カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

金属加工で強化されてきた3dプリンターの軌跡

注目されている3dプリンタ


最近、よく耳にする言葉に3dプリンタという言葉があります。新たな技術革新のひとつといえるでしょう。プリンターといえば、職場や家庭でよく印刷物を出力するのに使用されている方も多いと思われますが、それは2Dプリンターと呼称されるものです。Dというのは次元のことで、2Dならば、二次元の平面である用紙にインクを用いて印刷します。3Dならば、二次元とは違い、三次元の造形物を作成することが可能で、人間の持つ創造性をフルに活用出来るツールのひとつといえます。
2Dプリンターとは違い、3dプリンタは多種ありますが、樹脂、いわゆるプラスティックや金属などを用います。インクではなく、樹脂や金属を用いることにより、立体化出来るのです。立体を輪切りにし、それを何層にも重ねていくという工程で高さを構築していく、と表現した方がイメージしやすいと思います。3dプリンタで造形物を作るなら、3D形状専用のパソコンソフトが必要で、パソコンで3Dの形状化が可能ならば、自分が欲しているもののほとんどを作成することが可能なわけです。
よって、誰もが個人メーカーとなることも不可能ではありません。製造メーカーもこの手法を用いることにより、かなりのコスト削減を達成することが可能となり、経営において好結果を達成することが実現できます。現場においても、製造過程において排出されるCO2が削減出来ますし、製品の質も向上されるわけです。製作時間も短縮出来ますし、既存製造スタイルのスリム化を実現出来ます。大幅な原材料のコストカットも実現出来ますから、不可能を可能にできる稀有な技術革新といえるでしょう。そして、これからも注目していきたい分野です。

金属加工の進化


金属を加工することは、昔日から引き継がれてきた手法であります。鍛造や鋳造などが挙げられます。鍛造は金属をハンマーなどで叩くことで生じる圧力を加えることにより強度を高め、形状化する方法です。包丁などの刃物や刀などがその例です。鋳造とは金属を融点より高い温度で熱し液状化させ、型に流して冷却し形状化する方法です。部品や10円玉などの貨幣が挙げられます。
現在はその金属加工の分野でも、3dプリンタが普及し始めてきています。家庭用も急速に普及し始め、身近に感じる方も多いはずです。製作現場においては、コストカットや品質向上のメリットが浮かび上がってきますが、他にも在庫の不要があげられます。従来は非常用の必要性の観点から、スペアを在庫として管理していましたが、データを管理するだけで済むわけですから、余計な在庫を持つリスクがないため、企業の在庫ロスを防ぐといった意味でも、大きく貢献できる画期的な技術といえるでしょう。コストを抑えれば価格も下げることができるようになります。
より良質の製品が作成されるわけですから、切磋琢磨が行われクォリティーはもちろん、価格においても競争力が必要になります。消費者側にしても、手軽に身近な製品を創りだし、実用することが可能なのです。もはや、誰もが新しいテクノロジーを駆使し、表現出来る時代なのです。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。