば細かく作成することができないこともあります。機械加工や人の手によって作る場合にはその工法による制約や限界がありますが、3Dプリントならソフトウェアを使用してデータの作成をするので、従来の機械加工や人の手では作れないような細かな部分も表現することができます。データが仕上がったらプリントをするだけなので、金型や従来の製造技術では難しかった形状の作成も可能です。品質やデザインが向上することにより競争力のアップにも繋がります。競争力がアップすれば見たこともないような新たな技術が生まれる可能性も高くなります。

続いて2つ目はコストダウンにつながる利点があります。コストダウンと言っても様々なことが上げられますが、その中でも例えば自社だけで製品の開発を行えない場合、外注に依頼をすることもあるのではないでしょうか。外注に依頼をすると当然開発の費用も膨れ上がります。外注に頼めば頼むほど費用は必要になりますが、3Dプリントがあればデータさえ作ることができれば技術力がなくても簡単に立体物を作れます。外注に依頼することはなくなるため、コストダウンにつながるのです。

また、簡単に作れることにより、色々なことを試すこともできます。新たな挑戦がしやすいことにより、環境も変えられるという魅力が存在しています。

その他にも多くの人たちに納得してもらえる可能性が高くなるという利点があります。例えば、新しい製品を作る場合、開発を進めていくかどうかは会議等をして決めます。会議で多くの人たちから納得されなければ製品化することができませんが、3Dプリントがあれば開発の前の段階から試作を用意できるので、どのような仕上がりになるのかなどのイメージが湧きやすくなります。説明もしやすくなるので、多くの人たちに納得してもらえる可能性が高くなります。このように、多くの利点が挙げられるため、様々な業種が注目しています。



3Dプリントのことなら専門業者に聞こう



3Dプリントについて興味がある方は専門業者に問い合わせることによって色々な情報を知ることができます。知識のない方は専門業者に問い合わせてから導入について考えると失敗することもないので安心です。では、3Dプリントを取り扱っている専門業者では主にどのようなサービスを行っているのでしょうか。

まず、1つ目は金属3Dプリント受託製造です。これは金属造形機と複数の金属材料を用意してお客さんの要望に応えるというシステムですが、例えば金属の立体物を作りたいという場合、設備の導入をしなくても依頼をすれば作ってもらうことが可能です。続いて2つ目は3Dプリントの試作支援です。ここでは注型や鋳造、切削などを併用し、試験に使用可能な試作モデルを納めることが可能です。試作支援も行ってくれるので、試作のことで気になることがある方は専門的に行っている業者に問い合わせてみるといいでしょう。その他にも専門業者では3Dプリンターの販売やリースなども行っています。



3Dプリントを導入するにあたって



3Dプリントの導入を検討している方は販売を行っている業者に問い合わせる必要があります。しかし、取り扱っている業者は近年増えているため、失敗しないためにはその業者の選び方が重要です。ここではどのようなポイントを見て選べばいいのかについて紹介します。

まず、1つ目は3Dプリントの造形タイプです。立体物を作成するには、代表的には金属造形や粉末造形、光造形の3つを始め、様々な方式が存在しています。それぞれ企業によって必要としている造形方法が異なると思うので、なるべく取り扱いの種類が多い業者に依頼をしましょう。また、見積もりについても考えましょう。3Dプリントの機械は品質もいい為、それなりに費用も必要です。予算の計画を立てるためにも事前に見積もりをしておくと後悔をすることも少ないでしょう。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com