カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3Dプリンターの登場によって新たな世界が開ける


金属加工に革命を起こした3Dプリンター



世界は日々進化しています。同じ時を過ごしていても、生活スタイルが違っていれば、そのまま変化に気が付かずに時が過ぎてしまうこともあるでしょう。例えば、日本の製造技術は素晴らしいものがあります。普段何気なく使っているような商品の中には、海外からは高い評価を得ているものもあります。日常生活で使用しないような、特殊な機器などについては開発が進んでいる事すら気が付かない方も大勢いるでしょう。そんななかなか注目されにくい、製造の分野において最近大きな進化を遂げたものがあります。それは、金属加工の分野です。

金属加工とは、その名の通り金属を加工する工程の事を指します。何を制作するにしても、金属加工は製造の要となります。今まで、新しい部品を製造する場合は最初に木型を作り、そこから砂型を製作するか、機械加工で金型を製作して製品を作っていました。型から反転しモノを製造するためそれだけバラツキの少ない、正確な鋳造品を製造する事ができます。しかし、一方でイニシャルとなる型を製作するためにそれぞれにコストと時間がかかる為不便な面もありました。その状況を変える事ができたのが3Dプリンターなのです。

3Dプリンターを利用する事で、様々な工程を省き直接部品や試作品を作る事ができるようになりました。その為、時間とコストの大きな削減につなげる事ができたのです。あくまでも作る事ができる物に制限などもあり、職人さん達の技術がすぐに必要無くなるわけではありません。

しかし、金属加工の業界から見るとこれは大きな進化であり、今後の開発に大変大きな役割を果たすと言えるでしょう。日々生活している中では、まったく気が付かないような変化も、日本全体を見れば素晴らしい結果を生み出している場合が多々あります。視野を広げ、多くの事に興味を抱く事でより実りある楽しい時間を過ごす事ができるでしょう。



既存の技術と新たな技術との融合



日本は、先進国の中でも特に技術が優れていると言われている国です。その為、日々様々な物が開発されています。資源の少ない私たちにとって、他国との関係を維持する為にも、これらの活動は大変貴重と言えるでしょう。

様々な分野で開発が行われる際に、必要となるのが試作品づくりです。いくら素晴らしい技術を持ってしても、いきなり完璧な物が作れるわけではありません。理論上はうまくいったとしても、実際は上手くいかない事も多々あります。その為、開発を行う方々は何度も試作品を作り、慣性系の形を探っていきます。試作品の場合、順を追って制作していくことになります。その為、それぞれにコストと時間がかかっていました。丁寧な仕事をするのは重要ですが、コストを抑える事も重要です。

そこで最近注目されているのが、3Dプリンターを使った金型製作です。この技術を利用する事によって、段階を踏む事無くすぐに部品を制作する事ができるようになりました。その為、時間の削減はもちろん、コストの面でも大変効果があると言われています。だからと言って、日本に昔からある技術が不必要になったわけではありません。ですから、この技術は昔からある切削加工の仕事や鋳造屋の仕事の邪魔になるようなものではありません。これはあくまでも3Dプリンターができる範囲での話です。試作品だからこそ利用できると言うこともあるでしょうし、正確さはありますが日本の技術にかなう程ではないと言われています。昔からある素晴らしい技術は残しつつも、新たな分野の技術を取り入れてより素晴らしい技術を磨いてほしいと思います。



これからの世界に無くてはならない物に



日本は資源の少ない国です。その為、その少ない資源をカバーする為にも、様々な技術を磨いて行く必要があります。その中で、日本の製造業は他国から見ても大変高い技術を誇っていると言われています。日本の製造業は街中にある、小さな中小企業が支えていると言っても過言ではあります。勿論、大企業だからこそできる開発もありますが熟練された技術はそうそう真似できる物ではありません。そうした技術のおかげで、私たちの生活は日々進化しより快適に過ごす事ができるようになっています。

新しい技術が開発される際、製造業の場合は試作品を必ず作ります。いくら素晴らしい技術があった所で、いきなり100パーセントの物を制作する事はできません。いくつかの施策を繰り返す事で、より精密な物を作り上げる事ができるのです。製造業の施策の場合は、いきなり金属を加工する事はできません。先にも述べたように、木型・砂型などを作りその後初めて金型を作った後に加工する事ができるのです。その為、一つの試作品を作る際にはコストも時間も必要となります。そんな製造業で最近注目されているのが、3Dプリンターを使用した金属加工です。

3Dプリンターとは、パソコン内にあるデータを3Dで再現する事ができる技術です。この技術を利用する事によって、試作品を簡単に作れるようになったのです。プリンターの力は素晴らしいものがあります。それによって、日本の加工技術は更に発展する事でしょう。しかし、一方でその技術が、今まで培われてきた職人の技術を超える物とは言えません。私たちの生活に無くてはならない物になりつつあるプリンターですが、既存の技術を合わせる事で、より素晴らしい力を発揮する事ができるでしょう。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。