カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3dプリントにあたって知っておきたいデータ作成の方法など


3dプリントのためのチェックポイントと、データの用意について



購入する3dプリンターを選ぶにあたっては、どういう用途で、どのようなものを作製したいのかを明確にイメージすることが大切です。また、素材を購入するために、どの程度のコストがかかるのかもチェックポイントとなります。せっかく購入した3dプリンターも、ランニングコストが高過ぎるからといって使わなくなってしまったのでは、宝の持ち腐れになってしまいます。

次に、3dプリンターで造形物を仕上げるためには、3dデータを用意することが必要不可欠な条件となります。こちらのデータは、3dCADソフト、3dCGソフトを使用して、自分でモデリングすることも可能です。その内、3dCADソフトは、元来機械の設計に使用されるもので、スマートフォンケースや、玩具パーツの複製に適しています。また、3dCGソフトは、CGアニメーションや映画のコンピューターグラフィックスで使用されるソフトで、フィギュアなどの造形におすすめです。それらのソフトウェアは、購入のほかに、ダウンロードによる入手も可能となります。ソフトの価格帯は、0円から数万円まで幅広いものとなっていますが、趣味の範囲内であれば、無償ソフトで十分事足りるものと思われます。ただし、それらのソフトを使って、3dデータ作成をするのには、それなりのスキルが必要となるので、その点は注意する必要があります。

そのようなスキルがないという場合には、簡単な操作で、オリジナルの3dデータ作成をすることのできるWebアプリがあるので、気になる方はチェックしてみて下さい。それらのアプリは、どんどん増えてきているので、初心者でも安心して利用することができます。



スキャン・ダウンロードによって3dデータを用意する方法



次に、3dスキャナーを使用して、実在する物体のスキャンを行い、3dデータへと変換する方法もあります。こちらの方法なら、初めからモデリングを行なう必要はありませんが、現実に存在するもの以外の3dデータは作成することができないという問題点があります。この方法は、現存する物体を材質の異なるものに複製したい場合、現物しか残っていないものの3dデータを作成し保存しておきたい場合におすすめです。ただし、3dプリントをするための機器の他に、3dスキャナー、3dデータ修正ソフトも用意することが必要なので、それなりに初期費用がかさむという問題があります。

そして、3dデータを用意する手段として、最も難易度が低くて人気が高いのは、3dデータをダウンロードする方法でしょう。インターネット上でキーワードを入力して検索をかければ、データのダウンロードが可能な無料サイト、有料サイトがいろいろとヒットします。この方法は、自分でデータ作成をする必要がなく、そのための負担をしなくて済むので、専門的な知識や技術がない初心者でも、簡単にデータを手に入れることができるというメリットがあります。

また、この方法で入手したデータは、すでにSTL形式に変換済みなので、自分で変換作業を行なう必要もありません。その一方で、ダウンロードするデータはすでにでき上がったものであるため、自分の適性やニーズ、希望条件に合ったものが見つかるかどうか分からないという問題はあるでしょう。そのようなリスクを減らすためには、ダウンロードしたデータを元にして、3dCADや3dCGソフトを使用して一部データのカスタマイズを行なうという選択肢もあります。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com