カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3Dプリンターが当たり前の世界へ!金属造形の未来


金属造形とは


設計から商品開発、試作品の提供など多くの会社で利用しているのが、金属造形です。昔でいうと、商品としてつくる前に、提案するアイテムとしてまずは金属で金型をいくつかつくり、より完成に近いものを試作品として作り出すという方法がとられていました。その、製品をつくる過程で必要なものが、金属造形です。
最近では、その試作品つくりにも、コンピュータの技術が導入されていて、設計の段階からCADを引き、そのCADも3次元で見ることができる3Dが主流となってきています。3DCADは近年、一般的に使っているパソコンに簡単にとりこむことができるようになっているため、導入している会社も多くなっていますが、実際に、商品を提案する際には、紙面で説明することには変わらず、実物を手にとって確認することとの差にいまだに大きな差があるのが現状としてあります。どうしても実物を手に取って、触って試したほうがインパクトも強く、より完成品をイメージしやすくなっているので、これからも金属造形の必要性はなくならないでしょう。
ではよりコストを抑えて、完成度の高いものを提案するにはどうしたらいいのでしょうか、最新の技術を使ったものというと何といっても3Dプリンターです。テレビでは見たことがあるけれど、実物を見たことはまだないという人も多いと思いますが、物作りの世界ではだんだんと主流になってきていどんどん導入する例が増えているのが現状です。気になっているけど、中々手が出せないでいるという人も、まずは3Dプリンターについて知ることから始めることが大切です。製品づくりの世界では、技術の進歩が急速に早まっています。今の主流に乗り遅れないように、しっかりとした情報を得ることからはじめましょう。

金属造形と3Dプリンター


試作品の段階で完成に近いものを手に取ってみられるという点で金属造形は製品づくりには欠かせない工程のひとつといえます。その金属造形を最近では、3Dプリンターがその役を買ってでている傾向があります。
3Dプリンターは、なんとなくテレビで紹介されていたのを見たことがあるという人も多いと思いますが、実際に本物の銃をプリンターで作成したり、最近は外国でプリンターを用いて作った建物が建つなど、劇的な進化を遂げてきています。少し前までは、まだ近未来の製品のひとつにすぎなかった3Dプリンターが今では、製品づくりには欠かせないアイテムの一つとなってきている流れがあるのは確かです。
実際に導入を検討しているという企業も多くなっていますが、導入に当たって心配な点は何と言ってもコストです。導入するにあたって、かなりのコストがかかってしまうと、どうしても元をとるためには、かなりの年月がかかってしまいます。導入をしぶる企業の多くがその点が課題となっているなら、レンタルという形でリースできる形にすることで、新規導入がしやすくしているのも、プリンターを多くの人に活用してもらい、ものつくりの世界を広げていくという点でも、リース制度は便利なしくみとなっています。
金型造形の機械を導入する時同様に、プリンターも試作の段階から綿密な打ち合わせを行っていくので、安心して導入まで準備していくことができるのも専門企業のいいところです。ものづくりをより快適に、進歩させるためには機械の進歩は欠かせないことのひとつと考えると、プリンターもこれから主流の設備となっていくことが考えられます。

金属造形をより効率よく仕事に活用


製品づくりの段階で欠かせない工程のひとつが金属造形といえます。しっかりとした試作品を作って、なんども改良を加えることで、より良い製品づくりを行うことができという点でも重要な役割を果たしていることがわかります。また、試作品をしっかりと確認してくことで製品を大量生産できるというメリットもあることから、ものつくりには欠かない重要工程という点も納得できます。
また、手に取って確認することによって、プレゼン力も高くなる可能性があり、気軽に金属造形を製作することができるようになると、よりものつくりを快適にしていくことが可能となります。その大きな役割を担っているのが、3Dプリンターです。プリンターをより多くの企業が導入することによって、より快適に製作を進めていくことが可能となるといえます。簡単に3Dプリンターというと、導入自体も簡単に考えてしまいがちですが、企業として使っていく設備という点を考えると、まだまだコストの面で心配な点は多く残っています。より多くの企業が使いやすくするためにも、コスト面での改善は必須となりますが、その点を考慮してリースという形態を選択する企業も増えてきています。
実際に3Dプリンターを提供している企業としても、リースを展開していることが多くなっているため、プリンターへの知識をまず高めるとともに、活用できる幅を想像して導入を検討することも重要なことです。特に最近は、CADの3Dが当たり前になっているように、製品づくりの場では急速に新しい機械の実用化が始まっています。また導入しやすいように改善もどんどん行われているため、うちはまだいいと決めつけるのではなく、まずは導入検討のために下調べや設備についての説明を聞いておくだけでも将来につながる第1歩となります。大切なのは、情報をつかみ損ねないことなので、つかみ損ねないようにアンテナを張り廻らせておきましょう。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com