カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3dプリンターオフィスを活用しよう


オフィスで活用できる小型の3dプリンターでできること


3dプリンターオフィスで活用したいと考えている方もいるかと思いますが、基本的には工場などで使用することが多いのでオフィスではあまり活用できないのではないかと思う方もいるでしょう。しかし、実際に3dプリンターオフィスに活用することで今までできなかったあらゆることが可能になります。実際にここではオフィスに導入することで何ができるのかについて具体的に説明します。
まず一つ目は感触を確認することができる点です。例えば今までアイデアを出すときなどは立体物を見て決めることはなく、資料や映像などで確認をすることがほとんどでした。しかし、3dプリンターオフィスに活用すればこれから開発を始める前に実際に立体物を見て改善点や付け加えたいことを話し合うことができます。実際に触れることで分かることもたくさんあるので、立体物を事前に作って感触を確かめられるというのは魅力的です。
続いて二つ目は操作性の確認ができることです。実際に立体物を見て考えることができるので、例えばこの作りならこのように動くなど操作性の確認も目で見て確認することができます。3dプリンターの中には中身まで確認ができるように透明な仕上がりにすることができるタイプもあるので、中身まで確認できるというのは魅力的です。実際に手に取って操作性の確認ができるというのも3dプリンターならではのメリットです。
次に三つ目は細部のイメージをプレゼンテーションなどでしっかりと伝えることが可能です。3dプリンターオフィスに活用することで実際に試作品などの作成をすることができます。これから新たに商品を開発したいという場合、プレゼンテーションなどをして具体的に商品を決めていくことになりますが、3dプリンターで立体物を作れば今まで資料などでは伝えられなかった細部の部分までプレゼンテーションできます。専門的知識がない方でも理解してもらうことができるので便利です。このように、オフィスに導入することで主に新たな商品を開発する時に役立ちます。操作方法などもそれほど難しくはない為、誰でも操作ができるのも魅力です。興味がある企業は導入について話し合ってみてはいかがでしょうか。

導入方法は様々


3dプリンターオフィスで活用する際には3dプリンターを導入しなければなりません。導入する際には様々な方法が存在していますが、基本的には導入の際に小型でもそれなりに導入費用が必要です。購入できる資金がないという企業や万が一のリスクを避けたいという企業はレンタルという方法も存在しています。実際にレンタルには様々な利点があるので、導入方法で迷っている人のためにも紹介します。
まず、魅力的なのが初期費用がそれほどかからないことです。3dプリンターを導入する時には初期費用で悩む企業は多いです。しかしこれは購入する場合となり、レンタルをする時には初期費用が発生することはありません。設備の本体価格はまとめて支払う必要もなく、基本的には月額で料金を支払うという方法になるので初期費用を抑えながら設備の導入ができます。とにかく費用を抑えたい人はレンタルという選択肢もあります。続いて二つ目は新しい3dプリンターに替えやすいというメリットもあります。購入をしてしまうと自分たちの企業に所有権があるので処分まで責任をもって行わなければなりません。新しい3dプリンターを導入したいと思ってもすぐには導入することが難しいですが、レンタルならコスト面から見てもそれほど負担にはならずすぐに新しいモデルに替えることができます。まずは色々な3dプリンターを使ってから購入をしたいという人もレンタルという方法を使うと納得の3dプリンターを見つけることができるでしょう。
このように、導入方法の中でもレンタルなら魅力的な部分は多いので、特にコスト面で悩んでいる方は一度レンタルという方法で導入を検討してみてはいかがでしょうか。

3dデータの作成について


これから3dプリンターオフィスに導入しようと考えている企業も多いかと思いますが、3dプリントを行う際には3dデータの作成が必要です。知識がある人やデータの作成ができるという場合には問題ありませんが、中にはどのように作ったらいいかわからない企業も存在するでしょう。こういった場合は3dデータ作成サービスを行っている業者に依頼をするといいでしょう。具体的にはデザインの作成を行ってくれます。専門業者なら目的や用途に応じて最適なデータをデザインしてくれます。
また、専門業者に依頼をすればモデリングも行ってくれます。モデリングを行い、データを送信することで実際に3dプリンターを行うことができますが、モデリングを業者に依頼すればあとは印刷されるのを待つだけです。手間がかからないので魅力的です。導入にあたって3dデータの作成がよくわからないという人は専門業者に依頼を検討するといいでしょう。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com