カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3Dプリンターの豆知識や販売・レンタルしている業者について


方式別3Dプリンターの特徴について



3Dプリンターというと多くの方は立体物を作るための機械をイメージするのではないでしょうか。確かに、立体物を作るために役立つ機械ですが、3Dプリンターにはいくつか種類が存在してます。特に企業などで使用される大型の機械になると3種類ほどあるので、導入について考えている人は事前にどんな種類があるのか知っておいた方がいいでしょう。このサイトでは初めに3つの種類についてを具体的に説明します。

まず、1つ目は光造形と呼ばれているタイプです。光造形は3Dプリンターの中でも最も古くからある方式と言われており、実績もあり信頼性が高いと言われています。液体状の光硬化性樹脂を、紫外線レーザーで一層ずつ硬化させて積層していく方式で、高精細かつ表面の滑らかな造形物を作成することが可能です。光造形のメリットは何かというと、複雑な形状を一体成型できることが上げられます。光造形は3Dの中でも最も古くからある方式なので、研究も何度もされており、複雑な形状でも容易に整形することが可能です。製造業で最も普及しているタイプですが、高額なものが多く、コストがかかります。

続いて2つ目は粉末造形と呼ばれている造形方法ですが、粉末状の材料に高出力のレーザー光線をあて焼結させる造形方式です。これは耐久性があるため、性能評価試験などに使用することも可能と言われるほど信頼度があります。主に風洞試験やベンチテスト、各種試験に耐えうる実験モデルなどに使用するといいと言われています。造形方法としては熱可塑性のナイロン系、エラストマ系の粉末樹脂に炭酸ガスレーザーを照射することで粉末を焼結させる原理に基づいて立体物を作り上げる造形方法です。メリットとしては他の造形方法と比べても耐久性があることです。光造形などと比べても耐久性があり、複雑な形状のものも製作可能です。細かな立体物でも破損することがほとんどないので魅力的です。

最後に3つ目は金属造形と呼ばれる造形方式ですが、金属造形は複雑な形状の金属パーツでも短期間で作ることが可能な3Dプリンターです。金属での作成が可能なので、例えば少しのズレなども許されない航空機の部品や車の部品などにも使用されています。複雑な形状でも対応することが可能なので、様々な場面で活躍をしており、現在注目を集めている方式です。ここでは3つの種類について話しましたが、主に製造業や試作などを作成している企業で使われることが多いと言われています。活用している企業も増えているので、気になる方は一度導入について考えてみてはいかがでしょうか。



企業が導入するメリットについて考えよう



3Dプリンターは現在多くの企業から注目を集めており、その中でも特に製造業などでは導入について考えている人たちが多いと言われています。注目を集めていますが、実際に導入することでどんな利点があるのでしょうか。

まず、1つ目は開発のコスト削減に繋げられることです。企業にとってコスト削減は重要に思っているところが多いのではないでしょうか。コスト削減することで他の開発に費用を回すことができたりなどメリットは色々あります。開発をするにあたって、例えば立体物を作ることができない企業は下請けなどに立体物の作成を依頼しなければなりません。こういうことも3Dプリンターがあれば依頼する必要はなくなります。外注に頼むことがなくなるので、その分開発にかかる費用を抑えることができます。コスト削減をして新たな試みにチャレンジしやすい環境にするためにも、導入をしてコスト削減を目指しましょう。

また、2つ目は大切な情報が守られるという利点も考えられます。企業にとって新商品などの開発は極力他の企業に知られたくないと思うのではないでしょうか。下請けなどに依頼する場合はどうしても商品の情報を知られてしまう可能性も高くなります。しかし、3Dプリンターを導入すれば自社だけで製品の開発を行うことができるため、情報漏れを防ぐことができ魅力的です。



3Dプリンターの販売について



3Dプリンターを導入しようとしている企業は販売している業者に依頼する必要があります。しかし、販売している業者によって取り扱っている3Dプリンターが異なります。納得の機械を手に入れるためにも販売している業者を選ぶのは大切なので重要なポイントについてここでは話します。

まず、重要なのが3Dプリンターの取り扱いです。例えば光造形しか取り扱っていない場合や、品質があまりよくないものなどそれぞれ業者によって異なります。細かいニーズに応じた、できる限り納得のものを手に入れるためにも種類を豊富に取り扱っている販売業者を選びましょう。また、販売している企業の中にはリースを行っているところも存在しています。月々の費用を安く導入したいと思うならリースについても調べて検討されることをおすすめします。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com