カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

金属造形の3dプリンターについて


3dプリンターの導入を検討している方へ


これから多くの場所で活用されるといわれているのが、3dプリンターです。一般家庭で使えるようなものもありますし、製造業などで本格的に使用するものまで様々となっていますが、主にこれから活用されるといわれているのが製造現場です。では、実際にモノづくりにどのように役立つのかというメリットについてを紹介していきます。
まず、導入のメリットに挙げられるのが品質やデザインの向上です。現在では金属造形が可能な3dプリンターも存在しているので、設計者やデザイナーが必要なデータを入れることによって金属の部品を作成することができます。3dプリンターが製造工程全てを担当してくれるため、人の手を一切使わずに立体物にすることが可能です。それにより、高度な技能を持った職人に依存せずに、製品の品質向上に役立ちます。
さらに、開発のコストを削減することもできます。3dプリンターを導入することで試作品などは全て社内で作業をすることができます。一般の企業は手間がかかる部分は外注に任せたりすることが多いですが、難しい部分や手間がかかる部分は3dプリンターが全て担当してくれるので、外注に依頼することなく、その分のコストを削減することができます。また、外注に依頼しなくていいということは、それだけ開発の期間も短縮することができます。それによって、さらに開発コストを削減でき、開発もいつも以上に早く進めることができます。市場投入期間を大幅に短縮できるというのは、たいへん魅力的です。
続いての導入メリットは、コミュニケーションの改善です。例えば、新商品の開発などを行う際にはどのような立体物にするか会議などをすることになりますが、絵などを描いて説明しても、人によっては捉え方が違ったりすることがあります。誤解を招くことによって、イメージと違うデザインで仕上がってしまったりする場合もありますが、3dプリンターを導入することによって、リアルな立体物を作ってから会議などで説明をすることができます。立体物を用意することで図や絵よりも伝わりやすく、誤解を生むことも少なくなります。つまり、作りたいものを相手に伝えやすくなり、社内の合意形成を行いやすいという利点があるのです。
その他にも、機密性の向上というメリットも存在しています。新商品を開発する際には外注に依頼して作ってもらったりすると、デザインや設計仕様が外部に流失してしまう可能性もありますが、デザインや設計仕様などを3dプリンターにすることで外部に出回ることはありません。流失するリスクを低減できるというのも、魅力の一つです。
このように、3dプリンターの導入はモノづくりの現場に大きなメリットをもたらしているのです。

金属造形の3dプリンターを導入するメリットとは


3dプリンターには光造形や粉末造形、金属造形などいろいろな造形方法が存在していますが、その中でも現在注目を集めているのが金属造形です。導入を検討している人も多いかと思いますが、実際にどのようなメリットがあるのかについて紹介をしていきます。
まず、金属造形は細かな部分も忠実に表現できるメリットがあります。例えば、金属の部品といっても世の中にはたくさん存在しており、中には複雑なものもありますが、3dプリンターを使えば細かな設計なども手軽に行うことができます。
また、データの作成ができれば、新たな商品の開発も容易にできるというメリットもあります。例えば、もっと軽量化にしたいという要望に応えることができるのが金属造形の魅力になります。デザインなども色々変えることができるので、新たに開発をしたいという場合でも、比較的容易に活用できる設備となっています。
その他にも、生産性の向上に役立つという利点として、以前まで必要だった組み立ての工程を減らすことができるなど生産効率の向上にも役立つ設備となっています。このように、今回は金属造形の3dプリンターを導入するメリットについて紹介しましたが、魅力的な部分が多いので、これから多くの場面で使われる可能性が高いでしょう。

金属造形の3dプリンターの販売会社の選び方


金属造形の3dプリンターの導入を検討している人たちは販売会社に依頼するのが一般的なりますが、販売会社によって取り扱っている3dプリンターは異なります。選び方は大切になるので、今回は販売店を選択する際に知っておきたいポイントを紹介します。
まず、設備のメンテナンスなどアフターケアを行ってくれるかどうかが重要になります。例えば、購入してすぐに故障をしてしまった時に対応できないところで購入してしまうと、余分に費用が必要となってしまうのでアフターケアが充実しているところを選ぶようにしましょう。
また、設備導入の際に費用を用意できないという場合には、レンタルが可能な販売会社を選ぶと初期費用を抑えて3dプリンターを導入することができます。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。