金属造形3dプリンターの活用や導入方法とアルミ造形について


3dプリンターの活用について


現在では印刷などをするために家庭用プリンターや複合機を使用しているところはとても多いです。例えば複合機であれば会議資料を印刷することができますし、家庭においては写真印刷も行っています。プリンターと聞くと印刷するための機器をイメージする人もいますが、現在では更に進化して3dを印刷することができるようになりました。この技術は現在日本の幅広いところで活用されているので、今回は活用事例を紹介します。活用事例の一つとして挙げられるのが商品の企画や試作をする時です。
基本的に企業は商品を開発するために企画をすることになります。企画のシーンで活用することで出来上がった商品をイメージしやすくなります。また、実際に手に取って触感を確かめることができたり、開発する商品によっては操作性なども確認することができます。現在では組み付けが必要な商品を開発する企業もあります。ある部品と組み合わせることで1つの製品として扱うことができる商品のことです。組み付けをする商品を開発する企業では設計通り組み付けができるのか確認するために、試作品を準備するのが一般的です。試作品を準備する時には外注している企業も少なくありませんが、その外注に費用はもちろんのこと時間を費やすケースも珍しくありません。業者によっても異なりますが2週間以上要することもあります。もし外注ではなく3dプリンターで試作品を準備すれば短時間で組み付けに必要な部品を準備することができるので、試作品の確認作業の時間を短縮することが可能です。商品企画や試作品だけでなく実際に使用される建築資材の部品も3dプリンターで準備しているところがあります。建築には様々な部品が必要ですが、もし活用することで今まで製造が難しかった部品も準備することができるので、今後も世界で使われることが予想されています。
また、企業によっては住宅模型を作るために活用しているところもあります。従来においては注文を受けた時に建築士が設計図を作成して、その図で間取りや広さを注文者に伝えるのが一般的でした。現在でもこのような方法で説明をしているところが多いですが、住宅模型を準備することで建築に詳しくない人でも実際に自分の注文した家を見ながら説明を受けることができるので、設計図よりもより間取りやスペースを把握しやすいです。また、説明をしやすいことで業者と注文者のやり取りをスムーズにできます。

導入方法を知る


このように幅広い分野、企業で使用されていますので、将来的に導入を検討したい企業も少なくないでしょう。金属造形や粉末造形の3dプリンターを導入するための方法はいくつか挙げることができます。まずは購入をして導入する方法です。現在ではメーカーで3dプリンターの販売を行っているところがあります。
金属造形だけでなく粉末造形など様々な種類を扱い、企業が求めるものを購入できる可能性が高いです。購入をする方はある程度の初期費用を準備しなければなりませんが、会社の資産として使用することができ、活用することで今までかかっていた予算なども少なくできるのでメリットを得ることができる企業も少なくないでしょう。
その他の方法としてはレンタルサービスを利用することです。業者の中には販売と平行してレンタルも扱うところがあります。実際に企業の中には購入に必要な費用を全額準備することができない企業や、銀行から借り入れをすることに躊躇する会社も少なくないでしょう。もしレンタルを利用すれば初期費用を大幅に削減することができます。ランニングコストはかかりますが、その費用は経費扱いにすることもできるので、金銭的負担や税金対策を期待することができます。このような方法を参考にして自分の会社に合った導入方法を選択するようにしましょう。

金属造形の3dプリンターでアルミ造形する利点


金属造形3dプリンターでアルミを造形することができます。アルミを使用することで様々な利点を得ることが可能です。利点として挙げられるのが、ダイカスト材同等の引張強度を持ち、軽量化や、生産性を向上することが可能なことです。金属造形の3dプリンターでアルミを使用しプリントすることができれば複数部品を統合し一体成形をすることができます。
一体成形をすることで組み立てなどの作業が必要なくなるので生産性をアップさせることができます。その他の利点としてはコストを削減することができる点です。実際に商品開発にはコストがかかり、コスト削減のためにはどのようなことに取り組めばいいのかわからない方もいるのではないでしょうか。もしアルミを使用し金属造形3dプリンターを使用することで設計変更が使用しない時よりも容易に行うことができるので、コスト削減につなげることができる可能性があります。
その他の利点としてはデザインです。細かい造形が可能なので難しい形やデザインの部品でも作ることが可能です。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com