カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

金属の3dプリンターで知っておいたほうがいいこと



金属でも使える


金属加工は最先端技術が集結したものです。金属を加工できるようになり、人類は進化を続けてきました。古くは銅の使用、鋳造から始まってきた金属加工の歴史ですが、近年では機械化された技術へと進化を遂げています。今まではハンドメイドでしかできなかった技術も、オートメーションにより作ることができるようになりました。ハイテクという言葉がぴったりの金属加工の歴史は、もはや、人類の技術の進化の歴史と同じとみることもできるのです。
そして、ハイテク分野を担う金属加工においてもっとも新しい製法といえばレーザー方法が挙げられます。今では水面下でさまざまな開発が行われている状況です。この技術を利用したものとしては、低価格モデルの3dプリンターが登場しています。このプリンターを皮切りに、新たな開発に名乗りを上げる企業が登場していきました。そのため、この分野の競争はとても激戦で、どこが抜け出すのかを予想することはとても難しいでしょう。
3dプリンターは、さまざまな業界に多くのメリットをもたらしますが、その中でもコスト削減と性能向上という二つのメリットが一番大きいです。従来の製造方法から3Dプリント製造に切り替えることで莫大なコスト削減効果をもたらすとされています。そのコスト削減効果は、製造に関する直接的なコスト、金属が多大や材料コスト、エネルギー量といったものにはじまり、間接的なコスト、すなわち軽量化によってもたらされる燃費向上と燃料代の削減にも及びます。
つまり、コスト削減の観点からみるとメリットはとても大きくデメリットよりメリットのほうがだいぶ大きいといえるでしょう。
しかし、技術力は高くなくてはいけないので、大手の会社が開発するべきでしょう。

使い方について


3dプリンターはまず3dデータを用意するところからはじめます。そのため、3dデータを作れない人には3dプリンターは使うことができないと思われるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。インターネット上には無料の3dデータが無数に存在します。このデータは誰でも自由に無料でダウンロードして使うことができるので、自分で作ることができなくても安心して3dプリンターを使うことができます。
3dデータを用意したら次にスライスをします。スライスとは、ホットエンドが正しく造形するための作業です。STLファイルを経路データに変換することで、これによりホットエンドは正しく動作します。精巧で綿密な動きをするホットエンドは、経路データが正確な命令を出していることによって保たれているのです。
スライスが終了したら、最後にプリントを開始します。ジョブを実行することで、ホットエンドの過熱を開始し、位置を自動的に合わせてくれます。このとき、ホットエンドは高熱になるので絶対に触れてはいけません。造形物が完成すると3dプリンターは自動的に止まります。スクレーパーを使って造形物をベッドから取り出します。これで作業は終了です。
これからは3dプリンターを使うのが初めてで、今までの段取りに不安をもつ人はとても多いと思います。販売している会社では、有料でセットアップをやっているところもあるので、一度確認してみるといいでしょう。
また、一度体験してみて購入を考えたいという人にも体験の予約をしている会社もあるので、確認してみるといいでしょう。自分が納得するかたちで購入することが大切なことでしょう。

知っておきたい基礎知識


近年では、大手の家電量販店でもいくつか3dプリンターが置かれていますが、実際に動いたところを見たことがある人は少ないと思います。そのため、3dプリンターに関する知識がある人はほとんどいないと思います。なので、3dプリンターに関する知識をいくつかご紹介したいと思います。
まず、どのような材料が使えるのかですが、3dプリンターで使える材料は主にプラスチックです。プラスチックにはいろいろな種類がありますが、ナイロン、PET、ABSなど何種類かあります。それぞれの特性を生かして素材を選ぶ必要があるので、それぞれの知識をしっかりと身に付けておくようにしましょう。それでは、材料の値段はどのくらいなのでしょうか。何を作るのかや、どれだけ材料を使わなくてはいけないのかで代わってきます。
造形するにはどのくらい時間がかかるのでしょうか。どんなものを作るにしてもだいたい一時間以内で作ることができます。造型時間はプリンタを動かすドライバーソフトの設定によって、早くすることも遅くすることもできます。
また、積層ピッチを小さくするときれいに仕上げることができますが、その分時間もかかってしまうということを知っておきましょう。
最後に3dプリンターはどのように選べばいいのかということですが、3dプリンターは次々と新製品が発売されているので、購入の際迷ってしまうと思います。
多くの人がスペックに注目しますが、大切なのは自分の眼で見てどのように感じるかです。動いてるところを見て決めるようにしましょう。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。