カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3Dプリントの導入についてや試作支援について


3Dプリントを導入しよう



近年、いろいろな技術が進化してきていますが、その中でも注目を集めているのが3Dプリントです。現在、第三の産業革命とも呼ばれているほど注目を集めている設備になりますが、実際に導入することによって、モノづくりの現場ではどのようなメリットが存在しているのでしょうか。これから導入をしたいと思っている方のために、まずはメリットについてを説明していきます。

では、1つ目にどのようなメリットがあるのかということですが、品質やデザインの向上に役立つということが挙げられます。例えば造形方法は多数存在しますが、金属の場合は従来の技術で造形するのには、デザインや品質を向上させるのは難しいと言われていました、しかし、現在では金属造形が簡単にできるようになっていますし、光造形や粉末造形も可能となっています。従来では難しかった技術を取り入れることができるので、今までにないデザインで完成させることができます。

続いて2つ目は、開発をする時にかかる費用を削減することができる点です。例えば、それぞれの企業によっても異なると思いますが、自社工場で対応しきれない部分は外注に依頼するという企業もあるのではないでしょうか。外注に依頼することによって外注コストが発生しますが、3Dプリントを導入することによって外注コストが発生することはありません。試作品も簡単に作成することができるので、多くのコストをかける必要がなくなります。導入する際には多額の費用がかかると思っている人もいるかと思いますが、将来的なことを考えると導入について考えた方が安く済む可能性があります。それらの可能性もふまえて判断していくといいでしょう。

続いて3つ目は、開発や製造の作業時間を短縮させることが可能な点です。例えば外注に依頼をすると数日から数週間など、何かと時間がかかることがあります。また、でき上がったとしても確認や修正を行ったりなど何かと時間がかかりますが、3Dプリントを導入することで外注に依頼する必要がなくなるので、完成までに時間がかかることもありませんし、修正等の連絡を取る必要もありません。試作品等を早く完成させることができれば、それだけ早く製造の作業を進めることができるので魅力的です。

その他にも4つ目は、機密性を高められるメリットが存在しています。3Dプリントを導入することによって、社外へ仕様書などを持ち出す必要がなくなります。外に出回ることがないので、情報の流出を防ぐことができるというのも魅力的な部分となっています。このように、メリットはいくつか存在しているので、魅力的に感じている人は導入について検討してみると作業しやすい環境を作ることができるでしょう。



3Dプリントをレンタルで導入するメリットについて



3Dプリントを販売している企業によって異なりますが、中には販売以外にもレンタルを行っている企業があります。購入ではなく、まずはレンタルでの導入を検討している人たちもたくさんいると思いますが、レンタルをすることでどのようなメリットがあるのかについてを紹介していきます。

まず、レンタルの場合は初期費用が抑えられるという利点が存在します。実際にモノづくりの現場に導入される3Dプリントは大きな設備となりますし、品質もいいのでそれなりに費用がかかるケースもあります。しかし、導入について検討している人たちの中にはできる限り初期費用を抑えたいと思っている人が多いと思いますが、レンタルという方法で導入すれば、月々決められた費用の支払いになるので、初期費用を大幅に抑えることができます。また、レンタルで導入することによってサポート体制が整っているのも魅力の一つです。基本的に販売業者には知識が豊富なエンジニアが常駐しているので、万が一故障した場合でもサポート体制を整えてくれているので安心です。このように、レンタルで導入するメリットは多数あるので、導入について検討している方は導入方法についても確認しておくといいでしょう。それぞれに合った導入方法を、検討してみましょう。



3Dプリントの試作支援について



3Dプリントでモノづくりをしたいと思っている場合には設備の導入を検討している人たちも多いと思いますが、販売している企業によっては試作支援を行っているところも存在しています。

例えば3Dプリンターの導入は予算的にできないと思っている企業は、そこに依頼することによって、高品質な製品の作成を行ってもらえるのです。例えば耐熱性のある部品の作成をしてほしいと思っている場合には、依頼をすることで作成が可能となるでしょう。また、3Dモデルの作成だけではなく、デザインやモデリングなどを行ってくれる企業もあります。例えばデザインやモデリングができないという場合には、依頼をすることによってデータの作成を行ってくれます。このように、企業によっては様々な試作支援を行ってくれるところがあるので、依頼したい内容をよく確認して検討するといいでしょう。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。