カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3dプリンターではどんなことができる?なんのために使える?


3dプリンターで試作品を作る


紙に対して印刷を行うように、立体物を作り上げることで注目を集めているものとして、3dプリンターがあります。ここ数年の間で特に高い技術力を獲得するようになり、この3dプリンターでどのようなことができるのか、ということは個人においても、事業においても注目を集める状況となっているのではないでしょうか。ここでは、特に事業において3dプリンターを利用することによってどのようなメリットを享受することができるのか、その使用方法としてどのようなものが考えられるのかについて紹介します。
3dプリンターによって作れるものによって得られるメリットとして、試作品の作成があります。例えば工業系の会社などにおいて、まずどのようなものを作ることになるのか、そのワークの試作品を作るというのは非常に重要な役割を担うことになります。この試作品を元にして、その後の完成品のためにどのような変化を加える必要があるのかについて確認をしていくことになるためです。試作品作成を請け負っているような会社も多く存在しているので、こういった業者を利用することによって、自社においてはコストがかかってしまうようなものについても、3dデータを使って比較的簡単に立体化することができるというのが大きな魅力です。
ここでポイントとなっているのは、ローコストで作成を行うことができるという点です。コストが低ければ多くのものを試作することができるようになり、改善点などを見つけるのも容易になるでしょう。より効果的な業務を展開することを考える上で、機能だけでなくコストに関しても考慮していく必要があります。

様々な場面で活躍する3d印刷


3dプリンターの活躍が期待されている分野が、医療分野です。臓器プリンティングとも呼ばれ、器官の代わりとして移植目的に使われることを目的として研究されています。ここでポイントとなっているのは、実際に臓器などを立体で製造することができるようになることで、細かい点についてまでしっかりと用いられることができるようになるということです。重要なのは、これらの医療で使用するための立体情報を取得するための方法が、すでに存在しているという点です。
よく医療現場において利用されるCTスキャンというのが代表的なもので、これはまさに体内の仕組みについて立体的にスキャニングを行い、3dデータとするというものです。この情報があれば、すぐにでも立体としてプリントアウトを行うことができ、より精密な診断のために使用できるようになっています。
また、これは診療において使用されているだけではなく、手術の練習などにおいても利用できるものとして注目を集めるようになっています。通常、手術の練習などは実際の人体を使用して行うことがありますが、臓器モデルや人体モデルなどを精密に印刷することができるようになれば、これらについてより気軽に練習を行うことができるようになり、医療レベルの向上のために役立つことが期待できるようになるでしょう。

利用できる素材が多い


実際に3dプリンターを使用するということを考える場合、重要になるポイントの1つとして、どのような素材を利用することができるのかということが挙げられます。現在ではさまざまな素材が使用でき、目的に合わせて選択ができるようになっています。
実際に使用できる素材に、ABSが挙げられます。これは樹脂の1つであり、汎用熱による可塑性樹脂とよばれる種類のものとなっています。耐久性が高く、疲労強度も高い上にコストもそれほど高くないというのが特徴の素材となっており、塗装なども行いやすいことなどから利用がされやすい素材となっています。また、このABSに近い形の素材として、ABSライクというものがあります。こちらはアクリル樹脂の一種となっており、耐久性については本家ABSに比べると低いもののコストが低く、試作品などの作成に適した性質を持っています。機能試験などを行いたい場合についても適した素材の1つとして利用されることが多くなっています。
さらに、UItemという素材があります。こちらは耐久性、耐熱性などと、さまざまな要素に優れているのが特徴のプラスチックの一種です。こちらについては試作品などの使用のためではなく、航空機などのパーツのためにも使用されることがあるほどの高精度な素材となっています。
この他にも、ゴムに近いような素材や、石膏なども加工可能な素材です。今後はさらに利用可能になる素材が多くなることが考えられており、より幅広いビジネスへの活用が期待できます。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com