カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3dプリンターの製作技術をお得に使っていく方法とは


3dプリンターの活用


日本の金属加工技術が非常に優れているのは、世界的にも有名な事実です。しかしながら、どんなに腕のいい職人であっても作り出すことが出来ないような加工品もあります。その問題点に対して、3dプリンターを使うと可能にすることが出来るということで、最近では3dプリンターを用いた製作技術が注目されるようになってきています。もちろん、プリンターを扱っていくにはそれなりのノウハウが必要ですので、すぐに操作できるようになる訳では有りませんが、一度その部品に関するプログラムが完成してしまえば、職人さんに依頼するよりも短時間で部品を作り上げることが可能になります。また、職人さんの匠の技による部品の場合には二度と同じものを作り上げることも不可能です。どれも同じ品質を持っていますが、その形状はどこかに差があるものです。
3dプリンターを購入したが、製品に用いる材質に何を使えばいいのか分からないという場合、先述した通り3dプリンターを操作する場合にもある程度の経験が必要になりますので、最初はノウハウを持った業者に依頼をして作ってもらうのが一番良い方法になります。全く経験のない方がプリンターを購入しても、使いこなせない場合が多くなってしまって、宝も持ち腐れになってしまうことがほとんどになります。
ある程度熟練した技術を持っている方と一緒に装置を使っていけば、だんだんと使い方も分かってきますので、そのタイミングで装置を買い入れれば確実に装置の性能を生かしていくことが可能になるでしょう。またそれと同様に、装置を使いこなせるノウハウを手に入れることが出来れば非常に応用範囲が広くなりますので、いろいろな場面で活用の機会が増えることになるでしょう。

受託会社の存在


世の中には、3dプリンターを用いた部品の製作の受託を行ってくれる会社が存在しています。単に部品のイメージを製作する会社もありますが、試作品を一度作ってみて、発注者のイメージ通りのものであるかを確認してから、実際の製作をスタートしてくれる会社もありますので、そのような業者だと非常に安心です。部品を作る際には材料の選択が非常に重要なファクターになってきます。最良の選択も含めてすべてを考慮に入れて試作してもらえますので、確実性の高い部品を提供してもらえるようになります。
希望者にはプログラムと装置の提供も行ってもらえますので、実際に自分で同じ製品を作り出すことが可能になります。また、装置を導入した後も装置の使い方が難しいような場合のアフターサービスにも対応してもらえますので、その点も心配なく導入することができます。外国製の製品を導入する場合は、導入後のアフターサービスの点が問題になることが多いのですが、実際にその装置を使って部品などの製作を行っている会社から装置を購入しておけば、一般的な商社とは異なり不安なく商品を使っていけるようになります。導入後の効果的なメンテナンスの方法や修理などにも迅速に対応してもらえるようになります。
また、3dプリンターは装置ごとに得意とする材料が異なっていますので、部品などの製作を依頼する場合には多くの装置を有している会社に依頼すると、多様なニーズに比較的簡単に対応してもらえるます。さらには、日本全国規模での対応を可能にしてくれている会社も多いので、委託会社のホームページなどを見て情報を得ることをおすすめします。

自分の予算規模に合わせて


自営業の方の中には3dプリントの技術を会社のサービスに導入していきたいと考えている方も多いことでしょう。しかしながら、比較的高価な装置を簡単に導入できない場合も考えられます。世の中にはかなり廉価な装置も流通していますが、当然のことながら、廉価な装置は高価な装置に比較して性能が落ちてしまいますので、実際に予算をやりくりして導入しても満足な性能を得られないことも多くなります。
導入する際には、ある程度の性能を持った装置を導入するべきです。場合によっては自分の予算規模に合わせて、受託生産を行ってくれるメーカーに仕事を依頼する方法も考えられます。もちろんビジネスですので受託生産をお願いしたとしても、自分の会社のビジネス戦略上の秘密が漏れるようなことはありません。
さらには、どうしても自社で製品の製造を行いたいという場合には、レンタルでの導入も考えられます。レンタルであれば、それほど高い費用の捻出は必要ありませんので現実的でしょう。また、新しい仕様の装置がリリースされた場合には、レンタル契約を新しい装置に変更することも可能となってきます。いつでも新しい装置を使って最新の技法でものづくりを行っていけるというメリットあります。レンタルを仲介してもらう企業を選択する際には、実際に装置を使ってものづくりを行っている業者にすることもおすすめです。単なるレンタルにとどまらず、細やかなメンテナンスやテクニカルの面でのアドバイスを受けることが可能になってきます。プログラムを作成する際のサポートを受けることも可能になることも多くなります。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com