カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

金属造形は3dプリンターで簡単に出来る


プリンターの進化



パソコンの出現と共に様々な進化をしてきたのがプリンターです。プリンターが初めて登場した時は、画期的な印刷技術ということで社会に大きく貢献をしました。プリンターのおかげで、パソコンで作成した書類を簡単に印刷することができるようになり、多くの企業の事務作業が円滑に進むようになったのです。近年では、プリンター技術の進歩により、立体的な造形ができる3dプリンターが開発され、その進化がますます進んできています。

3dプリンターというものは、3dデータを元に立体的な印刷をすることができるプリンターです。つまり、試作品や模型などを簡単に印刷することができるようになったことを意味しています。機種としても、大型の3dプリンターから小型のものまで、様々なタイプの3dプリンターが普及するようになりました。そんな3dプリンターは、あらゆる分野で利用できる価値が高いとして、各界から期待が集まっています。ただし、まだ価格的に高い機種も多く、自社で1台3dプリンターを購入してから使うというニーズよりも、業者に依頼をして3dプリンターで印刷をしてもらうという使い方が一般的です。

3dプリンターというものが販売され始めて大分経ちますが、どのようにして使うかなどは未開拓な部分もあります。それでも、徐々に企業の方でも3dプリンターを導入して印刷をする機会が増えてきています。中には単なる紙やシリコンなどではなく、金属造形を行うことができるプリンターも出現してきており、様々な企業で金属造形をプリンターで行うことが検討され始めています。家庭でも3dプリンターを使った印刷をすることができるところまで普及が進んできていて、簡易的な用途であれば家庭用プリンターでも間に合うようになってきているのです。



金属造形は3dプリンターで作れるもの?



ここまで3dプリンターが技術的に進んでくると、ここから先は何を印刷すればいいのかを考えるだけとなります。利用用途がもっと増えてくれば、価格も安くなり、誰でも手に入れることができるようになるでしょう。基本的に3dプリンターでは、どのようなものでも3dデータさえ取ることができれば印刷をすることができます。自宅でフィギュアの制作をすることも可能ですし、住宅模型なども3dデータさえあれば簡単に組み立てることができます。特に企業などでは、住宅模型を作ることができれば、お客様に実際の家のイメージを伝えやすくなるでしょう。さらに医療の分野でも活用され始めています。足が不自由な人のための義手や義足なども、3dプリンターを使えば短時間で簡単に制作することができるのです。今まで50万円以上かかっていたものが、材料費さえあればプリンターですぐ作れるようになっています。なお、抑えられるのは費用だけではありません。制作する時間も、今までの制作方法と違って素早く制作することができます。

さらに驚くことには、大型の3dプリンターがあれば、模型だけではなく一軒家も数十時間で作ることが可能です。これは、今までの建築の概念を根底から変えるものとなっているのです。大きな材料を家の形にくり抜いていくだけで住宅ができるのは、何とも不思議なことでしょう。木を組み合わせることなく、釘なども使わず、ユニットバスのように組むだけで、一軒家を建てることができるのです。他には、人の顔のデータを取り込むことで、リアルな瓜二つな人の顔のお面を作ることもできます。ギターなどの楽器も、素人が簡単に作ることが可能です。そして工業分野においては、金属造形を3dプリンターで簡単に行えます。金属造形といえば、人が手作業で一つ一つ金属を造形してから形作っていくものでしたが、その方式が大きく変わってきています。短時間で作ることができるので、時間短縮につながり、かかる費用も安く済みます。

3dプリンターの活用法はこれだけではなく、形あるものはほとんど作ることができるため、可能性は無限大となっています。実際に使って見ると、材質さえ間違えなければ本物と全く同じように作ることができるため、耐久性もひじょうに高くなっていることが分かります。このように、社会の各分野へ与える影響は相当なものとなっているのです。



3dプリンターの金属造形



3dプリンターで金属造形はできるのでしょうか。初期は印刷することができる材質としては紙などの造形しやすいものがほとんどでしたが、今では金属造形をすることができる3dプリンターが登場しています。これは画期的なことで、金属造形ができるようになるとこれまで以上に利用価値が高くなり、3dプリンターで作れないものはほぼなくなります。

今まで苦労して作っていた金属の部品なども、3dプリンターを使えば短時間で狂いなく作ることができるようになっています。使用する金属によっては、かなりの強度の金属造形をすることができるのです。ただし、まだまだ発展途上であり、耐久強度についても完全に問題がないというわけではありません。それでもここまでの造形ができるようになってきたということは、今後の3dプリンターの活躍が期待できることを指し示しています。今後数十年もかからないで、今鋳造による技法で制作している金属部品の造形が、3dプリンターで簡単にできる時代がやって来るでしょう。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。