カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

金属までも扱える3dプリンターの魅力



3dプリンターが扱える素材



印刷をする場合にはこれまでは2dの世界であり、立体的なものを作るということはできませんでした。単に文字や画像を印刷するというのがプリンターの持つ能力でした。それが今では立体的なものを作り出すことができるようになりました。素人では難しかった複雑な形のものを作ることが可能になったのです。そのために使用するのが、3dプリンターです。これは平面ではなく立体的なものを作ることができ、その用途は個人レベルのみならず、主にビジネスで役立つものになっています。

このプリンターで作ることができるものは、様々あります。まず家庭用に使用される場合には以前では樹脂がメインでした。比較的柔らかい素材のものを作ることができました。現在ではカーボンや金属といった硬い素材でも利用できるように変化してきています。業務用としても同様で、現在では硬い金属を使用することができるようになり、ビジネスの世界ではとても注目されています。

また最近では砂糖を利用してお菓子を作るなど、食品製造業で利用価値が高い商品も製造されるようになってきています。どんどん利用できる素材が増えてきており、様々な業界でスキルを必要とせず、プリンターが人間のスキルの代わりをしてくれるように変化すると予想されています。

3dプリンターを利用している業界は様々ありますが、特に医療業界では大注目されています。複雑で細かい形のものを機器が作ってくれるため、様々なものを製造することができるようになると期待されています。また航空業界や建築業界でも部品の製造の面で注目されています。現在では製造業でデザインしたものを作る用途で多く利用されています。今後はもっと幅広い業界で利用されていくことでしょう。



3dプリンターの価値と価格について



個人レベルでも3dプリンターを購入することで、様々なものを作ることができるようになりました。自分でデザインしたものを実物にすることはとてもハードルが高く、誰にでもできることではありませんでした。それが簡単にできてしまうのですから、複雑にデザインをされたものでも、商品にして販売するというようなこともできるのです。商品を製造するスキルはなくても、デザイン力があればそれを実現させることが十分可能になってきたということです。

またビジネスの世界でも同様で、複雑にデザインしたものを商品化することができるようになってきています。スキルを持った人材を育成する必要がなく、また雇用する必要もありません。その点に関しては非常に価値があります。量産化の面では、現在はまだ改善の余地があります。しかしデザインしたものを作ることが可能になるということは、非常に価値があるものだといえるでしょう。

ただ個人用でもビジネス用でもいくら価値があっても価格があまりにも高すぎると、購入することが困難になります。しかしながら、実際に販売されているものも、手の届きやすい価格で販売されています。もちろん機能などによって価格が高めになる商品もありますが、誰でも入手しやすい価格になっています。ただ素材としてとても硬い金属になると、価格も高くなってしまいます。金属が利用できるタイプは家庭用の小さなものでも高額で、業務用の本格的なものになるとさらに高くなります。家庭用でもちょっとしたビジネスのために利用するにはとても価値があるので、利用目的をよく考えた上で購入できるものを検討し、ビジネス等で活用していくといいでしょう。



レンタルもできる3dプリンター



特に硬い金属を利用したプリンターの場合、業務で使用する場合には非常に高額になる場合があります。価値があって導入したいと思っても、できない企業もあることでしょう。しかし最近では、レンタルによって導入することができるように変わってきています。プリンターをレンタルすれば初期費用がかかりません。また故障時などの対応も行ってくれるため、導入の際の様々な面でのハードルを低くすることができます。

わずかな量だけを出力するような場合はレンタルする必要はないでしょう。そのような場合には造形受託サービスを利用し、必要なものだけ作ってもらうようにした方がコストがかかりません。これに対して多くプリンターを利用するような場合、その都度受託サービスを受けることは時間的にも無駄になってしまいます。この場合には最初からプリンターをレンタルする方がいいでしょう。

故障時の対応などを含めて、レンタルを行うメリットは多くあります。購入する必要がないので初期費用が多くかかりません。この点で今まで購入をためらっていた企業も利用できるようになります。また故障やメンテナンスの際の対応も行ってくれるので、困ることがありません。機器は繊細なものですから急に故障をすることがあります。こうなると時間の無駄にもなってしまいます。保守を行っている会社はすぐに対応をしてくれるので、その点でも安心です。

3dプリンターを購入する余裕がある企業は問題ないですが、難しい場合にはレンタルを利用するといいでしょう。またプリンターを導入することによって試作品を作るまでの開発時間を短縮したりと、メリットが多いので、今後の業績向上にも役立たせることができます。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。