カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

金属造形の3Dプリンターの導入について



金属造形が可能な3Dプリンターはモノづくりの現場で大活躍


3Dプリンターは製造業の現場などでは少し前から知られている技術になりますが、最近ではさまざまな場面で造形方法も多様化しています。モノづくりの現場のみならず使用されているアイテムになりますが、それでも今でも一番貢献していると言われているのが製造業での活躍です。色々な製造業の現場で導入がされていますが、実際に利用することによってどのようなメリットが存在しているのでしょうか?
3Dプリンターといっても色々な造形方法がありますが、今回はその中でも利用率が多い金属造形についてのメリットについて紹介をします。
まず、魅力的な部分としては、製品の品質向上に役立つ点です。
例えば、商品などの開発をする際に手動で一つ一つ作っていくと何らかのミスが起きてしまう場合もありますし、商品一つ一つを全て同じ品質に仕上げるのは難しいと言われています。
しかし、3Dプリンターを利用すれば、データを読み込むことで同じ品質の部品などを必要な分だけ作り上げることができます。
例えば、金属の部品を作りたい場合に全て同じ品質で作りたいと思っている時には、金属造形が可能な3Dプリンターを利用し、それを管理する手法を構築することによって、バラつきを抑えたのない品質で製品を完成させることができます。
例えば、飛行機などに使用される部品は品質が重要になります。一つ一つの部品の品質が異なれば安全に飛ぶことができませんが、3Dプリンター同じ品質の部品を作り上げる管理手法を構築しているメーカーも出てきており、飛行機の部品などにも必要とされているアイテムとなっています。
また、業務の効率化につながるのも魅力的です。例を挙げると、新商品の開発をする際にはプレゼンテーションなどを行って集まってくれた人たちに説明をすることとなりますが、実物がなければなかなかスムーズに説明をすることができません。
また、パソコンなどを使用して説明ができたとしても理解できる人とできない人がいますが、3Dプリンターを利用することによって、データがあればプレゼンテーションなどの早い段階で完成品に近いものを持って説明することができます。実物を用意できるので、理解も得られやすく開発の開始時期を早められる可能性も高くなるので業務の効率化につながります。
このように、メリットについてを紹介しましたが、これからもモノづくりの現場で活躍するアイテムになると言われているので、導入について考えている場合にはメリットも見ながら検討すると良いでしょう。

金属造形のレンタルについて


金属造形に限らずですが、3Dプリンターを導入する際にはレンタルする方法が存在しています。
例えば、大型の3Dプリンターを導入したいけど、導入コストで悩んでいるという方もいるのではないでしょうか?こういった場合にはレンタルに対応してくれるところも存在しているので安心です。
では、実際にレンタルをすることで具体的に説明すると、どのようなメリットが存在しているのでしょうか?今回は、レンタルを利用しようと思っている人のためにメリットについて説明します。
まず、魅力的な部分は所有権がレンタルしてくれる会社にあるということです。
例えば、金属造形が可能な大きな3Dプリンターに関してはメンテナンスが必要になりますが、点検については知識がないという場合にレンタルなら対応してくれるところもあるので、万が一故障をしてしまった時でも復旧にかかる時間を短くすることができます。レンタルなら保守契約も充実しているので安心です。
さらに、保証が充実しているのは魅力的です。金属造形などの3Dプリンターは設備が大きいので保守費用や部品の交換などにかかる費用もコストがかかります。購入を検討している人たちの中にはこれからの費用を負担することになりますが、レンタルなら保証が充実しているので、保証期間内ならレンタルしてくれる企業が対応してくれます。安心感もあるのがレンタルの魅力です。
今回は一部分の説明をしましたが、これから導入を検討している人は購入とレンタルの二つの方法があるということを知っておくと、導入後に後悔をすることは少なくなります。

金属造形の販売やレンタルを行っている業者の選び方


近年では様々な3Dプリンターが販売されていますが、実際に販売店の選び方によっては取り扱っている機種も違うので、選ぶ際に悩んでしまうこともあります。実際に導入する時には後悔をしたくないと思っている人も多いと思うので、今回は販売店の選び方についてを紹介します。
まず、取り扱っている機種が業種に対応しているかどうかです。
例えば、金属の部品を作りたい場合には、金属造形が可能な3Dプリンターを選ぶ必要があります。販売店によっては機種は異なるので、用途に合う3Dプリンターが販売されているところを選択するようにしましょう。
また、見積もりをすることで細かな金額まで出すことができ、料金の面でトラブルが発生することもないので、見積もりはあらかじめ行うようにしましょう。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。