カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3dプリンターの造形技術は何をもたらしたのか


3dプリンターのメリットはどうなっているのか


3dプリンターという造形技術というものはかなり進化を遂げており、今では珍しいものではないものとなっております。まだ、当たり前にあらゆる工場や企業で導入されている技術ではありませんが、大手の製造業は自社で用意してあることも多いものです。そこで、この3dプリンターを使った場合のメリットを整理していきましょう。
まずは、試作品が容易に作れるということです。金型を起こす必要があるものは試作品を作るのも容易ではなく、一品ものとして特注で発注することもしばしばありますが、特注での生産発注は割高になることが非常に多いのです。また、一品ものの場合は作ったことが無いということもあり、ノウハウがないので製作に思った以上の時間が必要になることもあります。しかし、3dプリンターならそこまで割高になることもありませんし、期間も業者側が込み合っていなければ即座に対応することだってできるでしょう。試作品を使った評価試験というのは、量産体制に入る前には絶対に必要なものなのですが、それが簡単に用意できるのは大きな利点となります。
また、量産化する場合の利点は金型が必要ないので初期コストが非常に低くなりコストがかなり削減できるということではないでしょうか。大量生産品の場合は金型をつくった方が安くなる可能性もありますが、そこまで大規模ではない生産品なら初期コストが低いのは大きなメリットとなります。また、設計を行う人間なら経験したことがあるでしょうが、金型を作ってから何らかのトラブルに見舞われたとしても、設計変更は簡単にはできません。非常にコストもかかりますし、対応に時間もかかり、場合によっては対応不可能ということで金型の作り直しが必要になることだってあります。このようなトラブルが起きた時も、3dプリンターなら設計図変更が容易にでき、すぐに反映できるのです。
 

デメリットはあるのか


このようにメリットが非常に大きい3dプリンター造形技術ですが、もちろんデメリットもあります。それはある程度の知識を持ち合わせていないと、この3dプリンターを使いこなすことができないということです。よくあるのが2Dデータで図面を描いている人がプリンターを使おうとするとデータ的に互換性が無いので対応不可能ということになり、作った図面を3Dの図面に書き起こしてもらう必要性が出るというものです。
図面を描いたことがある人なら分かると思いますが、3Dの図面は慣れている人なら簡単に作れます。慣れていない人は習得に非常に時間がかかり、中には「無理」と拒絶反応が出てしまうこともあるでしょう。図面を書くための知識というのは経験によって培われるものではありますが、3Dデータとして起こすためにはまた別の技術が必要になるので、その技術を習得しないと十二分にプリンターの機能を使いきれないのです。場合によっては、外部に2次元の図面を3次元に変更してもらう必要がある場合もあります。
また、3dプリンターは造形不良が発生したり動作トラブルが発生することももちろんあるのですが、あまりにも頻繁に続いた場合はメーカーサポートを依頼しないと対応することはできません。インターネット通販でも安易に購入できますが、そのようなものの場合はこのサポートといった面が不足することはよくあることなので、一回トラブルが起きたらもう使えないといった事態になりかねません。このように、メリットばかりではなくちょっとしたデメリットもあるので、利用する際には十分理解しておくことが重要になってきます。

いったいどのようなことができるのか


3dプリンターは1980年代に開発され、30年経った現代ではその技術は大いに発達し、様々なものが実体化されています。それでは3dプリンターを使った造形で、今の技術でどのようなことができるのかを紹介します。
何らかの製造部品といったものを作ることももちろん可能ですし、今では金属3dプリントもあるので使える素材も一気に増えてきました。まず、多くの方の頭に浮かぶものがレプリカやフィギュアといったものの作成です。個人用でも比較的安価で売られているものがあるので、自作用として持っている方もたくさんいらっしゃいます。作った後は自分の好きな色に色付けを行い、自分が満足する作品にして飾っている人も多いものです。この他にも、ギターや電車の模型も作ることができます。身近なところだと、スマートフォンカバーも作れるので初めて作るのがこういった馴染みやすいものという方もいるかもしれません。
また、医療の現場でも3dプリンターは役に立っているのです。例えば身体の動きをサポートする器具や義足に使用されたり、頭蓋骨などの人工骨に役立てられたり、聴覚のサポートする補聴器など、他にもたくさん医療現場で活躍しています。最近ではたんぱく質や臓器を印刷するという試みもされています。このように、3dプリンターはフィギュア等の趣味から命を救う医療の現場まで、幅広いジャンルで活用されているのです。今後も活用される現場は増えていくことでしょう。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com