カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3dプリンターの使い方などを理解したいという方へ


3dプリンターの導入を検討している方におすすめの情報


かつて、次世代プリンターという鳴り物入りで世の中に登場した3dプリンターは、急速に開発が進められ、人々の注目を浴びたものですが、最近では、そのような風潮は下火になっています。3dプリンターは、一般的な消費者にとって身近な存在とは言えませんが、その技術は着実に進歩しており、私たちの日常的な生活シーンの意外なところで役立っています。
登場してから間もない頃には、高額な価格で販売されていたほか、使い方を身につけるためには高度なスキルが必要となったため、主として、CADによる設計業務を手掛ける一部の大手製造事業者など、企業でのみ導入されていました。その後、徐々に低価格化が進み、現在では、CADやCGのスキルが多少あれば使用することのできる、リーズナブルな価格帯の商品も登場し、個人でも気軽に購入することができるようになりました。
3dプリンターは、元となるデータさえあれば、あらゆる立体物を造形することができるというメリットがあります。従来のプリンターは、2次元の紙面上に印刷しますが、3dプリンターを使用すれば、3次元の造形物を作り出すことができます。初めてその様子を目にする人であれば、まるでSFの世界に引き込まれたような驚きを受けることでしょう。

機器の使用方法と導入事例、技術革新などについて


これから3dプリンターを導入するにあたっては、その使用方法をあらかじめ理解しておくことも大切です。3dプリンターの使い方として、まずは、CADソフトを使用して立体的な画像データを作成します。こちらのデータを元にして、立体物を造形しますが、基本的には、プラスチックに似た樹脂素材を、さまざまな方法によって基板上に積層させ、少しずつ成形することとなります。現在行なわれている主な造形方法としては、液状の樹脂に人工紫外線を照射しつつ硬化させる方法、熱によって溶解させた樹脂を積層させる方法、粉末状の樹脂をレーザーの照射によって硬化させる方法などが挙げられます。
一般的にはあまり知られていませんが、実は、3dプリントの技術は私たちの身近な生活シーンで役立っています。例えば、医療や建築、宇宙科学など、幅広い業界で導入され、ものづくりに携わる企業によって、製品の試作やレプリカ・パーツの製作などのために活用されています。3dプリンターを導入すれば、商品に関する説明を行なうに際して、従来のような平面ではなく、手に取って確認できる立体物を提供することができます。そのようにして、リアリティのある商品説明を行なうことが可能になれば、業績や経済効果の向上も期待されます。そして、従来と比較して、部品の製作にかかるエネルギーや時間、コストの負担が軽くなるため、作業の効率化も実現することができるでしょう。
3dプリントの技術は、日進月歩で研究開発が進められています。最近では、樹脂以外の素材に対応している機種も増えてきているほか、さまざまな造形技術を採用した機器も存在し、適性やニーズ、希望条件にマッチしたものを選ぶことが可能です。

導入するにあたってのチェックポイント


これから3dプリンターの導入を検討するのであれば、導入した後の使い方にも気を配ることが大切になります。3dプリントの技術は日に日に進歩しており、最近では、食用の素材を使用し、キャンディを製造するために活用するなど、その応用範囲が広がりを見せ、さまざまな業界から注目を浴びてきています。3dプリンターの場合、稼働スピードが遅いために、大量生産には適さないといった問題点もあります。とは言うものの、専門的なスキルを有さない個人レベルでも簡単に操作することのできるものや、リーズナブルな価格帯で販売提供されているコンパクトなものも増えてきています。そのような状況からすると、今後は、精細な器具や、ミニチュアを製造する分野など、さらに幅広いシーンで活用されることとなるでしょう。
最近では、3dプリンターの低価格化・高性能化が進んできていますが、それでも、購入をするために高額な資金が必要となることには変わりありません。また、機器の特性上、使用範囲がある程度狭い範囲に限定されることもあって、中小企業や、一般的な消費者に対しては、緩やかな速度で普及が進んでいるのも事実です。そのような状況の中では、コストの削減を目的として、安価な商品を導入するという選択肢もありますが、「安かろう悪かろう」という商品を選んでしまうと、それなりのリスクを背負い込むこととなります。
そうした問題を解決するためには、リースやレンタルのサービスを利用するのも良いでしょう。最近では、3dプリンターの導入にかかるコストを削減したいという企業からの声を受けて、リース・レンタルのサービスを提供する業者も増えてきているので、気になる方にはチェックしてみることをおすすめします。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com