カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3Dプリンターに使用される光造形の豆知識

光造形の3Dプリンターを導入することで得られるメリットについて


近年、モノづくりの現場を中心に使用されてきているのが3Dプリンターですが、実際に種類はたくさん存在しており、金属造形や光造形、粉末造形など色々な造形方法でプリントすることができます。製造業などではこれからさらに導入が増えると言われていますが、今回は実際に導入することで得られるメリットについて紹介していきます。
まず、3Dプリンターを導入することで開発の期間を短縮することが可能になる点です。例えば製造などの現場で新しい製品の開発をしようと思った場合、設計や試作が必要になりますが、これを全て作業員の手作業で行う場合にはそれなりに時間がかかってしまいます。早くても数週間から数か月は開発に期間が必要になりますが、3Dプリンターがあれば設計や試作の時間を大幅に短縮することができます。データを入力するだけで開発が可能になるので、時間をかけずに新製品の開発をすることができます。
続いてのメリットとしては製品の品質を向上することができる点です。例えば製品の製造を手作業で行う場合ですが、全て同じ品質で作れるとは限りません。どれだけ技術力の高い職人でも全て同じ形や大きさにすることは難しくなりますが、3Dプリンターならデータを読み込んでプリンターが製品を生産してくれるので、大きさが異なったりすることはありません。品質が良くなるので、例えば飛行機の部品として使うこともできますし、自動車の部品としても使用することが可能です。また、開発をする上でコストカットが実現できるのも3Dプリンターのメリットです。例えば開発作業を一つひとつ手作業で行う場合にはミスなく開発を完了させることは難しくなります。デザインのミスや設計のミスなどをする場合がありますが、3Dプリンターならデータが仕上がればその通りに作ることができるのでミスをすることがほとんどありません。ミスが少なくなれば部品や開発にかかる費用をカットできるので、予算もそれほどかけずに作ることができます。
その他にも業務の効率が良くなるのも魅力的な部分です。商品企画の早い段階から完成品に近いものを実際に手に取って確認することができますし、立体物をプレゼンテーションなどで実際に触って説明をすることができます。聞いてくれる相手にも納得してもらいやすく、多くの人たちに納得してもらえれば早い段階で商品化にし、製造することができます。作業が早いことによって効率よくなるので魅力的です。このように、得られるメリットはたくさん存在しています。特に製造の現場では力になってくれる可能性が高いので、導入を検討している企業もたくさん存在しています。

光造形が可能な3Dプリンターの選び方について


これから3Dプリンターの導入について検討している人たちは、どういった造形方法が可能な3Dプリンターを導入しようか迷うこともあるかもしれませんが、その中でも今回は光造形について検討している人たちのために3Dプリンターの選び方について紹介していきます。
実際に光造形が可能な3Dプリンターを販売している企業はたくさん存在していますが、モノづくりの現場などで必要になるのが機能の良さです。中には高い再現性で造形の速度が速い3Dプリンターも存在しています。例えば部品をたくさん製造する現場ではスピードがある3Dプリンターが必要になりますし、高品質な製品を作りたいなら高い再現性を持っている3Dプリンターを選んだ方が納得の生産をすることができます。機能面は重要になるのでできる限りこだわるようにしましょう。また、光造形が可能な3Dプリンターには大きさも様々となっており、中には小型化を実現できているものも存在しています。小型化なら製造現場以外のオフィス環境などでの使用も可能になります。使いやすくなるので大きさについても考えておくと良いでしょう。
このように、選び方は重要になるので、できるだけ購入する前にはどのような製品が現場に合っているのかということを調べながら検討していくと良いでしょう。

3Dプリンターの販売を行っている企業の選び方


世の中には3Dプリンターの技術が注目を集めており、3Dプリンターを作っている企業もたくさん存在しています。選ぶ際には企業によっても3Dプリンターの機能などが異なるので、販売している企業の選び方も重要になります。今回は選び方について紹介していきます。
まず、現場に合う部品の造形が可能かどうかです。例えば金属の部品なら金属造形が可能な販売店を選ばなくてはなりません。造形によって選び方も異なるので、それぞれの造形方法に合う3Dプリンターが販売されているところを選ぶようにしましょう。また、初期費用を抑えたいと思っている場合にはレンタルが可能なところを選ぶようにしましょう。販売店によっては販売のみならずレンタルを行っているところも存在しています。費用の負担を抑えたいと思っている場合にはレンタルが可能なところを選択すると良いでしょう。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。