カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3Dプリントにおける粉末造形の導入で何ができるか


粉末造形で何ができるか


近年では3Dプリンターと言っても様々な造形方法があり、その中には粉末造形があります。導入する時にはそれぞれの特徴や何ができるかについて知っておくと選ぶときに迷うことはありません。その中でも粉末造形で何ができるかについて紹介します。
まず設備についてですが、基本的には小さなタイプではなく大型設備です。実際に粉末造形からでき上がるものとして、自動車や建機、航空関係など大物の部品も作られています。では具体的にまずは機能から説明しますが、大型サイズの強度のあるパーツを分解、接着などをしないで造形できるというのが特徴的です。また、システムの自動化などにより粉末パウダーなどはリサイクルが可能なのでその分低コストで部品をつくり上がることができるのは魅力的です。
それから、詳しくその特徴について紹介しますが、最大の特徴は複雑なパーツでも短時間で製作できることです。従来の3Dプリンターは複雑な形状だとある程度時間がかかるのがデメリットとして挙げられていましたが、粉末で造形する設備は短時間で製作が可能です。短時間で作り上げることができるので量産でき魅力的です。
また、粉末造形の場合は多品種少量生産の製造品としても使用可能です。実際に自動車内装品やファン、ダクトなどその他にも様々な製品を作り上げることができます。設備1台で様々な用途に対応することができるので魅力的です。ここでは何ができるかについて述べましたが、様々な用途に対応できる設備なので興味がある方や、機械で部品を製作したいと思うなら導入について考えるといいです。

オペレーティングリースの活用について


3Dプリンターは購入することも可能ですが、全ての企業が導入できるかと言うとそうではありません。設備的にも大きく高性能なので導入にはそれなりに費用が必要です。しかし、導入する際は購入以外にも方法があるということを頭に入れておくと導入しやすくなります。具体的にどんな方法かと言うとオペレーティングリースのサービスを活用することです。購入とは別に様々なメリットがあるので紹介します。
まず一つ目はコスト面です。購入して導入する場合には初期費用が必要になり、企業によっては高額と思うところもあります。しかし、オペレーティングリースを活用すれば導入するときに初期費用は基本的に必要ありません。オペレーティングリースは毎月決められた金額を支払っていく方法なので負担を軽減できます。導入はしたいけれど、まとまった費用を用意するのが難しい場合は、オペレーティングリースの活用について考えるといいです。
続いて二つ目は税金についても考えなくていいことです。基本的に設備の導入は固定資産税等の税金が発生します。これらは毎年支払わなければなりませんし、手続きなども毎年行うので面倒です。事務手続きなどで社員の負担を増やしてしまう可能性がありますが、オペレーティングリースの活用なら所有権はリース会社にあるので固定資産税など税金を支払う必要はありません。そのため、手続きの負担や手間などを省くことができるので魅力的です。
それから三つ目に保守サービスもしてくれるメリットがあります。粉末造形などの設備を導入することは可能ですが、意外と取り扱っている販売店やリース会社は少ないです。そのため保守サービスについて不安を抱えている方もいるでしょう。業者によって異なりますがオペレーティングリースを行っているところの中には、保守サービスにも対応してくれるところがあります。対応が可能なところなら、万が一の故障やトラブルでも対応してくれるので安心です。また、定期的なメンテナンスなどにも対応してくれるので、トラブルや故障を未然に防ぐことができ生産が止まるということもなくすことができます。オペレーティングリースは活用することでメリットは多いので、利用している企業は少なくありません。

3Dプリント製作会社について


これから粉末造形などの3Dプリントを導入したいと思っている場合は製作会社に依頼をすることになりますが、どこを選べばいいか迷う人もいるでしょう。ここでは選び方について紹介します。
まず販売実績や保守実績なども確認をします。製作会社には導入実績や保守実績が優れているところもありますが、そうではないところもあります。できる限り安心して依頼するためにも実績は優れている製作会社を選ぶといいです。
また、製作のサービスにも対応してくれるかもチェックしましょう。例えばオンラインで3Dプリントを製作できるなどのサービスを行っている業者もあり、導入とはいかないまでも、3Dプリントで製作してほしいものがある場合は、製作サービスが可能な業者を選ぶと安心です。
このように、どこに依頼をするといいのかについて紹介しましたが、迷った時には参考にしたいポイントです。これから導入を考えるならサービスや実績なども確認しながらどこを選ぶか決めておくといいです。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com