カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3dプリンターの造形方法と活用実例を知る


3dプリンターによる造形方法


1980年代に入って次世代プリンターとして開発が急速に進み、話題にもなった3dプリンター、の名前を一度は耳にする事はあっても、目にする事はほとんどなくなりました。身近な電化製品とはとても言えないのですが、技術は確実に進んでいますし実は意外なところで活躍しています。出始めの頃は数千万円数百万円もする高級品である事に加えて制御するにも高度な技術がいるゆえに、主にCADで設計を行うを扱う一部の大手製造業事業所など企業向けに製造されるだけでした。
現在は少しずつ価格改善も進んだ結果、多少のCADやCGの知識を持っている人なら制御可能な安価なものも出回るようになりました。従来よりは個人でも手軽に購入できます。3dプリンターの魅力は良いに付け悪しにつけあらゆる機器の部品が作れてしまう事です。3dというくらいですから従来のように平面に描かれたデザイン画を別途平面紙にコピーやプリントする形ではなく、立体的な形になっていく様子を目の前で見ることができる点が画期的であり、まったくそういった知識のない人はSFドラマを目の前で実演されているような驚きを受けます。
はたしてどのような造形方法で魔法のようなプリントが可能になるのかというと、コンピューターでCADソフトを使って立体画像すなわち3dデータ画像をまず作成します。これが設計図になります。次にプラスチックのような樹脂素材を様々な方法で基盤の上に積み重ねながら徐々に形が作られていくというのが基本になりますが、液状樹脂に人工紫外線を放射しながら硬化させていく方法や熱で溶かされた樹脂を積層させていく方法、あるいは粉末樹脂をレーザーで固めながら造形していく方法などの3つが、現在行われている主要な造形方法です。あたかも断面が折り重なって生成されていくように形になっていく様子が大変興味深いものとなっています。

3dプリンターの具体的な実例


3dプリンターの技術は身近なところで活用されているのはあまり知られていません。最も身近な所では病院関係でインプラントレンブラントのドリルガイド部品や内臓などのカラー模型または車いすに使われるグローブなどがパラリンピックの競技用に造形されました。建築業では説明用の完成予定図のレプリカや建築資材の部品、宇宙科学の分野からは実験用の修理部品など多種多様な業界で、試作品やのレプリカや機器の部品など商品開発に必要となる貴重な脇役部品造形手段として3dプリンターが活躍しているのです。
従来はパソコンやアイフォーンを使って商品説明されているものが、実際に手にとれる形として立体化される事でよりリアルな商品説明ができるようになった事は、業績アップへも少なからず貢献している事になりますから、経済効果も小さくはないはずです。人手も省けるほかコストをかけずにすみます。3dプリンターの研究開発は日進月歩で樹脂以外の素材も使用できるタイプのものも増えてきていますし、造形方法も様々あって状況によって機種を選択できます。中には食べられる素材を使ったキャンディーの製造にも応用されるようになるなど、各業界からの目線はますます熱いものになっています。
性質上、量産工法に比べ低速であるため大量生産が難しいなどのデメリットもありますが、CADの専門知識や技術がなくても個人で比較的簡単に操作できるものや、数万円で購入できるようなコンパクトタイプのものも増えてきていますから、今後ますます活躍の場は拡大していく事が予想されます。特に高い技術を要するような精細な器具やミニチュア製造の分野での活躍が期待されます。

3dプリンターをレンタルしたい方に


3dプリンターの研究開発が日進月歩で進んだおかげで少しずつ価格が安定してきましたし高性能なものも増えてきているのですが、価格が高い事に変わりはありません。適応範囲も絞られてくる事もあり中小企業庶民への普及は緩やかなペースである事も事実です。安いものは安いだけの事がありリスクも伴います。様々な素材を使って食品も含めてあらゆる複雑な形であっても造形できてしまう便利さを考えると、やはり需要は今後ますます増えてくるはずです。すでに一般のプリンターがリースで普及していますから新たに購入する動きも今後ますます増えていく事でしょう。
少しでもコスト削減のためにレンタルしたいという企業も当然ながらあるでしょう。そうした企業の声にも応えるべくリースやレンタル業者も増えています。プリンターの3つの造形方法すなわち人工紫外線レーザーで硬化する光造形か粉末状の材料ものをレーザーで焼結させる強力接着剤で固着させる粉末造形か、あるいは金属造形かはそれぞれの状況で違ってくるでしょうが、いずれの場合も保守サービスが充実していて中途解約も可能なリースがおすすめです。リースなら一時期のみのレンタルで終わる事なく長期使用が可能な業者も多いですから、少しでもお得に造形の醍醐味を体験できるはずです。
実績のある業者なら安心感もありますし多種多様なケースにも対応してくれます。3dプリンターの研究開発は今後も進んでくるでしょうし、造形方法もインクジェット形式のものが新たに出回るなど進化が目覚ましい分野でもあるだけにひとまずリースで利用して様子を見るというのも良い方法です。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com