カスタム検索
表示順:
Relevance
Relevance
Date
ウェブ
 
 
 

3dプリントの料金、気になる事をしっかり理解しよう


3dプリントの料金は?様々な利点とは



写真や文書などをコピーする、ということはすでに当たり前のように利用されています。一般の家庭でもインクジェットプリンターでコピー、スキャン、プリントなどを行っていますし、企業では複数台のプリンターを利用している所も多く、プリンターというのは現代の世の中になくてはならないものとなっています。

通常、私達が利用しているものは平面のプリントであり、未来を想像した映画などで登場するような、立体物をコピーしたり、スキャンして実際にものとして仕上げたりするものは、夢のまた夢の世界と考えられていました。しかしすでに世の中では3dプリントが誕生し、立体コピーが現実的に利用され始めています。コンピューター上で作られた設計図を元にして、三次元の立体物を作り出すという、これまで考えられなかったことが現在様々な用途で利用され始めています。またこのことによって今までかなり費用を要した金型造りや、非常に大きな規模の機械がなければ作り上げることのできなかったものを制作することが、3Dプリントという作業で容易にできるようになっており、本当に素晴らしい技術だと讃えられています。

3dプリントの機械そのものは高額ですが、ものづくりをする企業としては最初にこの設備投資を行うことで、下請けに外注していた部分を自社で作成することができ、将来的に考えてみるとコストダウンにつながるということが分かっており、実際に導入している企業も非常に多くなっています。3Dプリントしたいものの設計図さえあれば、どんなものでも取り込み作り上げてしまうという点において、悪用されると恐ろしいという感は否めませんが、ものづくり業界にしてみれば非常に注目すべき利点が多い3dプリントです。こうした素晴らしいプリンターを製造、販売、レンタルなど提供する企業も誕生していますので、様々なことに活用ができそうです。

3dプリントを利用する場合、どの程度の料金が必要なのか、またこうしたサービスを提供する企業ではどのようなことができるのかを調べて知っておきましょう。最初に情報をしっかりと集めておくことで役に立つ知識として活かせます。



部品作りもお手の物、料金も少なくコスト削減



技術の進歩というのは目覚ましいもので、3dプリントについても現在、ただプリントするだけなら有能な機械があれば簡単にできるといわれています。しかし、企業、業者が自社の業務に必要な部品や金型などを作るということになると、特化した技術が必要となります。3dのプリントに携わるある企業では、顧客の要望にしっかりと応えるために、金属造形機などを利用し、部品形状や材料などが異なる部品などを提供することができます。

これまでの制作とは違い、3dによって実現する部品は、例えば冷却効率をよくするなどの部品性能を高くするための設計を施すこともできます。試作品を何度も作ることが必要であっても、設計図をコンピューターが詳細に確認し作り上げるため、質も性能も高い部品を作り提供することができるのです。

組み立てや造形などの必要がないため、生産性という面でも効率よく部品を作ることができます。設計変更についても、これまでは各部門がその設計変更をよく理解し、その上で作り直すなどの手間がかかりましたが、この方法なら設計が変更されたという場合でも簡単に変更ができ、人件費などのコスト削減につながります。

部品の質は商品にとって大切ですし、よりよい部品を作ることが性能を向上させることになります。また、コスト削減も可能です。そのために従来では時間も労力もかなりかけていることが多くなっていましたが、3dのプリントが登場したことでより費用対生産性の向上が見られるようになっています。長い時間をかけて作っていた性能の高い新しい部品を簡単に作ることができ、人件費などを膨大に割かなくても利用できるようになったのです。



不安のないアフターフォローやメンテナンスが重要



ものづくりなどを行う企業では、生産性の向上、コスト削減、さらに部品や商品の品質を向上させることが将来を担う商品づくりには必要不可欠です。そのために、各企業では必要な新しい機械などを導入し、組み立てなど複雑な生産ラインを敷いて業務を行ってきました。

しかしここに3dプリントが誕生したこと、またこのプリントの機械について、金属の3dプリントや、粉末造形機、光造形機、インクジェット式等、様々な先進的なプリンターが利用できるようになったことで、ものづくりは飛躍的に進化しています。実際にプリンターを利用したいけれど、費用のかかることなので躊躇しているという企業も多いのですが、3dのプリンターを販売、またレンタルしている業者の中には、見学の時間を設けたり、受託サービスなどを利用できる場合もあります。

また気になるのが料金ですが、こうした設備投資の料金について経費で処理できるのか、と不安をお持ちの業者も少なくありません。レンタルサービスなどの場合、全額経費処理を行うことができるので、その点についても安心です。

そしてこうした先進的なプリンターを導入される場合には、メンテナンスやアフターフォローなどがしっかりした業者を選択すべきです。精密機器となりますので専門エンジニアが必要となりますし、トラブルが発生した場合、即時対応できる企業を選択しましょう。アフターフォローやメンテナンスがしっかりしている業者を利用すれば、問題が起きた時でも即時解決できるので、部品生産についても安心です。まだまだ新しい技術なので業者選びは慎重にいくべきです。


3Dプリントに関するお問合せ・工場見学のお申し込みはこちら
TEL:046-408-0131(営業部)/ MAIL:info.sp@solize-group.com