カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3dプリンターの豆知識やレンタルをすることのメリット



3dプリンターを企業が導入するメリットについて


3dプリンターは、近年では特にモノづくりを行っている企業にはとても注目を集めているシステムです。これからの製造技術にも大きく影響を与えるものと言われており、必要不可欠なシステムです。では、実際に企業が導入するメリットとはどういったものがあるのでしょうか?
まず、一つ目のメリットとしては、開発をする期間を短縮することが可能になることです。製造の技術などに関しては、いかに開発期間を短縮して製品化をするのかということが非常に大切な問題となっています。そこには正確性も必要になり、トラブルが多く発生しているようでは製品化することができません。その為、人的に作業を進める場合にはある程度の時間が必要です。しかし、3dプリンターならデータ通りに機械が細かくプリントしてくれますので、データに問題がなければ不具合が発生するということもなく、正確に製造することが可能です。そうすることによって、開発の期間を短縮することができ、他との差をつけて製品化することが可能です。
二つ目のメリットは、開発や生産のコストを最大限にカットすることが可能だということです。時間を短縮することによって開発や生産にかかるコストもカットすることが可能です。時間が短縮できれば、残りの余った時間を他の事に使うことができるので、作業効率の向上も期待できます。それによってコストカットを実現することが可能です。最近ではどこの企業もコストカットをすることが重要となっており、いかに費用を抑えて作るのかということが重要な問題となっています。確かに初期費用は必要となりますが、長い目で見ることを考えれば、かなりのコストカットを実現することが可能です。特にコストが一番かかる部分は人件費です。開発には様々な研究者が必要となる場合もあり、それにかかる費用は高くなる可能性があります。それをカットするためにはやはり時間を短縮することが大切です。
このように、一部分の説明ですがメリットが数多く存在しています。これからの技術には欠かせないシステムです。

3dプリンターをレンタルすることのメリット


3dプリンターを企業が導入しようと思った場合、様々な方法が存在していますが、その中でも注目を集めているのがレンタルを利用して3dプリンターを導入するという方法です。最近ではレンタルのシステムを利用する企業も多くなっていますが、実際にメリットとは何でしょうか。
まず、一つ目のメリットは、コストを抑えて借りることが可能ということです。3dプリンターを導入しようと思った時、最新のシステムなので、初めの初期費用は準備しなくてはなりません。中には初期費用の準備が負担に思う方もいますが、こういった場合に便利となるのがレンタルです。初めの初期費用も購入することに比べたらかなり抑えることが可能なので、負担も減らすことが可能です。例えば安い料金で導入をしたいという場合にはとても便利な方法です。
二つ目のメリットは、レンタル料金を経費計上することができる点です。経費計上することによって会社の負担を少なくすることができるので、少ない負担で導入することが可能です。経費計上するために導入する際は監査法人などに相談して導入をすると後悔も少なく導入ができます。
三つ目は、レンタルを利用することによって使用期間の設定を行えます。例えば、長期的な使用を考えていない企業でレンタルを利用することにより、1年から5年の間で使用する期間を設定することが可能です。購入をしてしまうと少しの期間使用してその後は販売代理店にお返しすることができませんが、レンタルにおいては幅広い要望に応えてくれるのです。

3dプリンターをレンタルする際の業者の選び方


3dプリンターをレンタルするという場合、当然ではありますが業者によってはサービスやプランの内容も異なってきます。導入するからには性能の良い3dプリンターをレンタルしたいと思う方も多いので、今回は業者の選び方について紹介します。
まず、業者を選ぶ際のポイントとしては3dプリンターの種類も重要です。例えば、金属造形が可能だったり、光造形が可能だったりなど、様々な種類がありますが、企業にマッチした製品を見つけるためには豊富な種類があるところを選ぶのが重要です。
また、レンタルについてですが、業者によってはサービスが異なり、例えば、期間の設定なども異なってきます。中には5年間の間で自由に期間を設定することが可能な業者もありますので、レンタルのサービス内容もしっかりと確認しておくと良いでしょう。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。