カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3dプリンターの導入や特許について


3dプリンターを導入する時に考えたいこと


3dプリンターはこれからの未来の技術に必要不可欠と言われているプリンターです。特にモノづくりの現場では導入を検討している企業も多いのではないでしょうか、既に導入している企業も多くなっていますが、これから導入を検討している場合はプリンターの種類も多いので、どれを導入するかを重視して選びたいところです。ここでは導入する際に失敗しないためにも導入の時に考えたいこととは何かについて説明します。
まず1つ目に考えたいことは使いやすさです。3dプリンターの種類は近年ではどんどん増えており、それぞれ開発を行っているメーカーも異なります。それによって使い方もそれぞれ異なりますが、特に製造の現場では作業員が使用することができなければ意味がありません。スムーズに使えるシステムでなければ生産を早く行うことはできませんが、誰でも簡単に使うことができれば生産のスピードも上げることができます。機能よりもまずは使いやすさが重要なポイントとなるので、選ぶときはチェックしておくといいでしょう。
続いて2つ目は品質です。例えば職人が一つ一つの部品を手で作っている状態から3dプリンターへ変えたいと思っている場合、労働時間も少なくなるので便利ですが、職人よりも優れた品質や、安定性に優れていないと製品化することができません。例えば微細な形状が必要である部品を作る時には、微細な形状が得意な3dプリンターでなければ意味がありません。また、加工後の綺麗さなど高品質の立体物が出来上がるかどうかは重要なポイントです。それぞれタイプ別で異なる部分になるので、導入してから後悔しないためにも品質について事前にチェックしておくといいでしょう。
そして3つ目は生産能力についてもチェックしましょう。3dプリンターは機能面にもこだわらなければなりません。例えばどれだけ丁寧で高品質な立体物を完成させることができても、生産能力が良くないと製品化に間に合わないという問題が発生します。なるべく丁寧で速い造形スピードを維持することができるタイプを選ぶ必要があるので、しっかりと確認しておきたいポイントです。
このように、導入を考える時にはどのタイプの3dプリンターがいいのかをチェックしなければなりません。どのタイプをセレクトするのか迷う場合には十分に確認し内容を参考に選ぶといいでしょう。

3dプリンターの販売を行っている企業の選び方


3dプリンターを導入する際には販売サービスを行っている企業に依頼をして導入をしてもらわなければなりません。実際に販売を行っている企業も増えているので、失敗しないためにもどこの企業から購入するのかはこだわった方がいいでしょう。ここでは選ぶときに重要なこととは何かについて説明します。
まず1つ目は実績が優れているかが重要な部分です。今までにどのくらいの会社に3dプリンターの導入を行っているのかなどの実績は重要です。今までに全く導入経験のないところに依頼をするよりも安心感があるので、なるべく選ぶときには実績が優れているところでの導入を検討しましょう。
次に2つ目は造形方法が豊富かどうかも見ましょう。造形方法はそれぞれ機種によって異なりますが、販売している企業では光造形、金属造形、粉末造形など様々な造形方法を採用しているところがあります。導入したいと思っているところもそれぞれの部品で必要とする造形方法は異なってきます。なるべく選ぶときは製造方法に合う造形タイプを取り扱っている販売店を選択するといいでしょう。
そして3つ目は保守サービスがあるかもチェックしましょう。例えば万が一の故障や、定期点検など、保守サービスの有無は大切です。保守サービスがないと自分たちでトラブルを回避しなければならなくなるので、製造などに影響が出ないようにするためにも保守サービスの有無は確認してから導入を考えましょう。このように、販売している企業はそれぞれ行っているサービスも違うので、事前にホームページや工場見学などをして、ちゃんと見てからどこにするかを決定すると失敗することもありません。

3dプリンターの特許について


近年では次々と3dプリンターが登場していますが、新規で参入している企業もたくさんいます。実際に特許などがあれば新規参入する企業もいないはずですが、新規参入の背景には特許の期限切れがあると言われています。
ここ数年で光造形やレーザー焼結など主要な3dプリンターの製法の特許が立て続けに開放されたと言われています。これによって誰でも簡単に技術を利用することが可能になり、比較的安価な低価格なモデルから高品質な立体物を作り上げることができる製品まで幅広く存在するようになっています。多くの企業が参入することができるようになったので、さらなる技術の進化が期待されると言われています。特にこれからのモノづくりの現場には欠かすことができないものとなるでしょう。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com