カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

金属も3dプリントができるの?



3dプリントを金属に使用する


近年、急速に技術が発展し広く普及されるようになってきている3dプリントですが、その際使用できる素材は、使用するプリンタのタイプによって異なり、物によっては特殊な素材を加工することも出来ます。たとえば金属は、一般家庭で購入できるタイプのプリンタだと、造詣できないことが多いのですが、専用のプリンタを用意すれば、様々な種類の金属を加工することが出来るようになり、複雑な加工なども容易に行うことも可能です。
家庭用はもちろん、業務用になると、その制度ははるかに向上し、加工しにくい素材も完璧に加工して、造詣が難しい形状にも即座に対応してくれるので、複雑な加工が必要なときは、専門のプリンタを活用してみてください。3dプリントによる金属加工の方法は使用する機材などによって異なりますが、中でもメジャーな方法は、粉末状の素材にレーザーを照射して焼結させるDMP(Direct Metal Printing)方式と呼ばれるものです。
粉末の素材を一から固めて造形していくので、様々な場所からレーザーを照射することで、細かくて人の手では難しい加工もスムーズにこなすことが出来、一度加工された素材は焼結することによって丈夫になり、実際に何かのパーツに使うなどしても、精度の高さはもちろん、頑丈な造りになるよう加工することが出来るので、今後長く使い続ける製品のパーツに使用し、より完成が求められる繊細なパーツが必要な際は、大まかな加工はプリンターで行うようにして、人の手がどうしても必要な細かい部分だけ修正するといった具合に、双方の得意分野を活かすことで、より高い完成度を持つ加工を施すことが出来るようになるでしょう。必要なパーツが市場に出回っていないときは、3dプリントを活用して、理想のパーツを用意してください。

3dプリントの精度は


様々な製品に使われるパーツの中には、複雑な加工が必要なものが数多く存在します。そうしたパーツは重要なものが多く、それが用意できないと製品そのものが使い物にならなくなるケースも珍しくありません。そうした製品のパーツは熟練の作業員が製作する必要があったり、高いコストをかける必要があったりと、簡単には用意できないことも多く、人材不足で製造が危ぶまれたり、やむなく販売価格を上げることになるケースも報告されています。そうした複雑な加工を行うための技術として、新たに注目を集めるようになったのが3dプリントによる加工です。
3dプリンターを使用した加工は、ここ数年の間で大きく制度が向上しており、高い技術が必要だった手作業での加工を行えなくても、ある程度の形を作ることが出来るようになりました。困難な加工が出来るようになるとともに、対応できる素材の種類も増え、現在では金属加工の精度も大きく向上しています。加工できる素材については、使用するプリンタの規格によって異なるので、加工したい素材にあわせてプリンタを選ぶ必要がありますが、ある機種ではマレージング鋼、ニッケル合金のほか、コバルトクロム合金、チタン合金、アルミ合金などに対応しています。今まで技術不足であきらめていた加工も、データさえそろっていれば十分こなすことが出来るので、加工関係で困っていることがあれば、3dプリンターを導入してみましょう。
いきなり購入するのは予算の都合で難しいという場合でも、レンタルやリース形式でプリンタを提供している企業も多いので、お試しのつもりで一度検討してみるのもいいかもしれません。

加工できる範囲


かつての金属加工は、長年の経験を積んだ専門家が求められ、現在も非常に複雑な形状の製品や、細かい調整が必要な部品などは、そうした高い実力を持つ方が必要ですが、人材育成には時間がかかり、製作したい製品があっても、人材不足で作れなかったり、コストが高くなってしまうこともありました。そうした問題を解決する技術として注目されていたのが3dプリントで、今では多くの企業が導入するようになりました。3dプリンタの性能は日々進歩を続けており、金属加工専用のプリンタも、過去には出来なかった様々な加工を行えるようになってきています。
かつては大まかな形までしか作ることが出来ない場合や、加工できる範囲にも限界がありましたが、現在運用されている3dプリンタの中には、加工が難しい複雑な形状のパーツも作成することが出来るだけでなく、加工出来る範囲も幅広くなっており、250mm近くの大きなパーツを製作するだけではなく、数mmにも満たない小さなものまで製作できるので、使用目的を問わず、欲しいものを自由に用意することが出来ます。
性能が上がるとともに、価格のほうも以前と比べると安くなりつつありますが、さすがに購入するとなるとそれなりの費用が必要となるので、レンタルやリースといった、より使いやすい方法で3dプリンタを提供しようと動いている企業も見られます。今まで作れなかったパーツを3dプリントで作りたいという方はもちろん、新しい製品をより効率良く開発したいという方や、新しい技術に触れてみたいという方も、3dプリンターを導入してみてください。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。