カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3dプリンターは画期的で今後の利用方法が大事



プリンターの歴史



いろいろな情報機器が世の中に出てきていますが、その中でプリンターは画期的な進化を遂げています。最初は紙に印刷をしてから見るために作られたものですが、熱転写方式のプリンターが出てきたのが始まりです。インクを熱で溶かしてから紙に転写する事がプリンターの始まりと言われています。その後感熱式プリンターが出てきました。それからインクジェットプリンターというものが出始め、家庭用のプリンターとして安価で購入できるので今現在も利用されています。企業でもインクジェットプリンターが使われていましたが、印刷速度が遅いので、企業向けにレーザープリンターが世に出てきて企業での事務処理には欠かせないものとなっています。レーザープリンターを利用することで企業がどれだけ助かったのかは言うまでもありません。当時は白黒のプリンターでしたがその後にカラープリンターが出てきて、家庭用のプリンターにもカラープリンターが採用されるようになりました。家庭用プリンターが数万円で高機能のプリンターを利用することができるようになり、企業が利用するプリンターでは高解像度で高速印刷ができるまでに発展してきました。

これまでプリンターは、2次元データを印刷する道具でしたが、近年3dデータをプリントできるものが登場しました。平面の印刷から立体的に3次元で印刷をする事ができ、プリンターの概念が変わってきます。文字や画像を印刷をするというよりは、ものを作るイメージが近いでしょう。今までのプリンターのイメージがまったく変わってきます。当初3dプリンターが世にでてきた時は相当な話題となり、その技術はどんなものに使えるかいろいろと検証されました。当初のプリンターの価格としては数百万円もしていましたが、最近の3dプリンターは家庭でも購入できるくらいにまで安くなってきており、4万円を切る3dプリンターも出てきました。3dプリンターであればなんでもプリントする事ができますので、その利用価値が高く、企業の製品の試作品を作ることもできます。そうすることで、試作品作りで今まで時間をかけていたことが短時間で作ることができます。そうなるとその時間の短縮でより生産までの期間が短くなりますし、試作品を作り直すのにも時間がかかりませんので、何回でも試作品を作ることができます。画期的なプリンターが出てきました。



3dプリンターは購入する、それともレンタル



3dプリンターは家庭でも購入出来るように安くなりましたが、企業で使うには格安プリンターでは役に立たないので、もっと高性能なプリンターとなるとそれなりの金額がします。いくら企業でもプリンターを購入するのにはちょっとためらうのではないでしょうか。購入する方がいいのかレンタルする方がいいのかどちらを選ぶかは、会社ごとで変わってきます。どちらにするかは後で考えるとして、購入するにしてもレンタルするにしても、どこから仕入れるかは今の3dプリンターでは重要です。

2dプリンターのように購入したらすぐに印刷をする事が出来るというような商品ではないということです。印刷をするというよりはものを作るという考え方の方が合っていて、使いこなすまでには相当な熟練された使い方を知らないとできません。3dCADとの連携で印刷をするようなものになります。印刷する前のデータを3次元で取り込んでからプリンターに送信しないといけないので、簡単に印刷できるわけではありません。

プリンター操作をする方法ではいくつかあり、編集用ソフトがついているようなものやカメラで写真を撮ってから既にできている立体系を印刷するものまであります。その中で3dデータをもとに試作品を作り出すこともできます。この使い方は、自動車関連や機械部品の製作などで大いに役にたちます。3dデータは製造業では重要なデータで設計図のようなものです。そんなデータから直接プリンターに印刷データとして送ることができますので、その場合は、平面図形から3d立体模型を作り上げることになります。それもデータに正確に作ってくれますので、出来上がりは製品そのものになります。



まだまだ高い3dプリンター



そんな製品を作り出すようなプリンターを使うことが出来るということです。出来上がった試作品を実際に使うところで当てはめてみてから使えるかどうかを検証することができます。今までであれば、3dデータを元に熟練された技術者が作り上げたものを試作品としていましたが、熟練の技術者がやることをプリンターがやってくれます。それも、いくつでも作ることができます。

そう考えると画期的なプリンターの登場です。

ただ安価になってきたといっても、企業で使う場合は、数万円の安いプリンターではそこまでの機能を持っていません。企業で試作品として作れるのはもっと高額のプリンターでなければ作れません。そう考えると高額のものを販売している業者で、企業で使える精度のプリンターとなるとまだまだ、高額なプリンターになります。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。