カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3dプリンターは買うよりレンタルの方が安い?


3dプリンターの需要


3dプリンターの需要がとても高くなっています。注目度と言い換えても良いでしょう。それもそのはず、どのような物も作れてしまうのです。それまでプリンターと言えば、二次元のものでした。紙に印刷するのがプリンターであって、まさか立体物を作り出すとは思ってもいませんでした。ですが、3dプリンターは立体になります。どのような物でもデータさえあれば作り出してくれますので、ビジネスが変わったとさえ言われている程です。3dプリンターは質の違いがあり、質の良い物は相対的にとても高いです。3dプリンターを職場にと検討しても予算を考えるとなかなか難しく、諦めざるを得ない。 そのような環境の人も多いようです。確かに、3dプリンターで何が出来るのか試したいだけの場合、明確な目的がある訳ではないので、そのためだけに高額な予算を割いて3dプリンターを入手するのは割に合わないと考える人がいても不思議ではありません。目的が明確であれば、予算と効果を比較し、購入しても良いだろうと思うかもしれません。しかし、興味本位の段階では、購入するのは勿体ないと思っても仕方ありません。そのような方にお勧めの方法がレンタルサービスです。3dプリンターの貸し出しまで行うレンタルサービスは初めて聞くかたも多いのではないでしょうか。 このサービスを利用すれば、「お試し」することが出来ます。実際に使ってみれば、会社に必要なものなのかが分かります。カタログを見ているだけでは必要か否かは分かりませんが、実際に使ってみるとどちらなのか判断しやすくなります。購入してから「やっぱり合わない」「思っていたのと違った」では、損をしてしまいますが、レンタルサービスであればそんなことにはなりません。

レンタルの利点


レンタルの利点は、購入するよりも安価に、実際に導入ができる点にあります。購入しなければ試せない物の場合、使った経験がある物であれば、必要であるかどうかの判断がつきやすいですが、どのような物なのか分からない場合や、試してみたい程度の場合、購入にはリスクが伴います。そこでレンタルサービスの登場です。この場合、貸してもらうだけです。 決められた期間内で様々なシーンで利用をしてみて、時期が来て不要と判断すれば返却できるのが大きなメリットです。購入するよりも安価ですので、実際にどのようなものなのか試してみたい人は、購入する前に試してみると良いでしょう。会社の中で3dプリンターがどれだけのニーズがあるのかは、実際使ってみないとわからない部分ではあり、予定していた導入方法や活用法が、実際使用してみると合わない可能性もあるでしょう。 ただ、それとは逆に3dプリンターを運用することで浮いたコストや、以前は出来なかったことが3dプリンターを通して可能になり、新しいビジネスチャンスを狙うことができ、導入コストよりも多額な売上を作ることもあるかもしれません。レンタルはすなわち「お試し」というものにも近いですが、テスト的に導入する上では、レンタルサービスは非常に有用です。購入してから必要性のあるものではなかったとなれば、無駄になってしまいますし、処理するにもコストが発生します。様々な企画を実現するためのコストとして計算できれば購入も良いですが、無駄な予算を防ぐために、一度利用してみるのはいかがでしょうか。
「こういった生産ラインに使ってみたい」「新しい企画を試したい」といった暫時的な計画にはレンタルは最適といえます。

自由に使える


レンタルであって、購入しなければならない制限はありません。1年から5年のリースで、要望にあったレンタルが可能です。使い続けたい場合は借りている期間を延長する事も出来ますし、購入する選択肢もあります。実際に使ってみて、会社環境に合っているなと思ったら、購入するのも手です。一度使用してみて、会社の生産や費用対効果に良い影響があって長く借りるのであれば、購入した方がお得になります。レンタルサービスの場合、長期にわたると借りている料金で購入出来るケースも出てきます。しかし、必要が無くなったときに処分の手間がかからないという利点もあります。特にOA機器関連の物は、処分にもそれなりに費用がかかります。かつてであれば、業者に引き取ってもらうだけで良かったものの、近年はリサイクルという観点から、どのようなOA機器であれ、かつてのようにゴミに出すだけではなく、業者に連絡をして引き取ってもらわなければならないのです。 購入した場合、その点も考慮しなければなりません。とは言え、このサービスであれば契約期間を設定して利用すれば必要な時期に利用することができますし、購入のリスクが無くなり、リサイクル費用もかかりません。便利に利用いただければと思います。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。