カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

金型の3dプリンターを活用しよう


3Dプリンターを導入しよう


3Dプリンターという言葉を知っている人も現在では多くなってきていますが、実際に製造の現場では、これから欠かせないアイテムになるだろうと言われているほど注目が集まっています。今後の事業展開のために導入について考えている人も多いと思いますが、実際に3Dプリンターにはどのような利点が存在しているのでしょうか?導入前に知っておきたいと思っている人も多いと思うので、まずは利点について紹介していきます。
1つ目の利点は、開発をする期間の短縮に貢献してくれることです。例えば試作品などの開発を外注などに依頼している企業もたくさんいるかと思いますが、外注に依頼すると数週間から数か月ほどかかる試作品が、3Dプリンターを利用すれば数時間で用意できる可能性もあります。データを出力することで誰でも立体物を作り出すことが可能なので、必要に応じて試作品を作り、その場で確認をして修正をするという作業を誰にも頼まずに行うことができるのです。少ない人数で開発を進めていくことができるので、その分期間も短縮することができ効率的です。
2つ目の利点は、開発にかかる費用を抑えることができる点です。試作品などを作成する場合でも外注に依頼することがなくなるので、日数がかからない分コストも抑えることができます。また、開発に関わる人数も減らすことができるので、人件費も削減することができ、少ないコストで新商品の開発などを行うことが可能になります。
3つ目の利点は情報の流出を防ぐことが可能な点です。3Dプリンターが導入されることによって、開発中は外部へ依頼する機会がほとんどなくなります。外部に情報が渡らないことによって、デザインの設計の仕様などが流出する可能性が低くなります。機密性の向上に貢献できるというのは大きなメリットです。
4つ目の利点は、職人以外でも作成が可能になることです。例えば開発をする際には職人の手で作ってもらって進めていくことが昔は多かったですが、3Dプリンターを導入することによって、データさえあれば職人でなくても高品質な立体物を作ることができます。専門的な人でなくても作成することが可能だという点は、開発の幅も広げることができるので、魅力的な部分になります。
最後に5つ目の利点は、プレゼンテーションのしやすさです。従来はプレゼンをする時にパソコンでモデリングしたものを見てもらったり、言葉で伝えるということが基本でしたが、3Dプリンターを導入すれば実際に立体物を聞き手に見せて説明をすることができます。立体物で説明することによって、聞き手がより理解しやすくなるので魅力的です。今回は利点についての紹介をしましたが、効率的に作業を進めたいと思っている場合にはいろいろな部分で貢献してくれるので、導入について検討してみると良いでしょう。

金型の3Dプリンターを導入しよう


3Dプリンターにはいろいろな造形方法が存在しており、それぞれの現場によって選び方が異なりますが、その中でも導入したいという声がたくさんあると言われているのが金属造形の造形方法です。では、実際にどのような特徴があるのかについて、紹介していきます。
まず、金属造形は微細形状をすることが可能なのが特徴の一つです。金属を造形する設備になりますが、中には金属を細かい部分まで造形するのは難しいと思っている人も多いのではないでしょうか?実は最近の設備は細かい部分まで対応できるので、例えば飛行機の部品などにも使われているなど幅広いシーンで活用されています。
また、高い生産能力があるのも特徴的です。3Dプリンターを利用すると生産スピードが遅くなるのでは?と思っている人もいるかもしれませんが、近年では3Dプリンターの速度も向上しており、単品・少量生産の製品であれば金型を製作することなく、早く、イニシャルコストを削減して生産をすることが可能になっています。速い造形スピードを実現することができるので魅力的です。このように、今回は金属造形の特徴について紹介しましたが、製造はスピードも求められる現場になります。人の手では大変な部分もあるので、もっと効率よく作業を進めたいと思っている場合には3Dプリンターの導入について考えると良いでしょう。

レンタルで3Dプリンターを導入するメリット


これから3Dプリンターの導入を検討している人も多いと思いますが、導入方法として大きく分けると購入する方法とレンタルする方法が存在しています。どちらにもメリットがありますが、今回はレンタルのメリットを説明します。
まず、費用の負担が軽減されるメリットがあります。レンタルなら初期費用を準備する必要はありません。そのため、それほど資金を使えない企業でも手軽に導入について考えることができます。また、レンタルは新しい設備への変更がしやすいというのも魅力的です。3Dプリンターは日々開発が進められているので性能も高くなってきています。常に最新の設備を導入したいと思っている人も多いと思いますが、レンタルなら初期費用がかからないので、新しい設備に変えやすくなります。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。