カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3Dプリンターのメリットや金属造形の豆知識について



3Dプリンターを導入するメリットとは?



近年ではモノづくりの現場で3Dプリンターが注目を集めていますが、技術も進歩しており、粉末造形や金属造形などあらゆる3Dプリントが可能になっています。色々な分野で導入が検討されていますが、実際に企業などが導入することによってどのようなメリットが存在しているのでしょうか?今回は導入のメリットについて紹介をしていきます。

まず、一つ目のメリットは開発の期間を短縮させられることです。例えば製造業などで試作品を開発するのには長期間の日数が必要になることが多かったのですが、3Dプリンターを導入することによって機械がデータを読み込んで立体物を作り出してくれます。今では金属造形なども存在しているので、金属のような本格的な部品も作り出すことが可能となっています。作業を手動で行わなくてもいい為、開発期間を短縮できるのは魅力的な部分となっています。

二つ目のメリットは開発や製造コストを削減できることです。従来は開発や試作品の作成を手動で行っていたため開発にかかる期間が長くなっていましたが、3Dプリンターを導入することによって期間を短縮することができます。それによって人件費を削減することが可能です。また、データを読み込んで3Dプリンターが立体物を作り出すので、デザイン上のミスが基本的にはありません。その為、部品の仕入れも必要な分だけ済み、あらゆる開発コストを抑えることが可能となっています。

三つ目のメリットは業務の効率化です。試作品や新商品の開発をする場合には多くの人の理解が必要になりますが、プレゼンなどでパソコンのデータだけを見せて説明をしてもイメージが湧かず、説得力がありません。しかし、データから立体物を作成することができれば、実際に手に取って確認することができます。その為、プレゼンをしても理解を得られやすくなります。早めの商品化が可能になるので、製造が止まることもなく、効率よく作業を進めることが可能になります。また、作業効率が上がることによって売り上げアップにもつながるので魅力的となっています。このように、今回は三つ目のメリットについて紹介をしましたが、導入することによって特にモノづくりの現場ではメリットとなる部分が多くなっています。魅力的な部分が多い為、近年では多くの企業に採用されているものとなっています。



金属造形のメリットとは



3Dプリンターを導入する際には、色々な造形方法が存在しています。例えば粉末造形や金属造形などが存在していますが、その中でも注目を集めているのが金属造形になります。では、実際に導入することによってどのようなメリットが存在しているのでしょうか?今回はメリットについて紹介をしていきます。

まず、一つ目のメリットはスピードです。人的に作業をする場合には試作品などは早くても数週間はかかると言われています。それだけ大変な作業になりますが、金属造形は数日間のうちに試作品を完了させられると言われています。特に製造業ではスピードが大切となっていますが、通常よりも早く完成させられるのでメリットとなっています。

二つ目のメリットは手間がかからないことです。金属造形は金属の破片が飛んで清掃などが面倒だと感じる人もいるかもしれませんが、実はプリンターによっては金属粉末が装置外部には出ない仕様になっているものもあります。機内にある金属はリサイクルをして使用するので、清掃の手間も省けます。

三つ目のメリットは材料ハンドリングの自動化に対応している事です。手動の場合だと人手がいりますし、機械が動いている時に材料を入れるのは危険な行為となります。しかし、プリンターの機能によっては自動で対応してくれるものもあるので、安全性に優れています。このように、金属造形には様々なメリットが存在しています。正確に3Dプリントができることから飛行機を作る現場などにも採用されているほどなくてはならない存在となっています。



3Dプリンターを販売している企業の選び方について



金属造形に対応している3Dプリンターを導入しようと思った場合には販売会社で購入をするのが一般的となっていますが、実際に選ぶと言っても販売している企業は数多く存在しています。導入するなら納得のいく3Dプリンターを導入したいと思っている人が多いと思うので、今回は販売会社の選び方について紹介をしていきます。

まず、一つ目のポイントは技術的な対応力です。金属造形の運用についてのノウハウ、装置の構造に対する知見、不具合発生時のトラブルシューティングなど、運用実績豊富な販売会社を選択することをお勧めします。2つ目にはリースやレンタルなど幅広い販売形態に対応しているかどうかです。基本的に3Dプリンターを導入する際にはある程度の費用が必要になりますが、リースやレンタルなら初期費用を削減することが可能となっていますし、税制上も有利なので、リースの選択肢もある販売会社を選ぶようにしましょう。

三つ目は見積もりです。細かな導入費用を知るためにも見積もりは大切となりますので、色々な販売会社と比較するためにも見積もりはしっかりと行っておくようにしましょう。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。