カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3Dで金型を作成しよう


3Dの設備を導入するメリットについて



現在3Dの設備は身近なものになりつつあり、主に製造の現場で活用されている設備となりますが、その他にも子供たちが体験することができるような家庭用のタイプもあります。様々な種類の3D設備が世の中に出回っていますが、その中でも将来的に注目を集めているのが製造現場での3Dの設備です。第三の産業革命とも言われているほど魅力的な設備となっていますが、実際に導入することによってどのようなメリットがあるのでしょうか。これから製造の現場で活用してみようと思っている人も多いと思いますが、まずはメリットについて知りたいと思っている方もいるでしょうから、今回は一部分ですがメリットについてを説明していきます。

まず、1つ目はコスト削減に大きく貢献してくれるメリットがあります。例えば企業によっては、開発や製造の一部分を外注に任せている人たちもいるのではないでしょうか。外注に発注をすることによって外注コストが発生しますが、3Dの設備を導入することによって、一台で立体物を完成させることができるので、外注コストを削減することができます。コスト削減は企業においても重要になるので、なるべく開発コストを抑えたいと思っている場合には導入について検討してみるといいでしょう。

続いて2つ目は、開発プロセスを短縮することができる点です。例えば外部に試作品の作成を依頼する場合には、何かと手間もかかるので複雑な工程を踏む部品などは数週間以上は作成に時間がかかってしまう場合があります。あまりにも時間をかけ過ぎてしまうと、市場投入が遅れたりすることも考えられます。市場投入を早くするためにも開発の期間をなるべく縮めたいと思っている人もいると思いますが、設備を導入すれば短期間で試作品を完成させることができます。早くなれば市場投入期間を大幅に短縮することができるので、魅力的です。続いて3つ目は、会議などのプレゼンテーションなどで相手に伝えやすくなるというメリットが存在します。例えば試作品の会議などを行う時に多くの人たちの理解を得ることができなければ商品化することは難しくなりますが、3Dの設備がないと立体物などを持ち込むことができず、イラストや図面などで伝えるしか方法はありません。イラストでは聞き手に理解してもらえる可能性も低くなってしまいますが、立体物を持ち込むことができれば実際に手に取って触ることもできるので、多くの人たちに納得してもらえる可能性も高くなります。立体物があることによって会議やプレゼンテーションがしやすくなるというのは、利点として大きいです。このように、今回はメリットについてを紹介しましたが、設備の導入によって作業のしやすさは変わるので、より効率よく作業を進めたいと思っている場合には導入について考えるといいでしょう。



金型での作成が可能なプリンターについて



近年では3Dの設備を導入している企業もたくさんありますが、これから導入について検討している企業も多く存在するでしょう。特にこれから導入について考えている人は、導入するにあたっていろいろな知識を身につける必要がありますが、その中でも知っておきたいのが造形方法です。

大きく分けると光造形、粉末造形、金属造形の三つが存在していますが、特に金属造形は金型の立体物を作成することができるので、多くの企業が導入しています。では、実際に金型の立体物を作成できる金属造形のメリットについて紹介しますが、メリットとしては金型を短期間で作成できるという点が挙げられます。3Dの設備を利用することによって、自動車やバイク、航空機など複雑な形状の金属パーツでも簡単に作ることができます。短期間で作れるというのは魅力的です。また、造形物を支持するサポートを極力減らして造形が可能なのも魅力的な部分の一つです。例えば従来の設備は、浅い角度の場合サポートが必要になることもありましたが、現在では技術も高くなっているのでサポート(支持形状)を減らして造形ができます。それにより、サポートの除去工数を大幅に削減することが出来ます。このようにメリットとなる点が多数あるので、導入を検討している人たちが増えてきています。



3Dの設備を導入するなら専門業者に問い合わせをしよう



3Dの設備は専門業者に問い合わせをして導入するようになりますが、それぞれの業者によってサービス内容が異なることがあります。選び方は重要になるので、今回はどういったサービスを行っている業者を選ぶといいかという点について紹介していきます。

まず、サポート体勢が整っているかどうかの確認をしましょう。例えば故障をした時に対応してくれるかどうかなど、どのようなサポート体勢がとられているかは重要になります。特にそれほど知識がないという方はサポート体制が整っているところを選ぶといいでしょう。また、レンタルも行っているかどうか確認しておきましょう。レンタルが可能なところなら大きなコストをかける必要はなくなります。初期費用をおさえることができるので、特に予算が限られている場合はレンタルが可能な業者を選ぶようにするといいです。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。