カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3Dプリンターを導入するメリットや粉末造形について



モノづくりの分野で活躍する3Dプリンターを導入するメリットとは?



3Dプリンターは第3の産業革命とも呼ばれており、期待と注目が集まっているものとなっていますが、実際に製造業や開発の分野で活躍をしています。これから導入を検討している人もいるかと思いますが、実際に導入することによって得られるメリットとは何があるのでしょうか?今回は3Dプリンターのメリットを詳しく紹介していきます。

まず、一つ目のメリットは品質やデザインの向上です。例えば設計者やデザイナー、開発者が試作品を作る時に手動で行うとどれだけ技術が優れていても一発で高品質でデザインが良いものを作るのは難しくなっています。しかし、3Dプリンターを利用することによって、今では粉末造形や金属造形、光造形などあらゆる作り方に対応している3Dプリンターが多くなっているので、データがあれば高品質の製品を作り出すことが可能となります。造形方法も豊富になってきているので、昔は難しかったものでも今では簡単につくれるようになっています。

二つ目のメリットは開発コストを削減することが可能な点です。試作品などは外注をして作ってもらったり、長時間コストをかけて作る企業もありますが、3Dプリンターを導入することによって社内で手軽に作り出すことが可能となります。外注コストなどを削減することが可能なので、魅力的となっています。また、3Dプリンターの導入によって自社制作が可能になるので、外注に依頼していた時よりも新たな技術への挑戦もしやすくなります。手軽に開発できるのもメリットとなっています。

三つ目のメリットは開発の期間を短縮できることです。外注に依頼をする場合には少なくても数日から数週間の日数が必要となる場合が多くなっていましたが、3Dプリンターを導入することによって、データ通りに自動に作ってくれるので数時間で作業を完了させられる場合もあります。それによって商品などの開発を行っている場合には市場投入期間を大幅に短縮させられるので、メリットとなっています。市場投入期間を縮められれば売り上げも短縮された分アップすることができるので魅力的です。

四つ目のメリットはコミュニケーションが充実することです。例えば会議などで試作品のデータを言葉で伝えても伝わりにく場合がありますが、立体物を用意することができれば話を聞いてくれている人も理解がしやすくなります。コミュニケーションをしてお互いが理解するのは大切なので、こういった場面でも3Dプリンターは活躍します。



粉末造形のメリットとは



3Dプリンターには様々な造形方法が存在しており、中でも粉末造形は注目を集めているものとなっています。実際に粉末造形が可能な3Dプリンターも世の中に数多く存在しています。では、実際に粉末造形を導入することによってどのようなメリットが存在しているのでしょうか?今回はそのメリットについて紹介をしていきます。

まず、一つ目のメリットは耐熱性に優れている事です。基本的には120度前後と言われていますが、中には170度ほどでも問題が発生することはないと言われており、例えば耐熱試験などをしたいという場合には粉末造形で作成した立体物を利用するとより本格的な実験をすることが可能となっています。

二つ目のメリットは複雑な形状でも一体成型ができることです。実験などの分野で使用されることも多くなっていますが、実際にはモノづくりの現場で製品化に向けて商品を製造することも可能です。基本的には難しい形状でも対応できるので、魅力的です。

三つ目のメリットは製造のスピードが速いことです。例えばプラスチック製品やゴム製品などは一日ほどで完成すると言われています。スピードが速いのも魅力的です。このようにメリットが三つ程存在していますが、細かな製造も可能なため、現代では航空機・ロケット・医療など様々な分野で活躍をしています。



粉末造形などの3Dプリンターを導入するには?



モノづくりの現場などで3Dプリンターを導入しようと思った時には販売会社から購入をすることとなりますが、3Dプリンターといっても種類や機能は異なります。その為、選ぶ際には悩むこともあるかもしれませんが、選ぶからには納得のいく製品を選択したいと思っている人が多いのではないでしょうか?そこで今回は失敗しない3Dプリンターの選び方について紹介をしていきます。

まず、一つ目のポイントは造形の種類です。例えば粉末造形はもちろん、光造形や金属造形など企業によっては求めているものが異なります。導入する際には製造現場や開発環境に合う3Dプリンターが選べる販売会社を選ぶようにしましょう。

二つ目はリースが可能かどうかです。導入をする際にはある程度の費用が必要になりますが、リースなら毎月の支払いになるのでまとまった費用が必要になることはありません。導入はしたいけどそれほど費用はかけられないと思っている企業はリースに対応している販売会社を選ぶようにしましょう。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。