カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3dプリンターに関する豆知識を知りたい方はこちらをチェック


近年話題に上ることの多い3dプリンターとその豆知識



最近になって、巷では、何かと言えば3dプリンターの話題がピックアップされるようになりました。そのような状況の中で、皆さんの中には3dプリンターという言葉を見たり、聞いたりしたことがあるという方も多くいらっしゃるでしょう。紙面に印字する通常のプリンターとは異なり、3dプリンターの場合、元になるデータから、樹脂などの溶解・加工によって立体的な造形物をつくり出すことができます。昨今では、一般的な消費者の間にも3dプリンターが普及し、従来は難易度が高く、なかなかできなかった個人のフィギュアづくりにも、3dプリントの技術が活用されるようになりました。

そのように、私たちにとって身近な存在として認識されてきた3dプリンターですが、関連する豆知識として「金属造形」という言葉の意味も理解しておくことをおすすめします。金属造形は「金属積層造形」を省略した呼び方で、基本的には、3dプリンターと同じように、特定の機械を用いることで、立体物の造形が可能となるものです。具体的には、金属の粉末を溶かして、固まらせるプロセスの中で、金属の積層により3dの物体をつくり出すことができます。

金属造形を行なうためには、金属を溶解させるための熱源を確保する必要があります。その熱源として利用されるものには、電子ビームやレーザーなどが存在します。金属造形は、部品の製造を行なうにあたって、金型を用意する必要がないという利点があります。



3dプリント技術の応用から登場した金属造形技術によってもたらされたメリットとは?



3dプリンターは、最近話題になることが多いキーワードですが、その豆知識として、金属造形についても知っておけば、知識・教養の幅がさらに広くなります。金属造形は、金型を必要としない部品製造技術として、現在注目されているものの1つと言って良いでしょう。

従来であれば、部品の製造にあたっては、金型や木型を元に砂型をつくり、それに基づいて鋳造を行なうというのが一般的な方法でした。その一方で、金属積層造形の技術を利用すれば、それらの型をつくらなくて済みます。また、従来はできなかった細かな部分の造形も、正確に行なうことができるようになりました。

金属造形では、元となるデータさえあれば、さまざまな形状の物体をつくり出すことが可能です。また、製造するロットの大小を問わないというのも、金属造形のアドバンテージと言えます。そのような意味合いから、金属造形は、少数の部品を生産したいというシーンにも適しています。また、素材となる金属にもさまざまな選択肢があるほか、出来上がった造形物の強度・耐久性も、比較的高いという話です。

金属造形技術の登場によって、従来は、一部の職人が持つ技術によってしかつくれなかったものも、簡単に造形することが可能になりました。今後は、そのような利点を活かして、さまざまな分野に金属造形の技術が有効活用されることとなるでしょう。



金属3d プリント技術の現状とそのメリットを活かした使用方法



昨今の大幅な技術革新によって、3dプリンターの技術は、金属3dプリンターの開発のために活かされることとなりました。金属3dプリンターは、3dプリンター関連の豆知識として知っておいていただきたいものの1つです。

現在のところ、金属造形は、新しく登場した技術であり、実用性に問題のある部分も多く存在します。そのような状況の中で、金属造形の技術を利用するにあたっては、部品の形状や材料、設備の特性などを考慮に入れつつ、それぞれの条件に見合った造形プランを検討することが必要となる状況にあります。

とは言うものの、現在では、金属造形分野における多数の技術開発によって、特殊性の高いパーツも、容易につくり出すことができるようになりました。また、金属3dプリンターを使用すれば、細かい部分の造形が可能となるばかりか、製品の軽量化、性能の向上にも役立つというメリットがあります。現在、どのような業界においても、部品の軽量化は課題となっています。そして、金属3dプリントをほどこす場合、製品を小型化することが可能となり、冷却効率が向上します。

また、3dプリント技術の応用によって、生産性を大幅に向上させることが可能となります。3dプリンターを使用する場合、完成した製品は一体ものであり、従来のように、複数の部品を接合したり、ネジやナットで留めたりする工程は必要ありません。そういった事情から、3dプリントの技術を導入すれば、従来、接合や組み立てのために使用されていた機械や人員などが不要となり、大幅なコストダウンを図ることが可能になります。そして、現在では、金属3dプリンターの素材として用いる金属も、多数開発されてきています。3dプリントの材料となる金属には、それぞれの特性があり、それらの性質に見合った分野の造形物をつくり出すことが可能です。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com