カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3dプリンタで金属製品や加工技術の安定性を高める



精密な構造に強い技術



手先の細かさ、繊細な構造は日本ならではの文化です。日本の伝統的な工芸品や織物、美しい民芸品は世界からも高い評価を受けています。そんな日本の細かさ、綿密さはもちろん工業の分野でも発揮されています。日本製の電化製品、自動車、飛行機、船などあらゆる技術力は古来の日本人から伝わるスキルがあってこその物です。日本には世界に誇れる技術が現代でも活きています。高度経済性長期に始まる精密な技巧のスキルは世界各国の機体、車体、精密な機械における工業の発展のために日夜活躍しています。

たかがネジやたかがスプリングと侮ってはいけない世界が機械の分野です。0.1ミリメートルの差でも機械にとっては重要な0.1ミリメートルになり得るのです。叩いたり、削ったり、塗装したりと人間の手では作り出せるものの、同じものをたくさん再現させるのは今まででは成し得ないことでした。その再現性を高めたのが3dプリンタという新しい技術なのです。3dプリンタの発展、実用化のおかげでより精密で、より再現性の高いモデリングや製品の量産に磨きをかけられるようになりました。

細かい部品や機械の精密な部分は人間の手でしか産み出せなかった従来とは違い、数ミリメートルの細かい縮尺まで3dプリンタであれば再現できるのです。また、実際に物体として再現できなかったパソコン上でのギミック、より複雑な構造においても3dプリンタであれば実際に物体を作り出すことも可能です。モデリングされたものが金属、プラスチック、木材、どのような素材にも適応できるのも大きな進歩となりました。



3dプリンタだからこそ再現できる



また実体を作り出すことは技術テストを実際に行う上でも重要な役割を果たします。パソコン上では計算することが出来ても、実用化に至っては不具合もおきます。そうした場合、計算では算出できなかった様々な作用も3dプリンタとしてモデリング再現をすれば何度もテストが可能になります。

実物大できちんと再現されていることはそうした技術研究にも役立てられるのです。例えばモデリングした製品の風洞試験や衝突試験、組み合わせの具合など、実用化に向けて欠かせない部分のテストについても役立てることが可能になるのです。何度もテストを繰り返ししたり、細かな差を何度も再現するのは大変な作業負担にもなります。

3dプリンタ技術はテストや微妙な違いを出しての繰り返しテスト、性能試験にはぴったりの技法と言えるでしょう。いくらこだわり抜いて、精密な技巧を凝らしても実用化することがなければ製品の価値は上がりません。こだわりや欠かせないポイントがあるからこそ、ギミックやモデリングのテストや綿密な手直しを繰り返して不具合のないものに仕上げるべきなのです。



安定性のあるモデリング再現

製品の生産には、従来の手法で行うとかなりのリスクもあります。例えば、製品のための特別な金型を必要とする場合もあります。生産のロット数があまり無いのにも関わらず、金型は作らなければならないとなると、生産のためにかかるお金にも負担となります。その負担は結果的に製作費の圧迫につながったり、製品自体の価格にも関わってしまいます。

少量での生産であれば、3dプリンタを利用してモデリング再現を行うという方法もひとつの選択肢として挙げられるのです。わざわざ特別な注文として金型を作る必要がないのは製作の過程ではスケジュールにも無理が無くなり、予算についても悩む要素が軽減されるので助かるのではないでしょうか。また、パソコン上でのデータからきちんと再現されるので安定性もあり、いくつも量産して再現できるのも3dプリンタならではのポイントと言えるでしょう。

金属加工品や精密機械に求められる信頼や安心は、製品の安定性から作り上げられていると言っても過言ではありません。きちんと同じものを同じだけ再現できることが、技術研究の世界では欠かせない部分なのです。3dプリンタ技術はデータのやり取りというスタイルなので、モデリングから再現、製作までがかなりスピーディーになるというポイントも生産には重要となるはずです。顧客を満足させる安定性、信頼性、スピード対応を叶えるのであれば3dプリンタの技術を活用して損はないはずです。

また、3dプリンタの機械を会社や工場に導入したいと考える会社や生産者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。便利な3dプリンタの技術を現場で即活かすことができれば、より工場や生産ラインのスピード化も実現できることでしょう。機械自体を取り扱う会社であれば、導入の為のサービスや指導、私用についてのノウハウからアフターケアまで手厚い業者を選んでおくことが大切です。プリンタ機械自体も精密な構造となっています。技術を100パーセント活かすためには、まずエキスパートからしっかりと指導を受けておくべきと言えるでしょう。新たな革新的技術を導入して、日本の生産や製品のクオリティを上げていくひとつの力として活躍してみてはいかがでしょうか。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。