カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3dプリンターをレンタルで導入することで変わること


レンタルでも導入するメリット



3dプリンターの発明は、第3次産業革命であるとまで言われています。レンタルでも導入するだけで、多くのメリットを受けられるようになります。

まず、大きなメリットとして、開発期間の短縮ということが挙げられるでしょう。試作品を作り、機能やデザインを確認することになりますが、これには数週間から数ヶ月といった時間がかかることも往々にしてありました。外注にお願いしていたりすれば、その間の作業が止まってしまうこともあったでしょう。内製にすることにより、こうした期間を短縮することができます。短縮できるということは、それだけ競争力を得やすい環境をそろえることができるため、商機も逃がさずに済むことになるでしょう。

内製で生産できることによって、データを収集しやすくなります。図面上では気がつかないようなことも、試作品を作ることによって見えてくることは良くある話です。それを、金型を作ることや投資をしないで作り上げることができるため、開発費用や製造コストも削減することができるのです。こうした抑制効果は、プロジェクト全体に影響を及ぼすことになるでしょう。

製品に近いものを作り出すことができるため、先行してプレゼンを行ったりすることができるようになります。これまでであれば、製品ができ上がらなければ効果のなかったこともできるため、業務効率を改善することができ、時間というリスクを減らすことができるようになるでしょう。

レンタルでも3dプリンターがあれば、品質の向上を図れるようにもなります。試作を繰り返すこともできるようになりますし、その場で実際に組み上げることもできるでしょう。こうしたことも、内製だからこそできる機動性の高さです。製品を商品化につなげるために、効果のある機材となってくれることは間違いありません。



自分の欲しいものを作れる



3dプリンターは、かなり格安なものも登場し、手の届く範囲にはなってきました。それでも、業務ということを考えたりすれば、性能も必要となり、まだまだ高額な投資であることには変わりがありません。そこで、レンタルという選択肢も生まれてきます。

導入した場合、得られるメリットとして、自分の欲しいものや作りたいものが形になるということでしょう。レベルによっては、家庭でも作ることができるのですから、高い恩恵を得られるようになるでしょう。作れるようになるものは、何も限定されるわけではありません。ほとんどのものを作ることができるようになるのですから、3dプリンターの世界は果てしなく広いのだといえます。

たとえば、個人用のレベルであっても、家具や家電のパーツを作ることもできるようになるのです。それも、ひとつだけ欲しいといったレベルでも、すぐに作れるようになります。だいたいまとめ売りしているものになってしまうため、こうした利便性はかなりのものでしょう。当然、これを商機と考えることもでき、今まで絵を描いた思い出などを、3D化して立体造形として販売するなど、様々な方法が生まれても来ているのです。物を作るということに限界はなく、発想次第で様々なものに発展させることができる典型的な例であるといえるでしょう。

その一方で、誰でもできるというわけではなく、3dの知識も必要となります。材料も何でもできるわけではありませんので、機種の選定から考えていかなければいけません。時間もかかりますし、コストが増大するものもありますので、どんなものを作りたいのか考えて導入の選定をして行かなければいけないのです。



注目されるDDM



3dプリンターを導入することによって、DDMができるようになるといわれることがあります。これを知ると、レンタルでも導入するメリットは十分にあることが見えてくるのです。

DDMとは何かといえば、3dプリンターを使って最終製品を作ることを指しています。同等の材料を使えることが一番ですが、3DCADのデータで、直接最終製品を製作してしまうのです。かなり新しい試みで、アメリカやヨーロッパでは、急速に拡大している方法でもあります。

直接最終製品を作成するため、金型などの工程はいりません。もちろん、コストは大幅に削減されますし、その間に必要な開発期間もいらなくなるでしょう。3dプリンターの特徴でもありますが、1度に造形を進めることができます。軽量化も進められますし、中間材料を削減することもできるようになるため、ここでもコストを削減していくことができるのです。小ロットに対応しやすく、カスタマイズも簡単にできるようになるでしょう。大量の発注には向きませんが、在庫の問題もクリアすることができ、保管スペースもいりません。そして何よりも、データさえあれば、いつでも実現可能であるということです。この管理能力の高さは、他の方法で得ることができないメリットとなります。

カスタマイズが容易なことにより、顧客のもつ小さなニーズにも対応しやすくなります。これが顧客満足度を高めることにつなげるため、欧米ではDDMをどんどん進め始めているのです。これも機材があってのことです。まだまだ初期費用がかかるため、DDMのメリットを活かすためには、レンタルするということが、ベストな選択になってきているといえるでしょう。


3Dプリント業界25年以上のノウハウをもつSOLIZE Productsにおまかせ下さい。