カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3Dデータ作成ではどうやって造形物をスキャンするの?


CADやCGのソフトで作成する



近年流行っているのが3Dデータ作成です。物を立体に出来るというのは、今までのコピーの常識を覆したものとなりました。それによって、近年は様々なスキャン方法があり、3Dデータ作成業界もどんどん変化してきています。今なお進化しているので、これからは更に需要が高くなることが予想されます。そんな中、近年は3Dデータ作成を扱う会社も多くなり、スキャンの方法について気になっている方も増えてきたことでしょう。そこで、ここではどのようなスキャン方法があるのか紹介します。

まず、3Dデータ作成においては、CADやCGソフトを使って作成することが多いです。これらを使えば、どのようなものでも簡単に作ることが可能となっています。例えば、住宅を作る時には、設計図とCGイメージを作って、それを立体にします。こうすることによって、利用者がより一層理解を深めやすくしているのです。こうして近年は色々なものが作られています。実際に多くの業界で活用されていて、その状況はさらに変わってきました。さらに今後は活用されていく可能性がある為、導入してみたい方は積極的に使っていくと良いかもしれません。

色々な使い道がある3Dデータ作成は、近年利用者もさらに増加しています。専門の業者も最近では増加しているので、3Dの質はさらに高くなっています。それを踏まえて、今後利用してみてはいかがでしょうか。3Dデータが必要になった時などは、かなり役立ちます。より具体的なイメージが付きますし、何より視覚的に立体に見られるというのは、大きなポイントです。2Dでは見えなかった物体の角度が3Dデータの開発によって見えるようになり、さらに価値が変わってきたと言えるのではないでしょうか。



配布サイトからダウンロードする



3Dデータ作成においては、配布サイトからデータをダウンロードすることが出来るようにもなっています。色々な方法でコピーができるようになっているので、配布サイトからデータをダウンロードして、それを立体にすることが可能です。今まで2Dだったものが3Dで見えるようになったため、より具体的なイメージを持つことが出来るようになりました。近年は企業の展示で使われたり、家庭で使用されたりする場合もあります。今後は、様々な活用方法が出てくるはずなので、それぞれ利用価値は違ってくるでしょう。

現代では、より3Dの活用が実用化されてきているので、今後もさらに技術は進化していきます。さらに、扱っている業者も多くなっていて、専門のサービスも増加しています。3Dデータを活用していきたいという場合は、そういう専門のサービスを使ってみるのがおすすめです。なぜなら、専門的に扱っている業者の場合は、やはりクオリティも高いです。せっかく3Dデータを活用するのなら、そういう点にも力を入れてみると良いかもしれません。

配布サイトは年々形を変えていて、今では扱っているものの数もさらに豊富となっています。今後は活用できる場面も多くなりそうなので、その点も考えて使ってみると良いのではないでしょうか。そうすれば、ビジネスにも活用していくことができ、活躍する場が広がっていけば、さらに3Dデータの活用も幅が出てくることとなるでしょう。



実物をスキャンする



3Dデータの作成において、やはり楽しみでもあり実用的でもあるのが、実物をスキャンするという方法です。最近は人の顔をスキャンして、それを形にすることも可能となっています。もちろん、大量生産向きではないものの、一つの物を沢山3Dデータとしてコピーしていくことも可能です。そうやって便利に活用していくことによって、より多くの方が利用できるようになります。今後はさらにそうやって活用できるようになるため、導入することをおすすめします。

実物のスキャンに関しては、活用方法も多々あります。例えば、先ほどは人物と言いましたが、その他にも規模によっては様々なものが実物でスキャンできるのです。そうやって上手にスキャンを使っていけば、かなり色々なものを3Dデータとして活用していくことができるでしょう。企業では取り入れているところも多く、近年はより多くの方が利用するようになっています。今後はますます進化していく可能性があるため、さらに扱う業者も多くなることでしょう。すでに専門的に3Dデータ作成を担っている業者も増えてきました。

実際に3Dデータが必要になったという場合は、専門業者に依頼してみましょう。スキャン方法は豊富なので、使い方によっては色々なものを作っていくことが可能となります。重要となるのは、どこでそのようなデータを活用するのかという点です。使い道自体は多いので、どうやって活用するかをしっかりと考えてみましょう。活用方法はこれからさらに増えていきそうなので、その視点から考えてみると良いかもしれません。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。